ルカの福音書(69)食卓での諸々の教え(1)14:1~11

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

食卓での諸々の教え(1)について学ぶ。

ルカの福音書 69回

食卓での諸々の教え(1)

14:1~11

1.はじめに

(1)文脈の確認

  ①ルカは、エルサレムへの旅という枠組みの中に、種々の教えを配置している。

  ②ルカ13:18から、中心テーマが「神の国」に変わった。

  ③神の国とは、メシア的王国(千年王国)のことである。

(2)ルカ13:18~14:35の内容

  ①神の国のたとえ話(13:18~21)

  ②神の国への入国(13:22~30)

  ③神の国の延期(13:31~35)

  ④食卓での諸々の教え(14:1~24)

    *水腫の人の癒やし(1~6節)

    *結婚の披露宴のたとえ話(7~11節)

    *客を招くときの教訓(12~14節)

    *盛大な宴会のたとえ話(15~24節)

  ⑤弟子の代価(14:25~35)

(3)注目すべき点

  ①4つの教えは、パリサイ人の家での食卓でイエスが語ったものである。

  ②直前の文脈を見ると、イエスはエルサレムの崩壊を予告された(13:35)。

Luk 13:35
見よ、おまえたちの家は見捨てられる。わたしはおまえたちに言う。おまえたちが/『祝福あれ、主の御名によって来られる方に』/と言う時が来るまで、決しておまえたちがわたしを見ることはない。」

  ③ここでは、その原因がリーダーたちにあることが明らかになる。

2.アウトライン

(1)水腫の人の癒やし(1~6節)

(2)結婚の披露宴のたとえ話(7~11節)

3.結論

(1)キリストの模範

(2)個人的適用

食卓での諸々の教え(1)について学ぶ。

Ⅰ.水腫の人の癒やし(1~6節)

1.1節

Luk 14:1

ある安息日のこと、イエスは食事をするために、パリサイ派のある指導者の家に入られた。そのとき人々はじっとイエスを見つめていた。

(1)ここでルカは、バランスを取っている。

  ①ルカ13:10~17は、腰の曲がった女の癒やしの記事であった。

  ②この箇所は、水腫の男の癒やしの記事である。

(2)イエスは、パリサイ派のある指導者の家で食卓に着いた。

  ①パリサイ派のある指導者とは、サンヘドリンの議員であろう。

  ②この人物がイエスに好意的であったわけではない。

  ③パリサイ人たちは、イエスに激しい敵意を抱いていた(11:53~54)。

  ④彼らは、イエスを逮捕する機会を狙って、じっとイエスを見つめていた。

    *「目を皿のようにして」(リビングバイブル)

(3)イエスが食事に招かれたのは、安息日であった。

  ①イエスとパリサイ人たちの間には、安息日をめぐる解釈の違いがあった。

  ②これまでに、イエスは何度も安息日の規定を破ってきた。

  ③彼らは、イエスが律法に違反するように、罠を仕掛けたのである。

  ④食卓をともにするのは友情のしるしであるが、ここにあるのは偽善である。

2.2節

Luk 14:2
見よ、イエスの前には、水腫をわずらっている人がいた。

(1)水腫をわずらっている人は、意図的にそこに置かれたのであろう。

  ①これは、イエスを逮捕するための罠である。

  ②水腫をわずらっている人は、イエスの前にいた。

(2)「水腫」

  ①からだに余分な体液がたまっている状態である。

  ②心臓や腎臓などの機能障害が原因となって起こる症状である。

  ③ラビたちは、水腫の原因は、不道徳にあると考えていた。

3.3~4節

Luk 14:3

イエスは、律法の専門家たちやパリサイ人たちに対して、 「安息日に癒やすのは律法にかなっているでしょうか、いないでしょうか」と言われた。

Luk 14:4
彼らは黙っていた。それで、イエスはその人を抱いて癒やし、帰された。

(1)ここではイエスから先に動いた。

  ①パリサイ人たちは、防御する側に立たされた。

  ②イエスは、モーセの律法の解釈について質問した。

    「安息日に癒やすのは律法にかなっているでしょうか、いないでしょうか」

(2)パリサイ人たちは、黙っていた。

  ①そこでイエスは、その人を癒やした。

    *翌日まで待たないで、安息日に癒やした。

  ②抱いて癒やした。

    *心の癒やしが伴っていた。

  ③その人を帰された。

    *本人を論争の現場から遠ざけることで、議論に集中できる環境を作った。

4.5~6節

Luk 14:5

それから、彼らに言われた。「自分の息子や牛が井戸に落ちたのに、安息日だからといって、すぐに引き上げてやらない者が、あなたがたのうちにいるでしょうか。」

Luk 14:6
彼らはこれに答えることができなかった。

(1)イエスは、旧約聖書や口伝律法に言及する。

  ①自分の息子や牛が井戸に落ちた場合、安息日であってもすぐに引き上げてやる。

  ②イエスは、水腫の人はイエスの所有物であることを示唆している。

  ③イエスは、天地の創造主であり、所有者である。

(2)パリサイ人たちは、これに答えることができなかった。

  ①イエスの論理は、論駁不可能なものである。

  ②彼らは、イエスが人のいのちを優先させていることを知っていた。

(3)この出来事は、次に続く教えを語るための舞台設定となっている。

  ①イエスは、権威あるお方として神の国についての教えを語る。

Ⅱ.結婚の披露宴のたとえ話(7~11節)

