Loading...

メシアの生涯(31)—ナザレでの拒否—

  • 2012.10.08
  • ルカ4章:16〜30
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

ナザレで起きたことの象徴的意味を学びます。

関連テーマ

テーマを全て見る

「ナザレでの拒否」 

§039 ルカ4:16~30

1.はじめに

(1)ガリラヤ伝道が始まっている。

①約1年半続く。

②前回は、カナにおいて「第2のしるし」が行われた。

③実際は、カペナウムで起こった奇跡である。

④イエスが、時間と空間を超えて奇跡を行う方であることが示された。

⑤「しるし」とは、イエスのメシア性を示すものである。

    (2)その後、イエスは故郷のナザレに行かれた。

      ①この箇所は、ナザレにおける第1回目の拒否である。

      ②マコ6:1~6には、第2回目の拒否が出て来る。

      ③この二つは、別の記事である。

    (3)A.T.ロバートソンの調和表

ナザレでの最初の拒否(§39)

    (4)優れたメッセージを聴きたいという願望

      ①ビリー・グラハム、②ジョン・ストット、③イエスのメッセージを聴く特権

  2.アウトライン

    (1)会堂での礼拝の様子(16~19節)

    (2)イエスのメッセージ(20~27節)

    (3)ナザレの人々の応答(28~30節)

  3.メッセージのゴール

    (1)ナザレの象徴的意味

    (2)イエスの奉仕のパラダイム(枠組み)

このメッセージは、ナザレで起きたことの象徴的意味を学ぼうとするものである。

Ⅰ.会堂での礼拝の様子(16~19節)

  1.会堂に入るイエス

  「それから、イエスはご自分の育ったナザレに行き、いつものとおり安息日に会堂に入り、

朗読しようとして立たれた」
(16節)

    (1)ルカは、ナザレがイエスの育った村だという情報を伝えている。

      ①ルカ2:51では、12歳のイエスがナザレに帰り、両親に仕えたと記されている。

    (2)イエスには、安息日に会堂に行く習慣があった。

      ①会堂は、神殿ではない。

②バビロン捕囚以降、ディアスポラの地だけでなく、約束の地にも広がった。

③信仰を大切にしている善良なユダヤ人なら、安息日には会堂に行った。

    (3)「朗読しようとして立たれた」

      ①自分勝手に、そうしているのではない。

    (4)当時の習慣

      ①トーラーの朗読

        *その週の朗読箇所が決まっている(数章を部分に分け、月、木、土に朗読)。

        *1年のサイクルが終わると、シムハット・トーラーという祝いをする。

        *仮庵の祭りの最終日がそれに当たる。

        *2012年の今年は、10月7日の夜から始まる。

        *紀元1世紀の頃は、3年サイクルで朗読していた。

      ②預言書の朗読

        *その日のトーラーの箇所と関連した箇所

        *ハフタラーという(結論という意味)。

      ③朗読の後、奨励のメッセージが語られる。

        *朗読する時は、立って朗読した。

        *奨励のメッセージの時は、座った。

      ④朗読も、奨励のメッセージも、会堂管理者の判断で行われた。

      使13:14~15(パウロとバルナバの例)

      「しかし彼らは、ペルガから進んでピシデヤのアンテオケに行き、安息日に会堂

に入って席に着いた。律法と預言者の朗読があって後、会堂の管理者たちが、彼

らのところに人をやってこう言わせた。『兄弟たち。あなたがたのうちどなたか、

この人たちのために奨励のことばがあったら、どうぞお話しください』」

    
(5)会堂管理者がイエスを前に招いた。

      ①イエスは、ガリラヤ一体で有名になっていた。

      ②また、尊敬されていた(ルカ4:14~15)。

   
   ③人々の間に期待感があった。

  2.朗読するイエス

  「すると、預言者イザヤの書が手渡されたので、その書を開いて、こう書いてある所を見

つけられた」
(17節)

