パートⅢ.中間時代19章 中間時代(2)

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

中間時代における神の国と悪魔の国の葛藤について学ぶ。

パートⅢ.中間時代

19
章 中間時代(2)

イントロダクション

1.「神の国と悪魔の国の葛藤」というテーマに沿って聖書を読み解いている。

(1)この葛藤は、創世記3章以来続いているものである。

(2)この葛藤は、黙示録20~21章で終わる。

2.パートⅠ.葛藤の舞台設定(1~3章)

3.パートⅡ.旧約時代(4~17章)

    14章 北王国の崩壊

    15章 南王国の崩壊

    16章 バビロン捕囚

    17章 ペルシア時代

4.パートⅢ.中間時代(18~19章)

    18章 中間時代(1)

(1)中間時代は、英語で「intertestamental period」と言う。

(2)マラキ書が完成してからキリストが登場するまでの期間を指す。

  ①旧約聖書と新約聖書の間に横たわる「400年の沈黙の期間」

  ②新しい啓示がなかった理由は、それを必要としない時代だったから。

  ③神は依然として、契約の民イスラエルを忘れてはおられなかった。

(3)中間時代は、メシア登場の舞台を整えるための時代であった。

(4)この期間に、イスラエルの政治的、宗教的、社会的状況は激変した。

(5)前回の結論

  ①ギリシア・ローマ文明とヘブル文明が混在するようになった。

  ②ヘロデの統治下にあって、ユダヤ人たちは、圧政と重税に苦しめられた。

  ③その結果、ユダヤ人の間にはメシア待望の機運が高まった。

5.アウトライン

(1)政治的状況の変化

(2)宗教的状況の変化

(3)社会的状況の変化

中間時代における神の国と悪魔の国の葛藤について学ぶ。

Ⅱ.宗教的状況の変化

はじめに

(1)中間時代に、いくつかの新しいグループが登場した。

  ①福音書には、サドカイ派、パリサイ派、熱心党などのグループが登場する。

  ②旧約聖書を調べても、それがどういうグループなのかは分からない。

  ③ここでは、サドカイ派とパリサイ派を取り上げる。

(2)もう1つ重要なのは、ギリシア語訳聖書の誕生である。

1.サドカイ派

(1)ユダヤ教の一派で、祭司と貴族階級から成っていた。

(2)政治的には親ローマであった(既得権益が与えられていた)。

(3)一般民衆からの支持はなかった。

(4)神殿での礼拝は完全に彼らによって仕切られていた。

  ①両替やいけにえの販売は、大祭司のファミリービジネスとなっていた。

(5)信仰的には問題があった。

  ①モーセの五書しか神のことばとして認めていなかった。

  ②天使や悪霊の存在を否定し、魂の永遠性や肉体の復活なども認めなかった。

  ③パリサイ派の口伝律法に強く反発した。

  ④イエスとの論争において、その神学的理解の問題点が浮き彫りになった。

2.パリサイ派

(1)パリサイ派も、ユダヤ教の一派である。

  ①ヘブル語で「パラシム」、ギリシア語で「ファリサイオス」という。

  ②「分離した」という意味である。

(2)種々のグループの中で、信仰的・文化的に最も保守的な派である。

  ①特に、ユダヤ教のヘレニズム化には強く抵抗した。

  ②教理的には、イエスの信仰は、サドカイ派よりもパリサイ派に近かった。

(3)パリサイ派の信仰内容

  ①死者の復活を信じていた。

  ②永遠の報賞と永遠の裁きを信じていた。

  ③天使や悪霊の存在を信じていた。

  ④律法、預言者、諸書の全体を神の啓示と信じていた。

  ⑤律法の遵守を徹底させるために、律法の周りに垣根を立てた。

  ⑥この口伝律法は、民衆に負いきれないほどの重荷を与えた。

(4)この時代、民衆にとっては、ユダヤ教と言えばパリサイ的ユダヤ教であった。

(5)パリサイ人の中には、イエスを支持する人とイエスに敵対する人がいた。

