ルカの福音書(21)ツァラアト患者の癒し5:12~16

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

ツァラアト患者の癒しについて学ぶ。

ルカの福音書 21回

ツァラアト患者の癒し

ルカ5:12~16

1.はじめに

(1)文脈の確認

  ①イエスはカペナウムに下り、そこを宣教の拠点とした。

  ②イエスの権威は、悪霊の追い出しと病の癒しによって証明された。

  ③イエスは、最初の弟子たちを招かれた。

  ④イエスの権威は、弟子たちが確信したとおりのものであった。

    *ツァラアト患者の癒し(汚れを清める権威)

    *中風の人の癒し(罪を赦す権威)

  ⑤これ以降、宗教的指導者層との対立が激しくなる。

(2)ギリシア語の「レプラ」の意味

  ①英語では、「leprosy」である。

  ②かつては、「らい病」と訳されていた。

  ③これらの用語は、医学的には、「ハンセン氏病」と呼ばれるものである。

  ④しかし、当時のパレスチナには、この病気はなかった。

    *これは、慢性の皮膚病だろう。乾癬(かんせん)がその例である。

    *織物、編物、皮製品に関する言及もある(レビ13章)。

    *家の壁に関する言及もある(レビ14章)。

  ⑤反省に立った新しい訳語

    *「重い皮膚病」(新共同訳)

    *「ツァラアト」(新改訳2017)

2.アウトライン

(1)ツァラアト患者の懇願(12節)

(2)イエスの応答(13節)

(3)癒しの結果(14~16節)

3.結論:メシア時代の到来

ツァラアト患者の癒しについて学ぶ。

Ⅰ.ツァラアト患者の懇願

  1.12節a

Luk 5:12a
さて、イエスがある町におられたとき、見よ、全身ツァラアトに冒された人がいた。

(1)文脈上、これはガリラヤのある町である。

  ①その町で、メシアがガリラヤに現われたことを証明する奇跡が起こった。

(2)ルカの医者としての視点が表われている。

  ①「全身ツァラアトに冒された人」(新改訳2017)

  ②「全身重い皮膚病にかかった人」(新共同訳)

  ③彼は、間違いなくツァラアト患者である。

(3)この人は、ユダヤ人のツァラアト患者である。

  ①癒された後、モーセの律法の定めに従っていけにえを献げる義務がある。

  ②後で見るが、ユダヤ人のツァラアト患者が癒されるのは、これが初めてである。

(4)レビ記13~14章にツァラアトに関する規定がある(合計116節)

Lev 13:2
「ある人のからだの皮膚に腫れもの、あるいはかさぶた、あるいは斑点ができて、からだの皮膚にツァラアトに冒された患部が現れたときは、彼を祭司アロンのところか、アロンの子らで祭司の一人のところに連れて来なければならない。

Lev 13:3
祭司は、そのからだの皮膚の患部を調べる。その患部の毛が白く変わり、患部がそのからだの皮膚よりも深いところに見えているなら、それはツァラアトに冒された患部である。祭司はそれを調べ、彼を汚れていると宣言する。

