Loading...

メシアの生涯(7)—イエス誕生の告知—

  • 2012.04.23
  • ルカ1章:26〜38
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

イエス誕生の告知から、メシアについて学ぶ。

関連テーマ

テーマを全て見る

関連キーワード

キーワードを全て見る

「イエス誕生の告知」

ルカ1:26~38

1.はじめに

  (1)3つの告知

  ①ザカリヤへの告知(ルカ)

  ②マリアへの告知(ルカ)

  ③ヨセフへの告知(マタ)

  (2)ルカにある告知の特徴

    ①私的情報

  ②天使は、「ガブリエル」と呼ばれている。

    ③マリアの視点から書かれている。

  (3)ザカリヤへの告知とマリアへの告知には、相関関係がある。

    ①構成方法が似ている。

    ②内容が似ている。

  2.アウトライン

(1)背景(舞台)(26~27節)

  (2)告知(28~38節)

      *旧約聖書のパターンが見られる。

*それをモデルとして最初の告知が書かれた。

*最初の告知をモデルとして次の告知が書かれた。

      ①天使の出現

  ②見た人の恐れ

      ③励ましの言葉(恐れるな)

      ④神からのメッセージ

      ⑤不信仰の言葉としるしの要求

      ⑥神からのしるし

  3.メッセージのゴール

    (1)マリアに関する誤解

    (2)処女降誕の重要性

このメッセージは、イエス誕生の告知から、メシアについて学ぼうとするものである。

Ⅰ.背景(舞台)(26~27節)

  
1.26節

  「ところで、その六か月目に、御使いガブリエルが、神から遣わされてガリラヤのナザレ

という町のひとりの処女のところに来た」

  (1)エリサベツが妊娠6ヶ月を迎えた時

    ①これもまた、2つの告知物語を関連させる言葉である。

  (2)ガリラヤのナザレという町

    ①異邦人で、パレスチナの地理を知らない人のために書かれている。

    ②前回の舞台は、エルサレムの神殿であり、ユダの山地であった。

    ③ますます、あり得ない事が始まろうとしているという雰囲気である。

    ④ナザレは、旧約聖書にも、タルムードにも出てこない町である。

  (3)ひとりの処女

    ①今回の主人公

    ②天使ガブリエルの再登場

2.27節

「この処女は、ダビデの家系のヨセフという人のいいなずけで、名をマリヤといった」

  (1)処女の名は、マリア。

    ①ヘブル語でミリアムである。

    ②当時の女性の婚約年齢は、13歳くらい。15歳を超えることはないだろう。

  (2)当時のユダヤ人の結婚の習慣

    ①花婿の父親が、嫁を探すところから始まる(息子の意見は、多少反映される)。

    ②いい娘がいたら、その父親に申し込みをする(娘の意見は無視される)。

    ③正式な合意があれば、花嫁の父親に花嫁料を払う。

    ④花婿が同意書を出し、正式な婚約関係が成立する。

    ⑤同居は、さらに1年ほど先のことになるが、法的には結婚関係とみなされる。

    ⑥もし花嫁が他の男と関係を持てば、姦淫の罪を犯したことになる。

    ⑦婚約関係の破棄は、離婚によってのみ可能になる。

  (3)ダビデの家系のヨセフ

    ①マタイの福音書の系図で、ヨセフがダビデの家系であることを確認した。

    ②ルカの福音書の系図では、マリアもまたダビデの家系である。

    ③メシア誕生の前提条件である。

Ⅱ.告知(28~38節)

  1.天使の出現(28節)

  「御使いは、入って来ると、マリヤに言った。『おめでとう、恵まれた方。主があなたとと

もにおられます』」

  (1)同じ天使ガブリエルが登場している。

      ①ザカリヤの場合よりも、記述が単純である。

    (2)「おめでとう、恵まれた方」

      ①「おめでとう」は、シャロームであろう。

      ②マリアが選ばれたのは、100パーセント神の恵みである。

      ③マリアの側に何かの理由があったわけではない。

      ④英語で「highly favored one」である。

      ⑤カトリックのブルガタ訳(ラテン語訳)では、「full of grace」になっている。

  2.見た人の恐れ(29節)