1.7節

Luk 14:7
イエスは、客として招かれた人たちが上座を選んでいる様子に気がついて、彼らにたとえを話された。

(1)イエスは、招かれた人たちに対して、謙遜の重要性について教える。

  ①ルカはこの教えを、「たとえ」と表現している。

  ②この話は、人間関係における謙遜を教えているだけではない。

  ③この話は、神との関係における謙遜も教えている。

  ④これは、パリサイ人たちのプライドを矯正するための教えである。

(2)当時の正式な食卓での習慣

  ①U字型の食卓の周りで、左肘をついて、横になった状態で食事をする。

  ②主人に近い席ほど、より栄誉ある席である。

  ③彼らは、自分が重要な人物であることを示すために、上席を選んでいた。

2.8~9節

Luk 14:8
「結婚の披露宴に招かれたときには、上座に座ってはいけません。あなたより身分の高い人が招かれているかもしれません。

Luk 14:9

あなたやその人を招いた人が来て、『この人に席を譲ってください』と言うことになります。そのときあなたは恥をかいて、末席に着くことになります。

(1)「招かれた」がキーワードである。

  ①動詞は「カレオウ」である。

  ②8(2回)、9、10(2回)、12(2回)、13、16、17、24節

(2)パリサイ人がイエスを招いた食卓は、結婚の披露宴ではない。

  ①しかし、たとえ話の中の宴会は、結婚の披露宴である。

    *イエスは、メシア的王国の始まりに開かれる宴会を想定しておられる。

    *その宴会とは、子羊と教会の結婚の披露宴である。

  ②ユダヤ人たちは、日常生活の中で経験することから霊的教訓を学ぶべきである。

  ③もし披露宴で、上席を選ぶなら、後で恥をかくことになる。

    *これは誰もが経験していることである。

(3)霊的教訓

  ①神の国で最も重要な資質の1つが、謙遜である。

  ②人は自分で上席を選ぶことはできない。

  ③それゆえ、自らへりくだることを学ぶべきである。

  ④高い地位を求めるのではなく、イエスの弟子となることを求めるべきである。

  ⑤自らを低くするなら、神が高く上げてくださる。

3.10~11節

Luk 14:10

招かれたなら、末席に行って座りなさい。そうすると、あなたを招いた人が来て、『友よ、もっと上席にお進みください』と言うでしょう。そのとき、ともに座っている皆の前で、あなたは誉れを得ることになります。

Luk 14:11
なぜなら、だれでも自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされるからです。」

(1)末席に座る理由

  ①自分は主人ではなく、招かれた客人である。

  ②「あなたを招いた人」とは、神への言及である。

  ③神は自らを低くする人を、高く上げてくださる。

  ④その人は、皆の前で誉れを得ることになる。

  ⑤神の国における地位は、自力で獲得するのではなく、神によって与えられる。

(2)「だれでも自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされる」

  ①自分を高くする者は、恥を見る。

  ②謙遜な者は、高くされる。

  ③この原則は、今の世においても、メシア的王国において有効である。

  ④謙遜になるとは、イエスの弟子として歩むことである。

結論

1.キリストの模範

(1)ピリ2:5~9

Php 2:5
キリスト・イエスのうちにあるこの思いを、あなたがたの間でも抱きなさい。

Php 2:6
キリストは、神の御姿であられるのに、/神としてのあり方を捨てられないとは考えず、

Php 2:7
ご自分を空しくして、しもべの姿をとり、/人間と同じようになられました。/人としての姿をもって現れ、

Php 2:8
自らを低くして、死にまで、/それも十字架の死にまで従われました。

Php 2:9
それゆえ神は、この方を高く上げて、/すべての名にまさる名を与えられました。

  ①キリストは低くなられた。

  ②神はキリストを高く上げた。

(2)ピリピ教会の人間関係の問題は、キリストの模範に倣うことによって解決する。

  ①この原則は、今も有効である。

2.個人的適用

(1)ルカ13:30

Luk 13:30
いいですか、後にいる者が先になり、先にいる者が後になるのです。」

(2)現代人も、宴会で上席を求める人のようにあくせく働いている。

  ①地位や収入

  ②衣食住

  ③有名人との交友関係

(3)むしろ、私たちが求めるべきは、奉仕の場である。

  ①キリストの弟子となること

  ②隣人愛の実践

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第一(29)復活(3)―からだの復活―15:35~49

2

出エジプト記(46)—金の子牛事件(3)—

3

コリント人への手紙第一(28)復活(2)―死者の復活―15:12~34

4

Q400 ダビデとバテ・シェバの子はなぜ死んだのか。

5

ヨハネの福音書(11)第3のしるしヨハ5:1~18

6

60分でわかる旧約聖書(22)雅歌

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.