  ①ツァラアトの判定を下すのは、祭司である。

  ②ツァラアト患者は、儀式的に汚れている状態にある。

  ③幕屋や神殿に入ることができない。霊的祝福を受ける機会が奪われた。

  ④ツァラアト患者に触れた人は、汚れた状態になる。

  ⑤ラビの中には、ツァラアトは罪の結果であると強く主張する者もいた。

  ⑥キリスト教会もまた、長年、似たような過ちを犯してきた。

(5)聖書には、なぜツァラアトに関する規定がよく出てくるのか。

  ①衛生概念が未発達なので、皮膚病患者は多くいた。

  ②皮膚病は治療困難な病だったので、患者との接触を制限する必要があった。

  ③ツァラアトと罪の間には、相関関係はない。

  ④しかし、神の聖さを教えるために、ツァラアトは視覚教材として用いられた。

    *罪は内部深くに潜み、すぐに伝染する。

(6)レビ13:45には、ツァラアト患者に対する命令が記されている。

Lev 13:45 患部があるツァラアトに冒された者は自分の衣服を引き裂き、髪の毛を乱し、口ひげをおおって、『汚れている、汚れている』と叫ぶ。

  ①ツァラアトの判定を受けた者は、悲惨な状態に直面する。

  ②その者は、自分の衣服を引き裂く。

  ③家族や共同体を離れて、隔離された地区に住むようになる。

  ④髪の毛を乱し、目から下の顔の部分を覆う。

  ⑤歩く時は、「汚れている、汚れている」と叫ぶ。

  ⑥以上の命令の目的は、ツァラアトの伝染を防ぐためである。

  ⑦微生物や細菌に関する知識がない時代の規定としては、驚くべきものである。

  2.12節b

Luk 5:12b
 その人はイエスを見ると、ひれ伏してお願いした。「主よ、お心一つで私をきよくすることがおできになります。」

    
(1)その人は、「ひれ伏してお願いした」。

  ①この動作は、旧約的なものである。

  ②神に祈りを捧げる時の姿勢である。

  ③シモン・ペテロも舟の中で同じ姿勢を取った(ルカ5:8)。

  ④彼はすでに、モーセの律法の垣根を越えている。

(2)その人は、「主よ」と言った。

  ①これは、キュリオス(キュリエ)という呼びかけである。

  ②シモンも舟の中で同じ呼びかけをした(ルカ5:8)。

  ③シモンはイエスから離れ、ツァラアト患者はイエスに近づく。

  ④ともに、メシアである方への健全な応答である。

(3)訳語の比較

    「主よ、お心一つで、私をきよくすることがおできになります」(新改訳2017)

    「主よ、御心ならば、わたしを清くすることがおできになります」(新共同訳)

    「主よ、みこころでしたら、きよめていただけるのですが」(口語訳)

    「主よ、御意ならば、我を潔くなし給ふを得ん」(文語訳)

(4)彼は、イエスにはツァラアトを癒す力があると信じていた。

  ①「主よ」という呼びかけの言葉が、それを示している。

  ②しかし、イエスが、実際にそうしてくださるかどうか確信がなかった。

  ③隔離生活を強いられていたので、自分の価値を見失っていたのであろう。

  ④自分には、癒しの恵みを受ける資格はないと思っていた。

Ⅱ.イエスの応答(13節)

  1.13節

Luk 5:13
イエスは手を伸ばして彼にさわり、「わたしの心だ。きよくなれ」と言われた。すると、すぐにツァラアトが消えた。

(1)イエスの憐み

  ①イエスは、ことばを発するだけで癒しを行えた。

  ②しかし、手を伸ばして、彼にさわった。

  ③ペテロの姑の癒しの場合も、「手を取って起こされた」とある(マコ1:31)。

  ④モーセの律法は、ツァラアト患者に触れると汚れると教えていた。

  ⑤この場合は、イエスの清さが伝染し、汚れを追い出したのである。

  ⑥イエスは、「わたしの心だ」と言われた。

(2)「きよくなれ」は、ギリシア語で一言「καθαρίσθητι」。

  ①英語では、「Be thou made clean」である。

  ②受動態の命令形である。

  ③彼は、即座に癒された。

    *悪霊の追い出しは、即座に起こった。

    *シモンの姑の熱病は、即座に癒された。

  ④魂と肉体が同時に癒された。

    *ツァラアトの宣告を受けてから、他人から触れられたことがなかった。

  ⑤イエスのことばと行動によって、彼は全人的に癒された。

Ⅲ.癒しの結果(14~16節)

  1.14節

Luk 5:14

イエスは彼にこう命じられた。「だれにも話してはいけない。ただ行って、自分を祭司に見せなさい。そして、人々への証しのため、モーセが命じたように、あなたのきよめのささげ物をしなさい。」