  「しかし、マリヤはこのことばに、ひどくとまどって、これはいったい何のあいさつかと

考え込んだ」

  (1)ザカリヤとマリアの違い

①ザカリヤの場合は、「不安を覚え、恐怖に襲われた」(12節)とあった。

②マリアの場合は、「とまどって、考え込んだ」とある。

  3.励ましの言葉(恐れるな)(30節)

  「すると御使いが言った。『こわがることはない。マリヤ。あなたは神から恵みを受けたの

です』」

  (1)ザカリヤとマリアの違い

    ①ともに、「こわがることはない」で始まる。

    ②ザカリヤの場合は、願いが聞かれたという言葉が続く。

    ③マリアの場合は、「あなたは神から恵みを受けたのです」となる。

      *メシアの母となる特権

  4.神からのメッセージ(31~34節)

    (1)31節

    「ご覧なさい。あなたはみごもって、男の子を産みます。名をイエスとつけなさい」

      ①天使は、イザ7:14をほぼそのまま引用している。

      「それゆえ、主みずから、あなたがたに一つのしるしを与えられる。見よ。処女

がみごもっている。そして男の子を産み、その名を『インマヌエル』と名づける」

②ザカリヤにはヨハネという名が、マリアにはイエスという名が示された。

③イエスは、「イェシュア」(主は救い)である。

  *ルカの福音書でこの名は初めて登場。

  *ユダヤ人伝道では「イエス(Jesus)」より「イェシュア(Yeshua)」使用。

    (2)32~33節

    「その子はすぐれた者となり、いと高き方の子と呼ばれます。また、神である主は彼

にその父ダビデの王位をお与えになります。彼はとこしえにヤコブの家を治め、その

国は終わることがありません」

  ①「すぐれた者となり」

    *偉大な者となる。

    *ヨハネの場合は、「主の御前にすぐれた者となる」(15節)であった。

    *イエスの優位性が示されている。

  ②「いと高き方の子と呼ばれます」

    *ヘブル語で「ハ・エルヨン」(神の御名)である。

    *ヘブル語的には、子とは父と同等である(子は父のコピーである)。

    *イエスの神性が示されている。

  ③「父ダビデの王位をお与えになります」

    *2サム7:12~17にあるダビデ契約の成就。

    *イエスがユダヤ人のメシアとして来られたことを示している。

  ④「彼はとこしえにヤコブの家を治め、」

    *ヤコブの家とは、イスラエルの民である。

    *これもまた、イエスがユダヤ人のメシアであることを示している。

  ⑤「その国は終わることがありません」

    *イエスの再臨と千年王国(メシア的王国)出現によって、成就する。

  5.不信仰の言葉としるしの要求(34節)

  「そこで、マリヤは御使いに言った。『どうしてそのようなことになりえましょう。私はま

だ男の人を知りませんのに』」

  (1)ザカリヤとマリアの違い

    ①ザカリヤの場合は、不信仰の言葉を語った。

    ②マリアの場合は、どうしたらそれが実現するのかを尋ねている。

  (2)「男の人を知りませんのに」

    ①知るとは、体験すること。

    ②ヨセフと実質的な結婚生活に入っていない。

    ③ヨハネの誕生は奇跡的なことであったが、イエスの誕生はそれ以上のもの。

    ④ザカリヤへの告知とマリアへの告知は、ここで大きく道が分かれる。

  6.神からのしるし(35~38節)

