Loading...

創世記(15)—洪水の終わり—

  • 2008.09.22
  • 創世記8章:1〜22
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

大洪水物語を通して、クリスチャン生活の本質を明らかにする。

創世記15 創世記8章1節~22節

「洪水の終わり」

イントロ:

1.前回までの復習

(1)第3の区分(トルドット)「これはノアの歴史である」

(2)このトルドットの構造:antithetical parallelism 対照対句法がある。

A 6:11~13 神は人類を滅ぼすことを決意する。

B 6:14~22 ノアは箱舟を造る。

C 7:1~9 神は箱舟に入るように命じる。

D 7:10~16 洪水が始まる。

E 7:17~24 洪水が150日続く。山々が水で覆われる。

F 8:1a 神はノアを覚えておられた。

E 8:1b~5 洪水が150日後に引いていく。山々が現れる。

D 8:6~14 地は乾き始める。

C 8:15~19 神は箱舟から出るように命じる。

B 8:20 ノアは祭壇を築く。

A 8:21~22 神は人類を滅ぼさないことに決める。

 2.メッセージのアウトライン

(1)神はノアを覚えておられた。

(2)洪水が150日後に引いていく。山々が現れる。

(3)地は乾き始める。

(4)神は箱舟から出るように命じる。

(5)ノアは祭壇を築く。

(6)神は人類を滅ぼさないことに決める。

 3.きょうのメッセージは、私たちに何を教えているか。

(1)神の守りの確実性

(2)信仰と努力のバランス

(3)神のジレンマ(十字架の必然性)

このメッセージは、大洪水物語を通して、クリスチャン生活の本質を明らかにしようとするものである。

Ⅰ.F 8:1a 神はノアを覚えておられた。

1.「心に留める(覚えている)」の意味

(1)「忘れていない」ということではない。

(2)心に留めている対象に対する「行動」を指す言葉である。

2.他の聖句の例

(1)創19:2 「神はアブラハムを覚えておられた」:ロトの救出についての言及

  (2)出2:24 「神は彼らの嘆きを聞かれ、アブラハム、イサク、ヤコブとの契約を思い起こされた」:イスラエルの民の救出についての言及

  (3)エレ2:2 「さあ、行って、主はこう仰せられると言って、エルサレムの人々の耳に呼ばわれ。わたしは、あなたの若かったころの誠実、婚約時代の愛、荒野の種も蒔かれていない地でのわたしへの従順を覚えている」:エルサレムの救出についての言及

  (4)エレ31:20 「エフライムは、わたしの大事な子なのだろうか。それとも、喜びの子なのだろうか。わたしは彼のことを語るたびに、いつも必ず彼のことを思い出す。それゆえ、わたしのはらわたは彼のためにわななき、わたしは彼をあわれまずにはいられない。──【主】の御告げ──」:エフライムに差し出された神の恵みについての言及

  (5)ルカ1:54~55 「主はそのあわれみをいつまでも忘れないで、そのしもべイスラエルをお助けになりました。私たちの父祖たち、アブラハムとその子孫に語られたとおりです」:メシアをイスラエルの民に送るという約束についての言及

 3.契約関係を示す言葉

  (1)「心に留める(覚える)」という言葉は、契約関係を前提として語られる言葉。

(2)この時点では、ノア契約はまだ結ばれていない。

(3)その預言は創6:18にある。「しかし、わたしは、あなたと契約を結ぼう」

(4)神はノア契約のゆえに、箱舟の中にいた人間と動物を守るために行動を起こされた。(5)私たちはイエス・キリストにあって神と契約関係に入った。

(6)それゆえ、神は私たちに「心に留め(覚え)」てくださる。

Ⅱ.E 8:1b~5 洪水が150日後に引いていく。山々が現れる。

1. 地から水が引き始める。

(1)神が風を使ってそうなさった。

2. 8章1節の内容は、創世記1:2とよく似ている。

(1)創世記8章は、創世記1章~2章に記された「天地創造のテーマ」の再現である。

(2)渇いた土地が現れ、そこに植物が生長するというテーマ

 3.2節では、地下の水源が閉ざされ、天からの雨がとどめられている。

4.3節では、水はしだいに地から引いている。

(1)具体的には、150日の終わりに減り始めた。

(2)水が蒸発によって減り始めた。

 5.4節では、箱舟はアララテ山の上にとどまった。

(1)第7の月の17日

(2)水位が相当下がった。

(3)アララテ山の標高は、5000メートル以上もある。

(4)山頂にとどまったと考えなくてもよい。

6.5節では、水は第10の月まで、ますます減り続けた。

(1)第10の月の1日に、山々の頂が現れた。

(2)最初は高い山々が、次に低い山々が姿を現している。

Ⅲ.D 8:6~14 地は乾き始める。

1. ノアは、40日の終わりになって、箱舟の窓を開き、烏を放った。

(1)150日から数えて、40日後。

(2)烏は黒い色をした野鳥で、聖書では「きよくない鳥(汚れた鳥)」に分類されている。

①レビ11:15、申命記14:14など参照。

②ルカ12:24では、烏は神によって養われている。

③Ⅰ列17:6では、烏がエリヤに食物を運んでいる。

 2.「するとそれは、水が地からかわききるまで、出たり、戻ったりしていた」(新改訳)

