ルカの福音書(70)食卓での諸々の教え(2)14:12~24

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

食卓での諸々の教え(2)について学ぶ。

ルカの福音書 70回

食卓での諸々の教え(2)

14:12~24

1.はじめに

(1)文脈の確認

  ①ルカは、エルサレムへの旅という枠組みの中に、種々の教えを配置している。

  ②ルカ13:18から、中心テーマが「神の国」に変わった。

  ③神の国とは、メシア的王国(千年王国)のことである。

(2)ルカ13:18~14:35の内容

  ①神の国のたとえ話(13:18~21)

  ②神の国への入国(13:22~30)

  ③神の国の延期(13:31~35)

  ④食卓での諸々の教え(14:1~24)

    *水腫の人の癒やし(1~6節)

    *結婚の披露宴のたとえ話(7~11節)

    *客を招くときの教訓(12~14節)

    *盛大な宴会のたとえ話(15~24節)

  ⑤弟子の代価(14:25~35)

(3)注目すべき点

  ①4つの教えは、パリサイ人の家での食卓でイエスが語ったものである。

  ②直前の文脈を見ると、イエスはエルサレムの崩壊を予告された(13:35)。

Luk 13:35
見よ、おまえたちの家は見捨てられる。わたしはおまえたちに言う。おまえたちが/『祝福あれ、主の御名によって来られる方に』/と言う時が来るまで、決しておまえたちがわたしを見ることはない。」

  ③ここでは、その原因がリーダーたちにあることが明らかになる。

2.アウトライン

(3)客を招くときの教訓(12~14節)

(4)盛大な宴会のたとえ話(15~24節)

3.結論

(1)客を招くときの教訓が教える霊的真理

(2)現代版「盛大な宴会のたとえ話」

食卓での諸々の教え(2)について学ぶ。

Ⅲ.客を招くときの教訓(12~14節)

1.12節

Luk 14:12

イエスはまた、ご自分を招いてくれた人にも、こう話された。「昼食や晩餐をふるまうのなら、友人、兄弟、親族、近所の金持ちなどを呼んではいけません。彼らがあなたを招いて、お返しをすることがないようにするためです。

(1)結婚の披露宴のたとえ話(7~11節)は、客たちに向けたものであった。

  ①謙遜は、神の国での重要な資質の1つである。

  ②人は、自分で上席を選ぶことはできない。

  ③自らを低くする(イエスの弟子になる)なら、神が高く上げてくださる。

(2)客を招くときの教訓(12~14節)は、主人に向けたものである。

  ①社会的側面

  ②霊的側面

(3)イエスは、お返しができる人たちを呼んではならないと言われた。

  ①お返しができる人たちを招いた場合は、お返しを受けるだけで終わる。

2.13~14節

Luk 14:13

食事のふるまいをするときには、貧しい人たち、からだの不自由な人たち、足の不自由な人たち、目の見えない人たちを招きなさい。

Luk 14:14
その人たちはお返しができないので、あなたは幸いです。あなたは、義人の復活のときに、お返しを受けるのです。」

(1)主人が食事に招くべき人たちとは、お返しができない人たちである。

  ①貧しいひとたち

  ②からだの不自由な人たち

  ③足の不自由な人たち

  ④目の見えない人たち

(2)この原則は、神が罪人を神の国に招く時の原則と同じである。

  ①神は、無価値な者を招いておられる。

    *イエスの奉仕の特徴は、貧しい人たちを招くことであった。

  ②これによって、神は栄光をお受けになる。

  ③ルカ4:18~19

Luk 4:18
「主の御霊がわたしに宿っている。貧しい人々に福音を宣べ伝えさせるために、わたしを聖別してくださったからである。主はわたしをつかわして、囚人が解放され、盲人の目が開かれることを告げ知らせ、打ちひしがれている者に自由を得させ、

