申命記(55)モーセの歌(2)32:19~43

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

モーセの歌について学ぶ。

申命記 55回

「モーセの歌(2)」

申32:19~43

(朗読 申32:19~33)

1.はじめに

  (1)4つの説教が終わると、リーダーシップの移行がテーマとなる(31~34章)。

    ①モーセからヨシュアへ(31:1~29)

    ②モーセの歌(31:30~32:43)

    ③モーセの死の予告(32:44~52)

    ④モーセの祝福のことば(33章)

    ⑤モーセの死(34章)

    (2)モーセの歌の文脈

①申31:30

Deu 31:30 モーセはイスラエルの集会全体に聞こえるように、次の歌のことばを終わりまで唱えた。

      ②新しい世代のイスラエルは、モアブの野でシナイ契約を更新した。

      ③モーセはこの歌を民に教え、契約更新の際に歌わせた。

    (3)モーセの歌には預言的要素がある。

      ①この歌は、【主】が真実なお方であることを証言している。

      ②イスラエルの民は、背信の民となる。

      ③【主】は、イスラエルの民に憐れみを示される。

      ④【主】は、イスラエルの民の敵に復讐される。

  
2.モーセの歌の内容(31:30~32:43)

    (1)イントロダクション(1~3節)

    (2)真実な神と不真実な民(4~9節)

    (3)イスラエルに注がれた神の愛(10~14節)

    (4)繁栄がもたらす罠(15~18節)

    (5)背信の民に下る【主】のさばき(19~27節)

    (6)思慮の欠けた国民(28~33節)

    (7)神の憐れみと復讐(34~43節)

  
3.結論

    (1)【主】の御顔(申32:20)

    (2)恵みの逆転(申32:21)

    (3)異邦人の喜び(申32:43)

モーセの歌について学ぶ。

Ⅴ.背信の民に下る【主】のさばき(19~27節)

1.19~22節

Deu 32:19 【主】は見て、彼らを突き放された。/主の息子と娘たちへの怒りゆえに。

Deu 32:20
主は言われた。/「わたしの顔を彼らから隠し、/彼らの終わりがどうなるかを見よう。/彼らは、ねじれた世代、/真実のない子らであるから。

Deu 32:21
彼らは、神でないもので/わたしのねたみを引き起こし、/彼らの空しいもので/わたしの怒りを燃えさせた。/わたしも、民でない者たちで/彼らのねたみを引き起こし、/愚かな国民で/彼らの怒りを燃えさせる。

Deu 32:22 火はわたしの怒りで燃え上がり、/よみの底まで燃えていく。/地とその産物を焼き尽くし、/山々の基まで焼き払う。

    (1)イスラエルの背信(繁栄がもたらす罠)の予告(申32:15)

Deu 32:15
エシュルンは肥え太ったとき、足で蹴った。/あなたは肥え太り、頑丈でつややかになり、/自分を造った神を捨て、/自分の救いの岩を軽んじた。

    (2)19~22節は、背信に対する【主】のさばきの総論的描写である。

      ①【主】の怒りは、ご自身の息子と娘たちに向けられたものである。

②この怒りは、偶像に惹かれていくイスラエルの民に対する怒りである。

③この怒りは、聖なる神が背教の民に示す義なる憤りである。

      ④「わたしの顔を彼らから隠し、彼らの終わりがどうなるかを見よう」

      ⑤顔を隠すとは、神の臨在がなくなることである。

      ⑥神の臨在がなくなれば、イスラエルの民は滅びるしかない。

    (3)イスラエルの民は、偶像礼拝のゆえに、【主】の怒りを燃え立たせた。

      ①【主】は、異邦人の国がイスラエルの民を滅ぼすようにされる。

      ②もしイスラエルの民が【主】に従順であるなら、このようなことは起らない。

      ③「火が燃え上がる」という比喩は、神の怒りの激しさを表現している。

      ④イスラエルの民は、全面的な滅びを経験する。

      ⑤【主】は、異邦人を祝福することで、イスラエルの民のねたみを引き起こす。

        *これは、新約時代に起ることである。

  2.23~27節

Deu 32:23 わたしはわざわいを彼らの上に積み重ね、/わたしの矢を彼らに向けて射尽くす。

Deu 32:24 飢えによる荒廃、災害による壊滅、/激しい悪疫、野獣の牙、/これらを、地を這う蛇の毒とともに/彼らに送る。

Deu 32:25 外では剣が子を失わせ、/内には恐怖がある。/若い男にも若い女にも、/乳飲み子も白髪の老人にも。

Deu 32:26 わたしは思った。/彼らを一掃し、/人々から彼らの記憶を消してしまおうと。

Deu 32:27
もしも、わたしが敵のののしりを/気にかけなかったら──/彼らを苦しめる者どもが誤解してはいけない。/『われわれの手で勝ったのだ。/これはみな、【主】がしたことではない』/と言うといけない。」

