Q326 祈りは誰に向かってすべきですか。

  • 2022.11.15
  • スピーカー 中川健一
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

326 祈りは誰に向かってすべきですか。

Q:私は、聖書の神は三位一体の神であることを信じています。ところで、祈りは、父、子、聖霊のどなたに向かって献げたらよいのですか。混乱していますので、教えてください。

A:はじめに

 まず 三位一体を定義しておきます。神は唯一でありながら、父、子、聖霊という3つの位格において存在しておられます。では、いつものように3つ申し上げます。

1番目に、父、子、聖霊はすべて神ですので、どなたに祈っても、間違いとは言えません。

(1)父に祈るとき、私たちは神に祈っているのです。

(2)子と聖霊に関しても、同じことが言えます。

2番目に、聖書に出てくる祈りの標準的な形は、父なる神に対するものです。

(1)祈りは、父なる神に献げるものです。

(2)祈りは、子なる神の御名によって献げるものです。

(3)祈りは、聖霊の導きによって献げるものです。

(4)「We pray to the Father through the Son by the Holy Spirit.」

(5)聖書的祈りは、三位一体の神との関係で献げるものです。

3番目に、祈りは礼拝そのものです。

(1)礼拝とは、神の主権を認め、そのお方に栄光を帰すことです。

(2)祈りには、賛美、感謝、懇願などが含まれます。

(3)誰に対して祈るべきでないかを知ることは、重要なことです。

(4)マリアや聖人に対する祈りは、神以外のものを礼拝することです。

(5)偶像や先祖に対する祈りも、神以外のものを礼拝することです。

(6)真の神に向けられた真実な祈りには、力があります。

(7)神は、私たちの祈りを聞いてくださいます。

参考になる聖句

「同じように御霊も、弱い私たちを助けてくださいます。私たちは、何をどう祈ったらよいか分からないのですが、御霊ご自身が、ことばにならないうめきをもって、とりなしてくださるのです」(ロマ8:26)

祈りは、父なる神に向かい、子なる神を通して、御霊に導かれて献げるものです。

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第一(26)御霊の賜物(6)―正しい賜物の行使―14:26~40

2

イスラエル旅2023#062中川牧師とめぐる旅:【エイン・フェシュカ】千年王国の予兆

3

コリント人への手紙第一(25)御霊の賜物(5)―異言よりも預言―14:1~25

4

コリント人への手紙第一(20)聖餐式11:17~34

5

Q397 イスラエルはジェノサイド国家ですか。

6

Q396 神学編 字義どおりの解釈とは。

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.