Luk 4:19 主のめぐみの年を告げ知らせるのである」。

(3)貧しい人たちを招いた主人は、義の行いをしたことになる。

  ①その主人は、義人の復活のときに、神から報いを受ける。

    *この主人は、信者である。

    *この主人の行動は、信仰から出たものである。

  ②訳文の比較

    「あなたは、義人の復活のときに、お返しを受けるのです」(新改訳2017)

    「正しい者たちが復活するとき、あなたは報われる」(新共同訳)

    「正しい人々の復活の際には、あなたは報いられるであろう」(口語訳)

  ③ここでのイエスの教えは、深遠な霊的真理を含んでいる。

Ⅳ.盛大な宴会のたとえ話(15~24節)

1.15節

Luk 14:15

イエスとともに食卓に着いていた客の一人はこれを聞いて、イエスに言った。 「神の国で食事をする人は、なんと幸いなことでしょう。」

(1)客の一人が、「神の国で食事をする人は、なんと幸いなことでしょう」と言った。

  ①彼は、イエスが神の国の宴会について教えていることを理解した。

  ②彼は、自分はその宴会の席に招かれると確信していた。

  ③神の国の宴会に招かれるのは、パリサイ人の特権であると思っていた。

(2)イエスは、この機会を捉えて、誰が神の国に入るのかについて教える。

  ①ここでも、謙遜の重要性が教えられる。

  2.16~17節

Luk 14:16
するとイエスは彼にこう言われた。「ある人が盛大な宴会を催し、大勢の人を招いた。

Luk 14:17

宴会の時刻になったのでしもべを遣わし、招いていた人たちに、『さあ、おいでください。もう用意ができましたから』と言った。

(1)このたとえ話の意味

  ①主人は、神に対応している。

    *神は、メシア的王国を準備された。

  ②しもべは、イエスに対応している。

    *御子イエスは、神の国の到来を宣言し、人々を招かれた。

  ③招かれたのは、主にユダヤ人である。

    *彼らは、「招いていた人たち」である。

  ④イエス時代、宴会の準備には時間がかかった。

    *神は、時間をかけて御国の宴会の準備をしておられた。

  3.18~20節

Luk 14:18

ところが、みな同じように断り始めた。最初の人はこう言った。『畑を買ったので、見に行かなければなりません。どうか、ご容赦ください。』

Luk 14:19
別の人はこう言った。『五くびきの牛を買ったので、それを試しに行くところです。どうか、ご容赦ください。』

Luk 14:20
また、別の人はこう言った。『結婚したので、行くことができません。』

(1)ところが、みな同じように断り始めた。

  ①断りの理由が3つ、代表例として挙げられている。

  ②これ以外にも、多くの理由が考えられる。

  ③これは、優先順位をどうするかという問題である。

(2)3つの理由

  ①「畑を買ったので、見に行かなければなりません」

    *この人は、土地の所有者となったことを誇っている。

    *この人は、共同体の中で尊敬を受けることを期待している。

  ②「五くびきの牛を買ったので、それを試しに行くところです」

    *この人は、宴会への招きよりも、新しく手に入れが牛に興味がある。

    *この2人は、買う前に十分吟味していたはずである。

    *買ってからも吟味しようとするのは、物欲に支配されているからである。

  ③「結婚したので、行くことができません」

    *この人は、宴会への招きよりも、人間関係を優先させた。

  4.21~22節

Luk 14:21

しもべは帰って来て、このことを主人に報告した。すると、家の主人は怒って、そのしもべに言った。『急いで町の大通りや路地に出て行って、貧しい人たち、からだの不自由な人たち、目の見えない人たち、足の不自由な人たちをここに連れて来なさい。』