    (1)イエスは立って、朗読した。

①これは、ハフタラー(預言書)である。

②イザヤ書である。

③この書は、巻物である。死海写本では、ひとつの巻物になっている。

    (2)イエスは、その安息日に朗読が予定されていた箇所を読んだのか。

      ①もしそうなら、ここには摂理的な導きがある。

      ②恐らく、そうではないだろう。

      ③イエスは、自らイザヤ書中の特定の箇所を探し、そこを読まれたのだろう。

3.朗読された箇所

「わたしの上に主の御霊がおられる。主が、貧しい人々に福音を伝えるようにと、わたし

に油をそそがれたのだから。主はわたしを遣わされた。捕らわれ人には赦免を、盲人には

目の開かれることを告げるために。しいたげられている人々を自由にし、主の恵みの年を

告げ知らせるために」
(18~19節)

  (1)イザ61:1~2の引用

  「神である主の霊が、わたしの上にある。【主】はわたしに油をそそぎ、貧しい者に良

い知らせを伝え、心の傷ついた者をいやすために、わたしを遣わされた。捕らわれ人

には解放を、囚人には釈放を告げ、【主】の恵みの年と、われわれの神の復讐の日を告

げ、すべての悲しむ者を慰め、」

  ①イザ61:1~3は、メシア預言と考えられていた。

  (2)2つの変則的事項が起こっている。

    ①当時は、最低3節を朗読したが、イエスは途中で止めている。

  ②2節の後半「われわれの神の復讐の日を告げ、」も読まなかった。

    *これは再臨の時に成就する預言である。

    *ローマの圧政に苦しむナザレの人たちには、不満が残る。

Ⅱ.イエスのメッセージ(20~27節)

  1.朗読から勧めのメッセージへの移行

  「イエスは書を巻き、係りの者に渡してすわられた。会堂にいるみなの目がイエスに注が

れた」
(20節)

  
(1)メッセージの時は、座るのが当時の習慣である。

    ①そのまま自分の席に帰らなかったのは、メッセージが始まることのしるし。

  (2)出席者は、イエスに注目した。

    ①ルカ22:56では、女中がペテロを見た目。「まじまじと見て」

    ②2コリ3:7では、山から下りてきたモーセの顔を見る目。「見つめる」

    ③イエスの内に、単に優れた説教者以上の何かがあったのだろう。

2.最初のことば

「イエスは人々にこう言って話し始められた。『きょう、聖書のこのみことばが、あなた

がたが聞いたとおり実現しました』」
(21節)

  (1)イエスは、最初のことばの重要性を知っていた。

    ①ここは、講解メッセージにおいて、最初に適用を語るようなものである。

  (2)訳文の比較

  「きょう、聖書のこのみことばが、あなたがたが聞いたとおり実現しました」(新改訳)

  「この聖書の言葉は、今日、あなたがたが耳にしたとき、実現した」(新共同訳)

  「この聖句は、あなたがたが耳にしたこの日に成就した」(口語訳)

  
「この聖書今日なんぢらの耳に成就したり」(文語訳)

  (3)イエスのメシア宣言

    ①ユダヤ人たちが長年待ち望んできたメシア

    ②イザヤが預言していたメシア

    ③そのメシアが、今ナザレの会堂に立ち、旧知の人々の前で語っている。

    ④強調は、「きょう」という言葉にある。

    ⑤今、待ち望んでいた「終末の時代」が到来した。

3.聴衆の反応

「みなイエスをほめ、その口から出て来る恵みのことばに驚いた。そしてまた、『この人

は、ヨセフの子ではないか』と彼らは言った」
(22節)

  (1)積極的反応

    ①イエスは、噂通り、あるいは、それ以上のお方である。

    ②恵みのことばは、予想をはるかに超えるものである。

  (2)消極的反応

    ①「この人は、ヨセフの子ではないか」

    
②「いったいどうなってんだ。 ただのヨセフのせがれじゃないか」(リビングバ

イブル)

③「あいつは、ヨセフの小僧じゃねえのか」(私訳)

④これは、「Yes」という答えを求める質問の形である。

  4.イエスの応答

「イエスは言われた。『きっとあなたがたは、『医者よ。自分を直せ』というたとえを引い

て、カペナウムで行われたと聞いていることを、あなたの郷里のここでもしてくれ、と言

うでしょう』。また、こう言われた。『まことに、あなたがたに告げます。預言者はだれで

も、自分の郷里では歓迎されません』」
(23~24節)

