ルカの福音書(22)中風の人の癒し5:17~26

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

ユダヤ的視点から、中風の人の癒しについて学ぶ。

ルカの福音書 22回

中風の人の

癒し

ルカ5:17~26

1.はじめに

(1)文脈の確認

  ①イエスはカペナウムに下り、そこを宣教の拠点とした。

  ②イエスの権威がさまざまな形で証明された。

    *悪霊の追い出し(悪霊を制する権威)

    *熱病の癒し(病を癒す権威)

    *ツァラアト患者の癒し(汚れを清める権威)

  ③今回のテーマは、中風の人の癒し(罪を赦す権威)である。

(2)ルカの意図

  ①癒し自体は、第二義的意味しか持っていない。

  ②罪を赦す権威が、第一義的意味である。

  ③罪を赦すことができるのは、神だけである。

  ④イエスは、自らが神であることを宣言された。

2.アウトライン

(1)観察の段階(17節)

(2)中風の人の登場(18~19節)

(3)イエスの神性宣言(20~21節)

(4)イエスの権威の証明(22~26節)

3.結論

(1)信仰の力

(2)罪と病の関係

(3)ルカの執筆目的

ユダヤ的視点から、中風の人の癒しについて学ぶ。

Ⅰ.観察の段階(17節)

  1.17節a

Luk 5:17a

ある日のこと、イエスが教えておられると、パリサイ人たちと律法の教師たちが、そこに座っていた。彼らはガリラヤとユダヤのすべての村やエルサレムから来ていた。

    
(1)メシア運動の評価のプロセス(3段階)

  ①観察の段階

    *メシア運動が起こった場合は、本物かどうかを吟味するプロセスが始まる。

    *サンヘドリンが審問団を派遣して、吟味の作業を実施する。

    *第1段階では、沈黙して目の前に起こっていることがらを観察する。

    *メシア運動ではないと判断した場合は、ここで終わる。

  ②審問の段階

    *本物のメシア運動である可能性があると判断した場合は、第2段階に進む。

    *第2段階では、ありとあらゆる角度から質問を投げかける。

  ③評価の段階

    *最後に、それが本物のメシア運動であるかどうかを宣言する。

(2)イエスが教えておられる場所に、宗教的指導者たちがいた。

  ①パリサイ人たちと律法の教師たち(律法学者)

    *パリサイ人とは、口伝律法を擁護する政党である。

    *律法学者の多くがパリサイ人であるが、全員がそうというわけではない。

  ②彼らは、「ガリラヤとユダヤとのすべての村々」と「エルサレム」から来ていた。

  ③メシア運動の「観察の段階」が始まっていた。

(3)イエスがいる場所は、ペテロの家である。

  ①この家は、緊張感で満ちていたことであろう。

  2.17節b

Luk 5:17b
 イエスは主の御力によって、病気を治しておられた。

(1)「キュリオスから来る癒しの力」である。

  ①父なる神が、聖霊を通して癒しを行われる。

  ②イエスは、ナザレの会堂で、イザ61:1を朗読された(ルカ4:18~19)。

Luk 4:18
「主の霊がわたしの上にある。/貧しい人に良い知らせを伝えるため、/主はわたしに油を注ぎ、/わたしを遣わされた。/捕らわれ人には解放を、/目の見えない人には目の開かれることを告げ、/虐げられている人を自由の身とし、

Luk 4:19 主の恵みの年を告げるために。」

  ③イエスは、受肉に際して神としての特権を放棄された。

  ④人間イエスが聖霊に依存されたことは、私たちへの教訓となる。

Ⅱ.中風の人の登場(18~19節)