  ①教会誕生直後は、教会に対して中立的な立場を取っていた。

  ②使8章になって、パリサイ人のサウロが教会を迫害するようになる。

3.ギリシア語訳聖書

(1)ヘブル語を解さないユダヤ人が増えたので、ギリシア語訳が必要になった。

(2)その結果、七十人訳聖書(LXXと略す)が誕生した。

  ①ラテン語読みでは、セプトゥアギンタ。

  ②前3C中頃から前1Cの間に、徐々に翻訳・改訂されたギリシア語訳の総称。

(3)旧約聖書のギリシア語訳が出来たのは、画期的なことであった。

(4)新約記者が旧約から引用する場合は、ほとんどが七十人訳からの引用である。

Ⅲ.社会的状況の変化

1.ユダヤ人たちのメシア待望

(1)ユダヤ人たちは、自分たちが置かれている現状に絶望していた。

(2)バビロンから帰還したが、ペルシアやギリシアによる支配が続いた。

(3)セレウコス朝の圧政に対抗したマカバイ戦争

(4)一時的に自治権を獲得したが、すぐにローマによる支配が始まった。

(5)絶望したユダヤ人たちは、メシアの到来を期待するようになった。

(6)マタ3:1~3

Mat 3:1 そのころバプテスマのヨハネが現れ、ユダヤの荒野で教えを宣べ伝えて、

Mat 3:2 「悔い改めなさい。天の御国が近づいたから」と言った。

Mat 3:3
この人は、預言者イザヤによって/「荒野で叫ぶ者の声がする。/『主の道を用意せよ。/主の通られる道をまっすぐにせよ』」/と言われた人である。

  ①ヨハネが荒野に現れたとき、群衆は大挙して彼のもとに出て行った。

  ②その理由は、メシア待望の高まりにある。

2.異邦人たちの失望

(1)ローマ人の中にも、多神教や既存の宗教に疑問を持つ者が、たくさんいた。

(2)ギリシア語聖書の誕生により、ユダヤ人の神に関心を示す人たちが出た。

(3)彼らは、ローマ世界の各地に建てられたユダヤ教の会堂に集うようになった。

(4)彼らは、「神を恐れる異邦人」と呼ばれた。

(5)新約に登場する百人隊長は、そのほとんどが「神を恐れる異邦人」であった。

3.神による準備

(1)ローマによる平和

  ①安全な旅行が可能になった。

  ②弟子たちが伝道旅行に出て行くための環境が整えられた。

(2)ローマによる道路建設

  ①旅行の安全だけでなく、短時間での移動を可能にした。

(3)共通語としてのギリシア語

  ①共通語での伝道が容易になった。

  ②話し言葉「コイネー・グリーク」は、新約聖書のギリシア語である。

(4)会堂の存在

  ①会堂という概念は、バビロン捕囚の期間に誕生したものである。

  ②ユダヤ教を維持するための方法として会堂は生き延びた。

  ③捕囚から帰還したユダヤ人たちは、各地にシナゴーグを建てた。

  ④ディアスポラの地に留まったユダヤ人たちも、会堂での活動を継続した。

  ⑤会堂は、神殿での礼拝を補完するものとなった。

  ⑥紀元1世紀、イスラエルの地には480の会堂があったとされる。

  ⑦会堂は、その地におけるユダヤ人の生活の中心となった。

  ⑧会堂は、パウロの伝道旅行のためのインフラストラクチャーともなった。

結論

1.悪魔は、ユダヤ人を滅ぼそうとして種々の混乱をもたらした。

2.神は、悪魔の策略をはるかに超えて、メシア到来の準備をしておられた。

週間アクセスランキング

1

ティム・シグラー博士夫妻の証

2

コリント人への手紙第一(13)結婚に関する教え(2)―結婚に関する基本原則―7:17~24

3

コリント人への手紙第一(12)結婚に関する教え(1)―既婚者への助言―7:1~16

4

コリント人への手紙第一(14)結婚に関する教え(3)―未婚の者たちへの助言―7:25~40

5

イスラエル旅2023#051中川牧師とめぐる旅:【ピリポ・カイサリア】十字架の預言の地

6

ヨハネの黙示録(13)—144,000人のユダヤ人—

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.