    (1)23~27節は、【主】のさばきの具体的描写である。

    (2)生活の全領域に被害が及ぶ。

      ①飢えによる荒廃

      ②災害による壊滅

      ③激しい悪疫

      ④野獣の牙

      ⑤地を這う蛇の毒

      ⑥外では剣(戦争)

      ⑦内には恐怖

    (3)あらゆる年代の人々に被害が及ぶ。

      ①若い男

②若い女

③乳飲み子

④白髪の老人

    
(4)イスラエルの民は、滅びても文句の言えない状態にあった。

      ①しかし【主】は、イスラエルの民が滅びることをお許しにならなかった。

      ②敵が、自力で勝ったと誤解することのないようにするためである。

③敵が、勝ち誇ることのないようにするためである。

Ⅵ.思慮の欠けた国民(28~33節)

1.28~29節

Deu 32:28 まことに彼らは思慮の欠けた国民、/彼らのうちに英知はない。

Deu 32:29 もしも知恵があったなら、/彼らはこれを悟ったであろうに。/自分の終わりもわきまえたであろうに。

    
(1)イスラエルの民には知恵がないので、背信の結果を悟ることができなかった。

      ①イザ1:2~3

Isa 1:2 天よ、聞け。地も耳を傾けよ。/【主】が語られるからだ。/「子どもたちはわたしが育てて、大きくした。/しかし、彼らはわたしに背いた。

Isa 1:3 牛はその飼い主を、/ろばは持ち主の飼葉桶を知っている。/しかし、イスラエルは知らない。/わたしの民は悟らない。」

      ②1コリ2:14

1Co 2:14
生まれながらの人間は、神の御霊に属することを受け入れません。それらはその人には愚かなことであり、理解することができないのです。御霊に属することは御霊によって判断するものだからです。

  2.30~31節

Deu 32:30
彼らの岩が彼らを売らず、/【主】が彼らを引き渡されなかったなら、/どのようにして一人が千人を追い、/二人が万人を敗走させたであろうか。

Deu 32:31 まことに彼らの岩は私たちの岩に及ばない。/敵もこれを認めている。

    (1)敵が圧倒的に勝利した理由

      ①一人が千人を追い、二人が万人を敗走させた。

      ②イスラエルの岩(【主】)がご自身の民を見捨てたからである。

    (2)敵も自分の岩(偶像神)を持っていた。

      ①しかし敵は、自分たちの岩がイスラエルの岩に及ばないことを認めている。

      ③イスラエルの敵とは、アッシリヤとバビロンである。

  3.32~33節

Deu 32:32
まことに彼らのぶどうの木は、/ソドムのぶどうの木から、/ゴモラのぶどう畑からのもの。/彼らのぶどうは毒ぶどう。/その房は苦い。

Deu 32:33 そのぶどう酒は蛇の毒、/コブラの恐ろしい毒。

    
(1)イスラエルの敵が、ソドムとゴモラのぶどうの木にたとえられている。

      ①毒ぶどう、その房は苦い。

      ②そのぶどう酒は蛇の毒、コブラの恐ろしい毒。

    (2)イスラエルを滅ぼす敵は、ソドムとゴモラのように堕落している。

      ①その敵以上に、イスラエルの民は堕落している。

Ⅶ.神の憐れみと復讐(34~43節)

1.34~35節

Deu 32:34 「これはわたしのもとに蓄えてあり、/わたしの倉に封じ込められているではないか。

Deu 32:35
復讐と報復はわたしのもの。/それは彼らの足がよろめくときのため。/彼らのわざわいの日は近く、/来たるべき時が速やかに来る。」

    (1)時が来れば、神はイスラエルの敵に復讐される。

      ①これ(憐れみと復讐)は、【主】が事前に用意しておられるものである。

      ②【主】は、イスラエルの背信を裁くための道具として、敵をお用いになる。

      ③しかし【主】は、イスラエルの民を攻撃した者を罰する。

  2.36~38節

Deu 32:36
【主】は御民をかばい、/主のしもべらをあわれまれる。/彼らの力が去り、/奴隷も自由の者も/いなくなるのをご覧になって。

Deu 32:37 主は言われる。/「彼らの神々はどこにいるのか。/彼らが身を避けた岩はどこにあるのか。

Deu 32:38
彼らのいけにえの脂肪を食らい、/注ぎのぶどう酒を飲んだ者どもは/どこにいるのか。/彼らを立たせて、あなたがたを助けさせ、/あなたがたの隠れ場とならせよ。

    (1)【主】は、イスラエルの民に憐れみを示される。

      ①イスラエルの民の力が尽きたとき

      ②偶像への信頼が崩れたとき

      ③【主】だけを信頼するようになったとき

    (2)偶像に助けを求めるのがよいというのは、皮肉である。

      ①これは無駄な努力である。

  3.39~42節

Deu 32:39
今、見よ、わたし、わたしこそがそれである。/わたしのほかに神はいない。/わたしは殺し、また生かす。/わたしは傷つけ、また癒やす。/わたしの手からは、だれも救い出せない。