  1.18節

Luk 5:18

すると見よ。男たちが、中風をわずらっている人を床に載せて運んで来た。そして家の中に運び込み、イエスの前に置こうとした。

(1)その家は、人で一杯であった。

  ①この地方で発掘された家のサイズは、最大でも一辺が3間(5.4メートル)。

  ②面積は、9坪(18畳)。立った状態で、50人位が最大の収容人数であろう。

(2)中風の人を運んできたのは、4人の男であった(マコ2:2~3)。

  ①脳溢血の後遺症で、体の一部、あるいは、全部を動かすことができない状態。

  ②この4人は、家族か、友人であろう。

  2.19節

Luk 5:19

しかし、大勢の人のために病人を運び込む方法が見つからなかったので、屋上に上って瓦をはがし、そこから彼の寝床を、人々の真ん中、イエスの前につり降ろした。

(1)余りにも混雑しているので、イエスに近づくことができなかった。

  ①普通なら諦めて帰る状況である。

  ②彼らは、屋上に上って瓦をはがした。

  ③そこから彼の寝床を、人々の真ん中、イエスの前につり降ろした。

(2)この地方の家の構造

  ①平屋建てで、屋上に人が乗っても平気なくらいに頑丈であった。

  ②屋上の構造

    *梁を渡し、その上にいかだ状の木枠を乗せる。

    *さらに、木の枝や、木の葉で覆う。

    *最後に、藁を混ぜた粘土を乗せ、それを平らに延ばす。

    *乾燥すると、強固な屋上になった。

  ③外壁に階段が取り付けられおり、そこから屋上に上ることができた。

  ④ルカの福音書では、「瓦をはがし」となっている。

    *これはタイルのことである。

    *当時、異邦人の建築様式の影響を受けた家があった。

Ⅲ.イエスの神性宣言(20~21節)

  
1.20節

Luk 5:20
イエスは彼らの信仰を見て、「友よ、あなたの罪は赦された」と言われた。

(1)マタイとマルコでは、「子よ」という呼びかけになっている。

  ①イエスの親愛な態度が表現されている。

  ②イエスは、まず罪の赦しを宣言された。

    *この順番が重要である。

    *パリサイ人や律法学者の観察の目を意識してのことである。

  ③イエスは、ご自分には罪を赦す権威があることを示された。

  ④後に、そのことを肉体的な癒しを行うことによって証明される。

2.21節

Luk 5:21

ところが、律法学者たち、パリサイ人たちはあれこれ考え始めた。「神への冒涜を口にするこの人は、いったい何者だ。神おひとりのほかに、だれが罪を赦すことができるだろうか。」

(1)彼らはまだ発言することを許されていない。

  ①今は観察の段階にいるので、心の中であれこれ考えるだけである。

(2)彼らの神学は正しい。

  ①神のほかに、罪を赦すことのできる者はいない。

  ②罪の赦しを宣言するのは、神への冒涜である。

  ③しかし彼らは、イエスは神であるという結論を出そうとはしなかった。

Ⅳ.イエスの権威の証明(22~26節)

  1.22~23節

Luk 5:22
イエスは彼らがあれこれ考えているのを見抜いて言われた。「あなたがたは心の中で何を考えているのか。

Luk 5:23
『あなたの罪は赦された』と言うのと、『起きて歩け』と言うのと、どちらが易しいか。

(1)イエスは、彼らの心の中を見抜いておられた。

  ①彼らの心は、イエスに対する怒りで煮えくり返っていた。

(2)ラビ的教授法:質問には質問で。

  ①生徒に考えさせ、自分で正しい結論を導き出せるように指導する。

  ②「あなたの罪は赦された」と「起きて歩け」。どちらが易しいか。

    *「あなたの罪は赦された」と言うほうが簡単である。言えばそれで終わり。

    *「起きて歩け」と言うほうが難しい。結果が伴う必要がある。

  2.24節

Luk 5:24

しかし、人の子が地上で罪を赦す権威を持っていることを、あなたがたが知るために──。」そう言って、中風の人に言われた。「あなたに言う。起きなさい。寝床を担いで、家に帰りなさい。」