(1)イエスは、「だれにも話してはいけない」と言われた。

  ①群衆が、押し寄せて来ないように。

  ②イエスのメッセージが、正しく理解されるように(政治的メシア像の危険性)。

  ③もし話せば、彼はエルサレムに到達することができないであろう。

  ④証言する前に、祭司から清めの宣言を受ける必要があった。

(2)イエスは、モーセの律法に従ってきよめのささげ物をするように命じた。

  ①レビ記13~14章は、ツァラアトが癒された場合の清めの手順を記録している。

    *2羽の生きているきよい小鳥を取り、1羽をほふる。

    *生きている小鳥を血に浸し、それから野に放す。

    *小鳥の血を癒された人に、7度振りかける。

    *7日間の厳しい観察の期間が続く。

    *その後、癒されたと宣言される。

    *8日目に、4種類のささげ物を献げる。

    *罪過のためのいけにえの血を取り、それをきよめられる者に塗る。

      ・右の耳たぶ、右手の親指、右足の親指

    *同じ場所に、オリーブ油を塗る。

    *その後、ユダヤ人社会に復帰することができる。

(3)「人々への証しのため、」

  ①人々とは、原文では「彼ら」である。先行詞が存在しない。

  ②「彼ら」とは、宗教的指導者たちである。

  ③ツァラアト患者の癒しは、彼らに対する「しるし」であった。

  2.15~16節

Luk 5:15
しかし、イエスのうわさはますます広まり、大勢の群衆が話を聞くために、また病気を癒やしてもらうために集まって来た。

Luk 5:16
だが、イエスご自身は寂しいところに退いて祈っておられた。

(1)イエスの意図通りにはならなかった。

  ①癒された人は、言い広めた(マコ1:45)。

    *ルカはそれを書いていない。

    *イエスの権威がここでの強調点である。

  ②癒された人がエルサレムに上ったかどうかは、分からない。

(2)イエスのうわさが広まり、大勢の群衆が集まって来た。

  ①イエスの話を聞くため

  ②病気を癒してもらうため

(3)イエスは、荒野に退いて祈っておられた。

  ①これは、イエスの日常の習慣であった。

  ②民衆に受け入れられるかどうかは、重要なことではなかった。

  ③父なる神の承認を受けることのほうが重要である。

結論:メシア時代の到来

  1.メシア的王国の預言

(1)国家的に危機に際して、預言者たちはメシア的王国を預言した。

(2)バビロン捕囚以降も、同じである。

(3)マラキ以降、メシア待望の時代になる。

(4)バプテスマのヨハネが登場した。

(5)そして今、民族的期待が成就した。

  2.メシア到来の証拠

(1)これは、ユダヤ人のツァラアト患者が癒された最初の例である。

  ①祭司たちは、このために「きよめのささげ物」を献げたことがなかった。

(2)旧約聖書では、2名のツァラアト患者が癒されている。

  ①ミリアムの例(民12:10)

    *この癒しは、モーセの律法が完結する前の出来事である。

  ②ナアマン将軍の例(2列5:14)

    *ナアマンは、シリア人であった。

(3)当時のユダヤ教は、奇跡を「一般的な奇跡」と「メシア的奇跡」に区分していた。

  ①ツァラアトの癒しは、メシア的奇跡である。

  ②祭司たちは、それを理解した。

  ③一般民衆も、それを理解した。

  ④メシア的奇跡の場合は、通常の反応とは異なる反応が返ってくる。

(4)ユダヤ人たちが待ち望んでいたメシアが到来した。

  ①しかし彼らは、態度を保留した。

  ②イエスに対する態度を保留するのは、残念なことである。

  ③今は、恵みの時代である。

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第一(21)御霊の賜物(1)―御霊による信仰告白―12:1~3

2

コリント人への手紙第一(20)聖餐式11:17~34

3

イスラエル旅2023#058中川牧師とめぐる旅:【クムラン】死海写本発掘の地

4

イスラエル旅2023#057中川牧師とめぐる旅:【ベテ・シャン】 放蕩息子が住んだ町

5

Q392 神学編 解釈学とは

6

Q391 女のかぶり物

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.