Luk 14:22
しもべは言った。『ご主人様、お命じになったとおりにいたしました。でも、まだ席があります。』

(1)主人が怒るのは、当然のことである。

  ①主人は、恵みによる招きを与えていた。

  ②主人は、大きな犠牲を払って宴会の準備をしてきた。

  ③拒否は、主人に対する侮辱である。

  ④この招きを拒否したのは、イエス時代の宗教的指導者たちである。

(2)「急いで町の大通りや路地に出て行って、貧しい人たち、からだの不自由な人 たち、目の見えない人たち、足の不自由な人たちをここに連れて来なさい」

  ①そこで主人は、指導者たちが見下していた者たちを招くことにした。

  ②宴会の準備ができているので、急いで新たな客を招く必要があった。

  ③多くの人が招きに応答したが、まだ席に余裕があった。

  ④そこで主人は、意外な人たちまで招くことにした。

  5.23~24節

Luk 14:23

すると主人はしもべに言った。『街道や垣根のところに出て行き、無理にでも人々を連れて来て、私の家をいっぱいにしなさい。

Luk 14:24
言っておくが、あの招待されていた人たちの中で、私の食事を味わう者は一人もいません。』」

(1)当時の習慣では、客が全員揃うまで宴会は始まらない。

  ①そこで主人は、しもべを町の外まで遣わすことにした。

  ②「街道や垣根のところ」にいる人たちとは、異邦人である。

    *彼らは、町から遠く離れた所にいる。

    *彼らは、契約から遠く離れた人たちである。

  ③「無理にでも人々を連れて来て、私の家をいっぱいにしなさい」

    *意志に反してという意味ではなく、熱心に招くことである。

(2)「あの招待されていた人たちの中で、私の食事を味わう者は一人もいません」

  ①最初から招かれていた人たちは、不信仰のゆえに、神の国から除外される。

  ②それとは対照的に、契約の外にいた異邦人が招かれる。

  ③異邦人の救いは、ルカの福音書と使徒の働きを貫くテーマである。

結論

1.客を招くときの教訓が教える霊的真理

(1)お返しができない人たちを招くべきである。

(2)霊的真理

  ①その原則を実行する人は、信者である。

  ②彼の行為は、信仰から出たものである。

  ③彼には復活が約束されている。

  ④それが成就するのは、携挙が起こったときである。

  ⑤彼は、神からの報いを受ける。

  ⑥キリストの御座の裁きにおいて、それが起こる(1コリ3:12~15)。

2.現代版「盛大な宴会のたとえ話」

(1)山田さんは、新築祝いを計画した。

  ①上司A、同僚B、部下Cを招いた。

  ②妻は、3日間かけて食事の準備をした。

(2)祝いの当日、彼らに声をかけた。

  ①上司Aは、高層マンションを買ったので見に行かなければならないという。

  ②同僚Bは、大口の契約を結んだので、内容を確認する必要があるという。

  ③部下Cは、新婚なので妻と時間を過ごしたいという。

(3)その知らせを聞いて、妻は激怒した。

  ①上司Aは、物欲に支配されている。

  ②同僚Bは、ビジネスを優先させている。

  ③部下Cは、人間関係を優先させている。

(4)妻は、新たに客を招くことにした。

  ①ご近所の人たちを招く。

  ②さらに、ホームレスの人たちを招く。

(5)今も、多くの人たちがイエスの招きを断っている。

  ①物欲、仕事、人間関係

  ②これは、救いを用意してくださった神への侮辱である。

(6)現代版のたとえ話には、重大な欠陥がある。

  ①神の国の宴会への招きと、新築祝いへの招きは、大いに異なる。

週間アクセスランキング

1

ティム・シグラー博士夫妻の証

2

コリント人への手紙第一(13)結婚に関する教え(2)―結婚に関する基本原則―7:17~24

3

コリント人への手紙第一(12)結婚に関する教え(1)―既婚者への助言―7:1~16

4

コリント人への手紙第一(14)結婚に関する教え(3)―未婚の者たちへの助言―7:25~40

5

イスラエル旅2023#051中川牧師とめぐる旅:【ピリポ・カイサリア】十字架の預言の地

6

ヨハネの黙示録(13)—144,000人のユダヤ人—

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.