Deu 32:40 まことに、わたしは誓って言う。/『わたしは永遠に生きる。

Deu 32:41 わたしが、きらめく剣を研ぎ、/手にさばきを握るとき、/わたしは敵に復讐をし、/わたしを憎む者たちに報いる。

Deu 32:42
わたしの矢を血に酔わせ、/わたしの剣に肉を食わせる。/刺し殺された者や捕らわれ人の血に酔わせ、/敵のかしらたちの首を食わせる。』」

(1)イスラエルの民をさばく目的

      ①滅ぼすためではなく、【主】のほかに神はいないことを教えるためである。

      ②【主】だけが、命と死を決める権威を持っておられる。

      ③敵をさばくのも【主】の御業である。

    (2)【主】は、別の民を用いてイスラエルの敵をさばかれる。

      ①「きらめく剣」とは、【主】が敵をさばくために用いる別の民である。

      ②【主】のさばきは、徹底的に実行される。

      ②この復讐により、イスラエルの民とその地は、解放される。

  4.43節

Deu 32:43
国々よ、御民のために喜び歌え。/主がご自分のしもべの血に報復し、/ご自分の敵に復讐を遂げて、/ご自分の民とその地のために宥めを行われる。

    (1)「国々よ、御民のために喜び歌え」

Deu 32:1 天よ、耳を傾けよ。私は語ろう。/地よ、聞け。私の口のことばを。

      ①【主】の御業は、全人類に影響を及ぼす。

      ②「御民のために喜び歌え」という訳に疑問がある。

      ③「Rejoice, O ye nations, with his people.」(ASV)

      ④喜び歌う理由は、【主】がイスラエルの民のために報復されたことである。

      ⑤それゆえ、異邦人諸国は、イスラエルの民とともに喜び歌うのである。

結論

  1.【主】の御顔(申32:20)

Deu 32:20
主は言われた。/「わたしの顔を彼らから隠し、/彼らの終わりがどうなるかを見よう。/彼らは、ねじれた世代、/真実のない子らであるから。

    (1)詩30:7~8

Psa 30:7
【主】よ あなたはご恩寵のうちに/私を私の山に堅く立たせてくださいました。/あなたが御顔を隠されると/私はおじ惑いました。

Psa 30:8 【主】よ あなたを私は呼び求めます。/私の主にあわれみを乞います。

    (2)マタ27:45~46

Mat 27:45 さて、十二時から午後三時まで闇が全地をおおった。

Mat 27:46
三時ごろ、イエスは大声で叫ばれた。「エリ、エリ、レマ、サバクタニ。」これは、「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」という意味である。

  2.恵みの逆転(申32:21)

Deu 32:21
彼らは、神でないもので/わたしのねたみを引き起こし、/彼らの空しいもので/わたしの怒りを燃えさせた。/わたしも、民でない者たちで/彼らのねたみを引き起こし、/愚かな国民で/彼らの怒りを燃えさせる。

    (1)ロマ10:19

Rom 10:19
では、私は尋ねます。イスラエルは知らなかったのでしょうか。まず、モーセがこう言っています。/「わたしは、民でない者たちで/あなたがたのねたみを引き起こし、/愚かな国民で/あなたがたの怒りを燃えさせる。」

    (2)ロマ11:13~14

Rom 11:13 そこで、異邦人であるあなたがたに言いますが、私は異邦人への使徒ですから、自分の務めを重く受けとめています。

Rom 11:14 私は何とかして自分の同胞にねたみを起こさせて、彼らのうち何人かでも救いたいのです。

  3.異邦人の喜び(申32:43)

Deu 32:43
国々よ、御民のために喜び歌え。/主がご自分のしもべの血に報復し、/ご自分の敵に復讐を遂げて、/ご自分の民とその地のために宥めを行われる。

    (1)ロマ15:10

Rom 15:10 また、こう言われています。/「異邦人よ、主の民とともに喜べ。」

    (2)モーセの歌の要約

      ①【主】は、イスラエルの民の罪をさばかれる。

      ②しかし、イスラエルの民が滅びることはない。

      ③【主】は、異邦人のゆえに、イスラエルの民のねたみを引き起こす。

      ④やがてイスラエルは救われる。

      ⑤異邦人も、イスラエルの民とともに喜ぶようになる。

週間アクセスランキング

1
ルカの福音書 01回 献呈の辞

ルカの福音書(1)献呈の辞 ルカ1:1~4

2

#016 司法省が親たちに宣戦布告 米国の教育戦争2021.10.18

3

パートⅠ.葛藤の舞台設定2章 悪魔の国の始まり

4
神の国と悪魔の国(01)_パートⅠ_1章 神の国の始まり(2109)

パートⅠ.葛藤の舞台設定 1章 神の国の始まり

5

#015 アメリカの文化大戦争 批判的人種理論とは2021.10.13

6

申命記(58)モーセの死34:1~12

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.