申命記(27)全的献身の勧め(1)10:12~11:7

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

全的献身の勧め(1)について学ぶ。

申命記 27回

「全的献身の勧め(1)」

申10:12~11:7 (朗読箇所 10:12~22)

1.はじめに

    (1)第2の説教:契約に基づく義務

      ①総論:臣下の義務(4:44~5:33)

      ②全的従順の呼びかけ(6~11章)

      ③律法の解説と日常生活への適用(12:1~26:15)

      ④【主】に対する誓約(26:16~19)

    (3)モーセは、自分が聞いた律法の内容を民に説明している。

      ①申6章のテーマは、「聞け、イスラエルよ」。

      ②申7章のテーマは、「【主】の戦い」。

      ③申8章のテーマは、「歴史からの教訓」。

      ④申9章のテーマは、「傲慢に対する警告」。

      ⑤申10~11章のテーマは、「全的献身の勧め」。

  
2.メッセージのアウトライン

    (
1)イスラエルの選びのゆえに(10:12~22)

    (2)偉大な御業のゆえに(11:1~7)

    (3)祝福を得るために(11:8~25)

    (4)祝福とのろい(11:26~32)

  3.結論

    (1)肉の割礼と心の割礼

    (2)選びと応答

全的献身の勧め(1)について学ぶ。

Ⅰ.イスラエルの選びのゆえに(10:12~22)

  
1.12~13節

Deu 10:12
イスラエルよ。今、あなたの神、【主】が、あなたに求めておられることは何か。それは、ただあなたの神、【主】を恐れ、主のすべての道に歩み、主を愛し、心を尽くし、いのちを尽くしてあなたの神、【主】に仕え、

Deu 10:13 あなたの幸せのために私が今日あなたに命じる、【主】の命令と掟を守ることである。

    (1)全的献身の勧めの要約が冒頭に登場する。

①選びの民であるがゆえに、全的献身が要求される。

    (2)【主】がイスラエルの民に求めたこと

      ①【主】を恐れること

        *神を神と認める。

      ②主のすべての道に歩むこと

        *神に喜ばれるような生き方をする。

      ③主を愛すること

        *神の命令を守る。

      ④心を尽くし、いのちを尽くして、【主】に仕えること

        *全存在をかけて【主】に仕える。

      ⑤モーセが命じる【主】の命令と掟を守ること

        *【主】への愛を実践する。

    (3)これらの要求は、イスラエルの幸せのために【主】が命じるものである。

①イスラエルが祝福を受ける秘訣は、【主】への全的献身しかない。

  
2.14~15節

Deu 10:14 見よ。天と、もろもろの天の天、地とそこにあるすべてのものは、あなたの神、【主】のものである。

Deu 10:15
【主】はただあなたの父祖たちを慕って、彼らを愛された。そのため彼らの後の子孫であるあなたがたを、あらゆる民の中から選ばれた。今日のとおりである。

    
(1)【主】は、天と地の創造主であり、被造世界の一部ではない。

「天と、もろもろの天の天」とは、私たちが天と呼ぶものの総体である。

②【主】は、天と地、またそこにあるすべてのものを所有しておられる。

    (2)【主】は、父祖たち(アブラハム、イサク、ヤコブ)を特に愛された。

      ①その子孫であるイスラエルをあらゆる民の中から選ばれた。

      ②イスラエルの民は、【主】を証しするために選ばれた。

      ③それがイスラエルの民の存在目的である。

      ④今イスラエルは、【主】による選びの上に立っている。

      ⑤これは、イスラエルにとっては重要な自己認識である。

    (3)イスラエルの民の現状

      ①メシアを拒否して以降、教会が神の計画を実行する器となっている。

      ②教会が携挙された後は、再びイスラエルが神の計画を実行する器となる。

      ③神の召命は変わらない。

  3.16~18節

Deu 10:16 あなたがたは心の包皮に割礼を施しなさい。もう、うなじを固くする者であってはならない。

Deu 10:17 あなたがたの神、【主】は神の神、主の主、偉大で力があり、恐ろしい神。えこひいきをせず、賄賂を取らず、

Deu 10:18 みなしごや、やもめのためにさばきを行い、寄留者を愛して、これに食物と衣服を与えられる。

    
(1)神の選びに対する正しい応答は、心の割礼である。

      ①心が無割礼であるとは、自我が砕かれないで、【主】に反抗的な状態を言う。

      ②心が無割礼の者は、「うなじを固くする者」である。

        *「うなじのこわい者」(新改訳第3版)