(1)「人の子」とはメシアの称号である(ダニ7:13~14)。

  ①ルカの福音書では、この称号は初めて登場する。

  ②ルカの福音書と使徒の働きで、合計26回登場する。

  ③すべてイエスの自称である。使7:56(ステパノのメッセージ)は例外。

(2)ラビ的教授法:Kal Vahomer (Light and heavy) (カル・バ・ホメル)

  ①「軽いものから重いものへ」という意味

  ②より難しいことを行うことによって、易しいことを証明する。

  ③イエスの基準

    *「軽いもの」とは、肉体の癒し。

    *「重いもの」とは、罪の赦し。

  ④彼らの基準

    *「軽いもの」とは、罪の赦し。

    *「重いもの」とは、肉体の癒し。

(3)イエスは、「寝床をたたんで、家に帰りなさい」と命じた。

  ①より重いことを命じ、罪の赦しが本当であることを証明しようとされた。

3.25~26節

Luk 5:25
すると彼はすぐに人々の前で立ち上がり、寝ていた床を担ぎ、神をあがめながら自分の家に帰って行った。

Luk 5:26
人々はみな非常に驚き、神をあがめた。また、恐れに満たされて言った。「私たちは今日、驚くべきことを見た。」

(1)中風の人は、信仰によって応答し、すぐに立ち上がった。

  ①床に寝かされていた人が、床を担いで、神をあがめながら家に帰って行った。

  ②そこにいた人々も、神をあがめた。

(2)イスラエルは、イエスをメシアとして受け入れるかどうかの岐路に立たされた。

  ①審問団は、エルサレムに戻り、イエスの主張は吟味に値すると報告した。

  ②この時点から、第2の段階(審問の段階)に入って行く。

  ③イエスは常にパリサイ人たちの監視下に置かれるようになる。

  ④彼らは常に、イエスに論争を挑むようになる。

結論

  1.信仰の力

(1)イエスは「彼らの信仰」をご覧になった。

  ①彼らの中には、中風の人も含まれている。

  ②4人の男たちは、イエスは病を癒すことができると信じた。

  ③中風の人も、イエスを信じた。

    *彼自身に信仰がなければ、罪の赦しの宣言はあり得ない。

(2)イエスは、まず罪の赦しを宣言された。

  ①この順番が重要である。

  ②パリサイ人や律法学者の観察の目を意識してのことである。

  ③イエスは、ご自分には罪を赦す権威があることを示された。

  ④次に、そのことを肉体的な癒しを行うことによって証明された。

  2.罪と病の関係

(1)すべての病の原因は、究極的には罪である。

  ①イエスは、病の原因に手を置かれた。

  ②罪責感が原因となっている病がある。

(2)罪の赦しは、究極的には癒しをもたらす。

  ①すぐに癒される場合がある。

  ②そうでない場合もある。

  ③罪の赦しによる癒しは、終末論的概念である。

  3.ルカの執筆目的

(1)ルカの執筆目的の1つは、「神をあがめる」ことである。

(2)ルカの強調点は、「今日」である。

  ①ルカ4:21

Luk 4:21
イエスは人々に向かって話し始められた。「あなたがたが耳にしたとおり、今日、この聖書のことばが実現しました。」

  ②ルカ5:26

Luk 5:26
人々はみな非常に驚き、神をあがめた。また、恐れに満たされて言った。「私たちは今日、驚くべきことを見た。」

  ③メシア到来の時は、「今日」である。

  ④イエスの権威が現われ、人々はそれを認めた。

  ⑤ルカは、読者も同じことをするように勧めている。

週間アクセスランキング

1

ルカの福音書(36)イエスに仕える女たち8:1~3

2

パートⅡ.旧約時代10章 カナン定住と士師記の時代

3

ルカの福音書(35)罪深い女による油注ぎ7:36~50

4

Q305どうしたら習慣的な罪から解放されますか。

5

60分でわかる旧約聖書(22)雅歌

6

使徒の働き(29)―エチオピア人の宦官の救い―

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.