    (1)35節

    「御使いは答えて言った。『聖霊があなたの上に臨み、いと高き方の力があなたをおお

います。それゆえ、生まれる者は、聖なる者、神の子と呼ばれます』」

  ①ヘブル的対句法がある。

    *聖霊があなたの上に臨み、

    *いと高き方の力があなたをおおいます。

  ②もうひとつのヘブル的対句法がある。

    *聖なる者、

    *神の子と呼ばれます。

  ③異教の神話にあるような、神と人との結婚ではない。

(2)36~37節

「ご覧なさい。あなたの親類のエリサベツも、あの年になって男の子を宿しています。

不妊の女といわれていた人なのに、今はもう六か月です。神にとって不可能なことは

一つもありません」

  ①マリアに「しるし」が与えられた。

    *願っていないのに。

    *この「しるし」には、叱責の意味はない。

  ②親戚のエリサベツの妊娠が、「しるし」である。

  ③神には不可能はない(エリサベツ以外にも、先例がある)。

  ④創18:14

  「【主】に不可能なことがあろうか。わたしは来年の今ごろ、定めた時に、あなた

のところに戻って来る。そのとき、サラには男の子ができている」

    (3)38節

    「マリヤは言った。『ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことば

どおりこの身になりますように』。こうして御使いは彼女から去って行った」

  ①少女マリアの信仰は、信者の模範である。

    *払うべき犠牲の大きさを知りながら、従順に従った。

    (例話)今日のメシアニック・ジュー

  ②天使は、その使命を終えた。

結論:

  1.マリアに関する誤解

    (1)無原罪の御宿り(Immaculate Conception)

      ①イエスのことではなく、マリアの誕生に関することである。

      ②マリアは、神から恵みを受け、特別な方法で用いられた。

      ③しかし、マリアもまた罪赦された罪人であった。

      ④マリアは、十字架のそばに立っていた(ヨハ19:25)。

      ⑤マリアは、聖霊降臨の前に、使徒たちとともに祈っていた(使1:14)

    (2)マリアの処女性

      ①マリアは、イエスを宿す前も後も、処女であった。

      ②しかし、イエスを出産してからは、ヨセフとの結婚関係に入った。

      ③マタ1:25

      「そして、子どもが生まれるまで彼女を知ることがなく、その子どもの名をイエ

スとつけた」

④マタ13:55

「この人は大工の息子ではありませんか。彼の母親はマリヤで、彼の兄弟は、ヤ

コブ、ヨセフ、シモン、ユダではありませんか」

    (3)マリアの偶像化

      ①ルカ11:27~28

      「イエスが、これらのことを話しておられると、群衆の中から、ひとりの女が声

を張り上げてイエスに言った。『あなたを産んだ腹、あなたが吸った乳房は幸い

です』。しかし、イエスは言われた。『いや、幸いなのは、神のことばを聞いてそ

れを守る人たちです』」

②マリアは、ペンテコステ以降は登場しない。

③マリアの死や、昇天については何も書かれていない。

④マリアが祈りの仲介者であることも書かれていない。

  2.処女降誕の重要性

    (1)字義通りに読むことが重要である。

      ①受肉の出来事には、このような奇跡がともなうことは当然である。

    (2)イエスの2面性(神性と人間性を持つ)

      ①イエスは、初めから神である。

      ②イエスは、マリアから人間性を得た。

    

    (3)原罪

      ①通常の結婚ではない。私たちは、両親から原罪を継承している。

      ②マリアの原罪は、継承しなかったのか。

      ③35節

      「聖霊があなたの上に臨み、いと高き方の力があなたをおおいます。それゆえ、

生まれる者は、聖なる者、神の子と呼ばれます」

④聖霊による処女懐胎は、原罪を持たない人間の誕生に必要なものであった。

    (4)最後のアダム

      ①1コリ15:22

      「すなわち、アダムにあってすべての人が死んでいるように、キリストによって

すべての人が生かされるからです」

②1コリ15:45

「聖書に『最初の人アダムは生きた者となった』と書いてありますが、最後のア

ダムは、生かす御霊となりました」

週間アクセスランキング

1

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

2

使徒の働き(74)―エペソでの騒動―

3

使徒の働き(75)―マケドニアとアカヤ再訪―

4

「イエスとアブラハム契約」中川洋

5

60分でわかる旧約聖書(24)エレミヤ書

6

60分でわかる旧約聖書(23)イザヤ書

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.