パートⅣ.新約時代20章 メシアの到来-十字架への道を妨害する悪魔-

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

十字架への道を妨害する悪魔の策略について学ぶ。

パートⅣ.新約時代

20章 メシアの到来

-十字架への道を妨害する悪魔-

イントロダクション

1.「神の国と悪魔の国の葛藤」というテーマに沿って聖書を読み解いている。

(1)この葛藤は、創世記3章以来続いているものである。

(2)この葛藤は、黙示録20~21章で終わる。

2.文脈の確認

(1)パートⅠ.葛藤の舞台設定(1~3章)

(2)パートⅡ.旧約時代(4~17章)

(3)パートⅢ.中間時代(18~19章)

(4)パートⅣ.新約時代(20~23章)

3.18章と19章(中間時代)の結論

(1)中間時代は、マラキ書が完成してからキリストが登場するまでの期間を指す。

(2)中間時代は、メシア登場の舞台を整えるための時代であった。

  ①イスラエルの政治的、宗教的、社会的状況は激変した。

  ②ギリシア帝国は、ギリシア語を提供するという役割を果たした。

  ③前63年、共和政ローマのポンペイウスがエルサレムを陥落させた。

  ④この時から、ユダヤは実質的にローマの属国となった。

  ⑤前37年、ローマはヘロデ大王をユダヤの王に任命した。

  ⑥ヘロデは、ローマの傀儡王としてユダヤを統治した。

  ⑦これで、メシア登場の舞台が整った。

4.アウトライン

(1)メシアの誕生

(2)メシアの抹殺

(3)メシアの誘惑

十字架への道を妨害する悪魔の策略について学ぶ。

Ⅰ.メシアの誕生

1.創3:15で約束されていた「女の子孫」は、ついに誕生した。

(1)ガラ4:4

Gal 4:4 しかし時が満ちて、神はご自分の御子を、女から生まれた者、律法の下にある者として遣わされました。

  ①「時が満ちて」とは、中間時代に諸条件が整ったことを示している。

2.メシアを産んだのは、ガリラヤのナザレに住む乙女マリア(ミリアム)であった。

(1)ルカ1:31

Luk 1:31 見なさい。あなたは身ごもって、男の子を産みます。その名をイエスとつけなさい。

  ①これは、イザ7:14の成就である。

  ②イエスは、ヘブル語で「イェシュア」(主は救い)という。

(2)ルカ1:32~33

Luk 1:32 その子は大いなる者となり、いと高き方の子と呼ばれます。また神である主は、彼にその父ダビデの王位をお与えになります。

Luk 1:33 彼はとこしえにヤコブの家を治め、その支配に終わりはありません。」

  ①「大いなる者となり」とは、偉大な者となるという意味である。

  ②「いと高き方」はヘブル語で「ハ・エルヨン」で、神の御名そのものである。

    *「ハ・エルヨン」の子とは、イエスが神性を持っているという意味。

  ③「父ダビデの王位をお与えになります」は、2サム7:12~17のダビデ契約

の成就であり、イエスがダビデの家系から来られたことを示している。

  ④「彼はとこしえにヤコブの家を治め」は、イエスがユダヤ人のメシアである

ことを示している。

  ⑤「その支配に終わりはありません」という約束は、イエスの再臨と千年王国

(メシア的王国)の出現によって成就する。

(3)悪魔は「女の子孫」の誕生を妨害してきたが、その試みは失敗に終わった。

  ①約束のメシアはついに、人間の姿を取って地上に現れた。

  ②メシアの生涯のゴールは、十字架上で血を流すことによって、信じる者に罪

の赦しを得させることであった。

(4)これ以降の悪魔の努力は、メシアの贖いの業を妨害することに向けられる。

  ①イエスが十字架上で死なないようにすることが、悪魔のゴールとなる。

Ⅱ.メシアの抹殺

1.ヘロデによる幼子暗殺計画

(1)悪魔は、ヘロデを用いてイエス(ダビデの王座に着く者)を殺そうとした。

  ①しかし、神は天使を遣わし、イエスの一家をエジプトに避難させた。

(2)マタ2:16

Mat 2:16
ヘロデは、博士たちに欺かれたことが分かると激しく怒った。そして人を遣わし、博士たちから詳しく聞いていた時期に基づいて、ベツレヘムとその周辺一帯の二歳以下の男の子をみな殺させた。

