パートⅢ.中間時代18章 中間時代(1)

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

中間時代における神の国と悪魔の国の葛藤について学ぶ。

パートⅢ.中間時代

18章 中間時代(1)

イントロダクション

1.「神の国と悪魔の国の葛藤」というテーマに沿って聖書を読み解いている。

(1)この葛藤は、創世記3章以来続いているものである。

(2)この葛藤は、黙示録20~21章で終わる。

2.パートⅠ.葛藤の舞台設定(1~3章)

3.パートⅡ.旧約時代(4~17章)

    14章 北王国の崩壊

    15章 南王国の崩壊

     16章 バビロン捕囚

    17章 ペルシア時代

4.パートⅢ.中間時代(18~19章)

    18章 中間時代(1)

(1)中間時代は、英語で「intertestamental period」と言う。

(2)マラキ書が完成してからキリストが登場するまでの期間を指す。

①旧約聖書と新約聖書の間に横たわる「400年の沈黙の期間」

②新しい啓示がなかった理由は、それを必要としない時代だったから。

③神は依然として、契約の民イスラエルを忘れてはおられなかった。

(3)中間時代は、メシア登場の舞台を整えるための時代であった。

(4)この期間に、イスラエルの政治的、宗教的、社会的状況は激変した。

(5)その背後に、神の国と悪魔の国の葛藤が見え隠れする。

  5.アウトライン

    (1)政治的状況の変化

    (2)宗教的状況の変化

    (3)社会的状況の変化

中間時代における神の国と悪魔の国の葛藤について学ぶ。

Ⅰ.政治的状況の変化

1.神は、御心を成就するために、異邦人の帝国を「神のしもべ」としてお用いになる。

(1)神がバビロンに与えた役割は、ユダヤ人たちの偶像礼拝の罪を裁くこと。

  ①バビロン捕囚が起こった理由は、そこにある。

  ②これ以降、ユダヤ人たちが民族的に偶像礼拝の罪に陥ることはなくなった。

  ③バビロン捕囚の教訓が生きたのである。

(2)バビロンが役割を終えると、次にペルシア帝国が興り、バビロンを滅ぼした。

  ①ペルシアの役割は、ユダヤ人たちを約束の地に帰還させることであった。

  ②さらに、帰還した地で、国を再建するように促すことであった。

  ③その役割を終えると、ペルシアもまた、歴史の表舞台から去る。

  ④マケドニアのアレクサンドロスの軍勢が、ペルシアを滅ぼしたのである。

2.帝国の興亡は、ダニ2:31~35の預言通りに進んだ。

(1)その箇所には、バビロンのネブカドネツァル王が見た夢が記録されている。

Dan 2:31
王よ。あなたが見ておられると、なんと、一つの巨大な像が現れました。この像は巨大で、異常な輝きを放って、あなたの前に立っていました。その姿は恐ろしいものでした。

Dan 2:32 その像は、頭は純金、胸と両腕は銀、腹とももは青銅、

Dan 2:33 すねは鉄、足は一部が鉄、一部が粘土でした。

Dan 2:34 あなたが見ておられると、一つの石が人手によらずに切り出され、その像の鉄と粘土の足を打ち、これを粉々に砕きました。

Dan 2:35
そのとき、鉄も粘土も青銅も銀も金も、みなともに砕け、夏の脱穀場の籾殻のようになり、風がそれを運んで跡形もなくなりました。そして、その像を打った石は大きな山となって全土をおおいました。

  ①ネブカドネツァルは、夢で1つの大きな像の幻を見た。

  ②これは、異邦人の4大帝国の興亡に関する幻であった。

3.その幻をダニエルが、以下のように解き明かした。

(1)像の頭は純金(バビロン帝国)

  ①純金は、バビロンが栄光に富んだ帝国であることを示している。

  ②役割を終えると、メド・ペルシア連合帝国によって滅ぼされた(前539年)。

(2)像の胸と両腕は銀(メド・ペルシア連合帝国)