  (1)烏は、水の上に浮かんだ動物の死骸を食べて生きることができた。

(2)洪水の後なので、あちこちに動物の死骸が漂っていた。

(3)従って、箱舟に帰って来る必要はなかった。

(4)烏は、動物の死体の上に留まり、あちこち飛び回った。

 3.鳩を放った。

  (1)鳩は白い色をした飼育可能な鳥で、聖書では「きよい鳥」に鳥に分類されている。

(2)鳩は、積極的なイメージを表現するために用いられている。

①若い時の目の美しさ(雅歌1:15、4:1、5:12)

②愛の象徴(雅歌2:14、5:2、6:9)

③長距離を飛ぶ鳥(詩篇55:6、イザヤ60:8、ホセア11:11)

(3)ノアの行動

①これまでノアは、神の啓示によって行動してきた。

②ここでは神からの語りかけがないので、普通の方法で状況を確かめようとした。

③神の啓示を通し、また、人間の方法を通して状況判断をするというバランス。

(4)鳩は、水の上に浮かんだ動物の死骸を食べて生きることはできない。

(5)また、烏のように頂上を好むのではなく、谷に生息することを好む。

(6)鳩が帰って来たことは、まだ水が地表を覆っていたことを示している。

4.2度目に放った鳩

(1)7日待って

(2)オリーブの若葉をくわえて帰って来た。

(3)高地には水がなくなっていることが分かった。

5.3度目に放った鳩

(1)なお7日待って

(2)鳩は戻って来なかった。

(3)谷間の地区も乾いた。

6.地は乾いた。

 (1)ノアの生涯の601年の第1の月の1日

(2)箱舟のおおいを取り去り、外をながめると、地の面は乾いていた。

①おおいとは、箱舟の上にかぶせたものであろう。

②それでもノアは、さらに57日を箱舟の中で過ごし、神のことばを待った。

③第2の月の27日、地は渇き切った。

(3)ノアが箱舟の中にいた期間は、371日、ちょうど53週だった。

7.私たちへの教訓

(1)神の啓示と、自分の判断とのバランス

(2)肝心な点においては神の指示を待つ。

Ⅳ.C 8:15~19 神は箱舟から出るように命じる。

1. 神の命令とノアの従順

  (1)箱舟に入れと神が言われた時、ノアはそれに従った(6:18)

(2)今度は、箱舟から出よとの命令が下り、ノアはその命令にも従った。

2.ノアの家族、そして箱舟にいた鳥や家畜、地をはうものなどが出て来た。

(1)大洪水を生き延びたこの少数の人々と生き物の群には、新しい使命が与えられた。

(2)彼らは、新しくなった地に満ちるようにとの命令を受けた。

「…それらが地に群がり、地の上で生み、そしてふえるようにしなさい」

2. 大洪水は、バプテスマの型である。

(1)Ⅰペテロ3:20~21

「…わずか八人の人々が、この箱舟の中で、水を通って救われたのです。そのことは、今あなたがたを救うバプテスマをあらかじめ示した型なのです」

(2)私たちも、バプテスマという儀式を通過し、霊的に増え広がるように期待されている。

Ⅴ.B 8:20 ノアは祭壇を築く。

1. 箱舟を出たノアが最初にしたことは、主を礼拝すること。

2. 彼は、祭壇を築いた。

(1)「祭壇」という言葉が初めて登場する。

(2)神の臨在が現れていたエデンの園は、洪水で滅びた。

(3)神の臨在に出会う場として、また犠牲を捧げる場として、祭壇が必要になった。

3.すべてのきよい動物や鳥のうちから取り、祭壇の上で全焼のいけにえとして捧げた。

Ⅵ.A 8:21~22 神は人類を滅ぼさないことに決める。

1. 主は、再びこの地をのろうことはすまいと約束された。

2. その理由は、「人の心の思い計ることは、初めから悪であるからだ」というもの。

(1)かつては、これが地を滅ぼす理由となった。

(2)ここでは、それが地を滅ぼさない理由となっている。

(3)大洪水は、神の義を示すために起こった。

(4)人間が罪を犯すたびに大洪水が起こるなら、神は何度も同じことをせねばならなる。

(5)これ以降は、神の憐れみと恵みが示される。

3.この祭壇と全焼のいけにえは、カルバリの丘の十字架を予表している。

(1)究極的には、神は御子イエスの贖いの死によって、私たちを滅びから解放される。

(2)神の義と愛が交差したところに、十字架が立つ。

結論

 1.神の守りの確実性

  (1)契約概念の理解

 2.信仰と努力のバランス

  (1)神とともに人生を作り上げていく。

  (2)バプテスマを受けて以降の物理的、かつ霊的拡大。

 3.神のジレンマ(十字架の必然性)

  (1)神の義と愛が交差したところに、十字架が立つ。

週間アクセスランキング

1

使徒の働き(71)―エペソでの奉仕―

2

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

3

「自由、希望、誇り」

4

60分でわかる旧約聖書(24)エレミヤ書

5

60分でわかる新約聖書(8)コリント人への手紙第二

6

使徒の働き(70)―12人の弟子たちの救い―

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.