  ①メシア抹殺計画は、神の介入(天使の御告げ)によって失敗に終わった。

2.ナザレの住民による殺害計画

(1)公生涯に入ったイエスは、ナザレを訪問し、会堂で神の国の到来を宣言した。

  ①これは、イエスによるメシア宣言である。

(2)ナザレの人たちは、イエスを町の外に追い出し、崖から突き落とそうとした。

  ①イエスは、超自然的に彼らのただ中を通り抜けて、難を逃れた。

  ②悪魔は、ナザレの人たちを用いてイエスを殺そうとしたが、未遂に終わった。

3.ユダヤ人たちによる投石事件

(1)悪魔は、ユダヤ人たちを利用することもあった。

  ①イエスの教えを聞いたユダヤ人たちは、イエスを石打にしようとした。

    *冒涜罪の嫌疑

  ②同様の出来事が、少なくとも2回起こっている。

    *ヨハ8:59と10:39

  ③いずれの場合も、イエスは神殿から無事に出て行った。

Ⅲ.メシアの誘惑

はじめに

(1)悪魔は、選民イスラエルを誘惑し、信仰的に堕落させた。

  ①これはサタンにとっては容易なことであった。

(2)彼は、同じ戦略を用いて「イスラエルの中のイスラエル」であるイエスを信

仰的に堕落させようとした。

1.荒野での誘惑

(1)イエスは、ヨルダン川で洗礼を受けた直後に、荒野で悪魔の誘惑に遭った。

  ①荒野は神の声を聞き神に近づく場所である。

  ②40日間に及ぶ断食の後、聞こえてきたのは、試みる者の声であった。

  ③悪魔の計画は、十字架を迂回した、より手っ取り早い人類救済計画をイエス

に提案することであった。

(2)イエスは、悪魔の3つの誘惑に対抗するために、申命記から聖句を引用した。

  ①申命記は、神とイスラエルの民の間の契約を記した「契約の書」である。

  ②イスラエルの民はその契約に違反した。

  ③御子イエスは、「契約の書」を引用することによって誘惑に勝利した。

2.ペテロを用いた誘惑

(1)悪魔は、愛弟子ペテロを通して、十字架の計画を妨害した。

(2)受難の予告を聞いたペテロは、自らの判断と理解に基づいて行動を起こした。

  ①マタ16:22

Mat 16:22
すると、ペテロはイエスをわきにお連れして、いさめ始めた。「主よ、とんでもないことです。そんなことがあなたに起こるはずがありません。」

  ②「いさめる」とは大変厳しいことばである。

  ③あることが起こらないように、下の者が上の者を説き伏せるという意味。

(3)イエスは、ペテロの背後にサタンがいることを見抜かれた。

  ①マタ16:23

Mat 16:23
しかし、イエスは振り向いてペテロに言われた。「下がれ、サタン。あなたは、わたしをつまずかせるものだ。あなたは神のことを思わないで、人のことを思っている。」

  ②これは、ペテロがサタンだと言っているのではない。

  ③彼の判断、行動、発言が、サタンの立場に立っているという意味である。

  ④サタンの立場とは、イエスが過越の祭りの時に十字架につかないように妨

害する、ということである。

3.結論

(1)悪魔は、あらゆる手段を用いてイエスの活動を妨害しようとしたが、そのす

べてが失敗に終わった。

(2)十字架にかかる前の夜、イエスはサタンとの戦いを振り返り、こう言われた。

  ①ヨハ14:30

Joh 14:30 わたしはもう、あなたがたに多くを話しません。この世を支配する者が来るからです。彼はわたしに対して何もすることができません。

(3)イエスは、私たちを愛する愛のゆえに、自らすすんで十字架にかかられた。

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第一(29)復活(3)―からだの復活―15:35~49

2

出エジプト記(46)—金の子牛事件(3)—

3

コリント人への手紙第一(28)復活(2)―死者の復活―15:12~34

4

60分でわかる旧約聖書(22)雅歌

5

ヨハネの福音書(11)第3のしるしヨハ5:1~18

6

コリント人への手紙第一(27)復活(1)―キリストの復活―15:1~11

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.