  (1)「医者よ。自分を直せ」というたとえの意味

    ①名医であることを証明するために、先ず自分の病を癒してみろ。

    ②ここには、皮肉が込められている。

    ③日本の格言

*「紺屋(こうや)の白袴」

*「医者の不養生」

    (2)ナザレの人々の期待

      ①メシア性を主張するなら、カペナウムで行われたのと同様の奇跡を行え。

      ②自分の郷里で先ず奇跡を行うべきではないか。そうしたら信じてやる。

  (3)「預言者はだれでも、自分の郷里では歓迎されません」

    
①イエスは、ナザレ以外の場所では大いに尊敬された。

    ②ナザレの人々の問題は、プライドである。

    (例話)その教会の信徒であった人が、牧師として立つのは容易ではない。

5.旧約聖書の例

「わたしが言うのは真実のことです。エリヤの時代に、三年六か月の間天が閉じて、全国

に大ききんが起こったとき、イスラエルにもやもめは多くいたが、エリヤはだれのところ

にも遣わされず、シドンのサレプタにいたやもめ女にだけ遣わされたのです。また、預言

者エリシャのときに、イスラエルには、ツァラアトに冒された人がたくさんいたが、その

うちのだれもきよめられないで、シリヤ人ナアマンだけがきよめられました」
(25~27節)

    
(1)エリヤの例

      ①1列17~18章

      ②「シドンのサレプタにいたやもめ女」とは、異邦人の女である。

    (2)エリシャの例

      ①2列5章

      ②「ツァラアト」(新改訳)、「重い皮膚病」(新共同訳)

      ③「シリヤ人ナアマン」は、異邦人の将軍である。

    (3)共通している点

      ①イスラエルは不信仰の状態にあった。

      ②そこで神は、イスラエルではなく、異邦人を祝福された。

Ⅲ.ナザレの人々の応答(28~29節)

  1.激怒する人々

  「これらのことを聞くと、会堂にいた人たちはみな、ひどく怒り、立ち上がってイエスを

町の外に追い出し、町が立っていた丘のがけのふちまで連れて行き、そこから投げ落とそ

うとした」
(28~29節)

  
(1)激怒の理由

    ①自分たちのことを言われている。

    ②ユダヤ人よりも、異邦人が優遇される。

  (2)激怒の結果

    ①会堂にいた人たち全員が立ち上がり、イエスを町の外に追い出した。

    ②丘の崖のふちから、イエスを投げ落とそうとした。

      *今も、「突き落としの崖」と言われる場所がある。

2.イエスの脱出

「しかしイエスは、彼らの真ん中を通り抜けて、行ってしまわれた」
(30節)

    (1)逃れた方法については、記されていない。

      ①むしろ、死ななかった意味の方が重要である。

      ②十字架の時が来ていないからである。

結論:

1
.ナザレの象徴的意味

  (1)メシア預言の直接的成就がある。

    ①イザ61:1~2

  (2)メシアの型がある。

    ①エリヤ

    ②エリシャ

  (3)ナザレはイスラエル全体を象徴する小宇宙である。

    ①ナザレは2度にわたってイエスを拒否する。

    ②イスラエルは徐々にイエスを拒否する方向に向かう。

    ③「突き落としの崖」の事件は、イエスの死を予感させる。

      *ただし、読者には最後までそれが隠されている。

2
.イエスの奉仕のパラダイム(枠組み)

  (1)今、メシア預言が成就し、終末時代に入った。

  (2)イスラエルはイエスをメシアとして受け入れない。

    ①メシア的王国の提供を拒否した。

  (3)そこで、異邦人が救いに招かれる。

    ①これが教会時代の出来事である。

    ②メシア的王国の成就は、再臨以降に持ち越された。

  

  (4)ヨハ1:11~12

  「この方はご自分のくにに来られたのに、ご自分の民は受け入れなかった。しかし、

この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる

特権をお与えになった」

(5)私たちへの適用

  ①神の痛み。

  (例話)母親との会話。「子どもについての心配はない」

  ②教会時代の伝道において、私たちも同じ痛みを経験する。

週間アクセスランキング

1

使徒の働き(71)―エペソでの奉仕―

2

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

3

「自由、希望、誇り」

4

60分でわかる旧約聖書(24)エレミヤ書

5

60分でわかる新約聖書(8)コリント人への手紙第二

6

使徒の働き(70)―12人の弟子たちの救い―

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.