  ①銀は、ペルシアの栄光がバビロンほどではないことを示している。

  ②ペルシアは、ユダヤ人が自分の宗教を維持することを許した。

  ③キュロスは、ユダヤ人の祖国帰還と、エルサレム神殿の再建を許可した。

  ④この時期は、ユダヤ人にとっては比較的平和な時代であった。

  ⑤旧約時代の最後の100年から中間時代の最初の100年にかけての200年間

(3)像の腹とももは青銅(アレクサンドロス大王のマケドニア帝国)

  ①青銅は、マケドニアの栄光が、バビロンやペルシア以下であることを示す。

  ②アレクサンドロスは、ペルシアのダレイオスを撃破した(前331年)。

  ③この勝利によって、ギリシア系のマケドニア帝国が世界の覇権国となった。

    *アレクサンドロスは、アリストテレスからギリシア哲学を学んだ。

    *アレクサンドロスは、ギリシア文明の庇護者となった。

    *マケドニアの将軍たちは、遠征地に留まり、現地の女性たちと結婚した。

    *その結果、東方世界がギリシア化(ヘレナイズ)して行った。

  ④ギリシア文明の本質は、世俗的で人間中心主義である。

    *当然、偶像礼拝に対しても寛容な態度を取った。

  ⑤サタンは、ギリシア文明を通して、ユダヤ人の信仰を破壊しようとした。

  ⑥アレクサンドロスの死後、帝国は3分割された。

    *マケドニアのアンティゴノス朝

    *エジプトのプトレマイオス朝

    *シリアのセレウコス朝

  ⑦セレウコス朝の王アンティオコス・エピファネスが、特に問題である。

    *彼は、自らの支配地域にギリシア風信仰を押しつけようとした。

    *彼は、神殿に豚を捧げ、そこに異教の祭壇を築いた(前167年頃)。

    *これは、サタンによるユダヤ人の信仰の破壊活動である。

    *ユダヤ人は激怒し、抵抗運動を起こした。

    *これが、ユダ・マカバイが指導得者となって戦ったマカバイ戦争である。

  ⑧マカバイ戦争に勝利したユダヤ人は、自治権を獲得した。

  ⑨ユダヤ人の王朝であるハスモン朝が誕生した(前140~前37年)。

(4)像のすねは鉄、足は一部が鉄、一部が粘土(第4の帝国‐帝国主義)

  ①鉄は、第4の帝国が武力的に優れていることを示している。

  ②ハスモン朝を破るのは、ローマ帝国である。

    *アリストブロス2世とヒルカノス2世による内紛が起こっていた。

    *両者は、オリエントに侵攻したポンペイウスを味方につけようとした。

    *ポンペイウスはヒルカノスに付き、エルサレムを陥落させた(前63年)。

    *かくしてユダヤは、ローマの属国となった。

  ③イドマヤ人のヘロデは、ローマ帝国によって任命されたユダヤの王である。

    *彼は、ローマ帝国の傀儡王である。

    *ヘロデは、ユダヤ人を懐柔するために第二神殿の拡張工事を行った。

    *メシアであるイエスが訪問されたのは、この神殿である。

  ④ユダヤでは、ギリシア・ローマ文明とヘブル文明が混在するようになった。

  ⑤ヘロデの統治下にあって、ユダヤ人たちは、圧政と重税に苦しめられた。

  ⑥その結果、ユダヤ人の間にはメシア待望の機運が高まった。

4.まとめ

(1)次回取り上げるが、中間時代には、大きな宗教的変化がいくつも起こった。

(2)サドカイ派とパリサイ派は、この時代に誕生したユダヤ教の分派(派閥)。

(3)サタンは、ユダヤ人抹殺のために、政治的にも宗教的にも混乱をもたらした。

(4)しかし神は、メシアを遣わすというご自身の計画を、着々と進めておられた。

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第一(21)御霊の賜物(1)―御霊による信仰告白―12:1~3

2

コリント人への手紙第一(20)聖餐式11:17~34

3

イスラエル旅2023#058中川牧師とめぐる旅:【クムラン】死海写本発掘の地

4

イスラエル旅2023#057中川牧師とめぐる旅:【ベテ・シャン】 放蕩息子が住んだ町

5

Q392 神学編 解釈学とは

6

Q391 女のかぶり物

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.