        *「かたくな」(新共同訳)

        *「強情」(口語訳)

        *「項(うなじ)を強(こわ)くする」(文語訳)

      ③心に割礼を受けていない人は、生まれながらに神に対して反抗的である。

    (2)イスラエルの神、【主】のご性質

      ①神の神、主の主、偉大で力があり、恐ろしい神

②えこひいきをせず、賄賂を取らず

  *わいろで【主】を喜ばせることはできない。

  *内面の変化だけが、【主】に喜ばれる。

③みなしごや、やもめのためにさばきを行い

④寄留者を愛して、これに食物と衣服を与えられる。

  *選民イスラエルは、義なる行いをするように期待されている。

  4.19~22節

Deu 10:19 あなたがたは寄留者を愛しなさい。あなたがたもエジプトの地で寄留の民だったからである。

Deu 10:20
あなたの神、【主】を恐れ、主に仕えなさい。主にすがり、御名によって誓いなさい。

Deu 10:21 この方こそあなたの賛美、この方こそあなたの神であって、あなたが自分の目で見たこれらの大いなる恐るべきことを、あなたのために行われた方である。

Deu 10:22

あなたの父祖たちは七十人でエジプトへ下ったが、今や、あなたの神、【主】はあなたを空の星のように多くされた。

    
(1)寄留者を愛する理由

      ①イスラエルの民は、エジプトで寄留の民であった。

      ②【主】は、大いなる恐るべきことを、イスラエルの民のために行われた。

      ③イスラエルの民は、それを目撃した。

    (2)【主】への応答

      ①【主】を恐れ

②主に仕えなさい。

③主にすがり

④御名によって誓いなさい。

⑤この方こそあなたの賛美、

⑥この方こそあなたの神。

    (3)アブラハム契約の部分的成就

      ①70人でエジプトへ下ったが、【主】はあなたを空の星のように多くされた。

Ⅱ.偉大な御業のゆえに(11:1~7)

  1.1節

Deu 11:1 あなたはあなたの神、【主】を愛し、主への務めを果たし、主の掟と定めと命令をいつも守りなさい。

    
(1)【主】への愛と【主】への従順は、不可分の関係にある。

      ①【主】を愛するとは、最も親密な関係を持つ相手として【主】を選ぶこと。

      ②その愛は、【主】への従順によって表現される。

  2.2節

Deu 11:2
今日、心得なさい。あなたがたの子どもたちが、あなたがたの神、【主】の訓練を、その偉大さを、その力強い御手と伸ばされた御腕、そのしるしとみわざを経験し目撃したわけではないことを。

    
(1)親の子どもたちへの責務

      ①親は、【主】の訓練を受け、【主】の偉大さを体験した。

      ②エジプトでの訓練と荒野での訓練があった。

      ③しかし、子どもたちはそれを経験していない。

      ④子どもたちに歴史を教えるのは、親の使命である。

3.3~4節

Deu 11:3 主がエジプトで、エジプトの王ファラオとその全土に対してなさったこと、

Deu 11:4
またエジプトの軍勢とその馬と戦車に対してなさったこと、すなわち、彼らがあなたがたの後を追って来たとき、葦の海の水を彼らの上にあふれさせ、【主】がこれを滅ぼして、今日に至っていること、

    
(1)エジプトでの訓練

      ①エジプトに10の災害をもたらした。

      ②ファラオの軍勢は、溺死した。

      ③その結果、エジプトから解放され、約束の地に入ろうとしている。

4.5~6節

Deu 11:5 またあなたがたがこの場所に来るまでに、荒野であなたがたに対してなさったこと、

Deu 11:6
またルベンの子エリアブの子である、ダタンとアビラムに対してなさったこと、すなわち、イスラエル全体のただ中で地がその口を開け、彼らとその家族、その天幕、また彼らにつく生けるものすべてを呑み込んだことなど、

    
(1)荒野での訓練

      ①荒野の旅では、【主】の摂理的守りが与えられた。

      ②【主】は、反抗する者を厳しく罰せられた。

      ③「ダタンとアビラムに対してなさったこと」(民16章)

Num 16:1
レビの子であるケハテの子イツハルの子コラは、ルベンの子孫であるエリアブの子ダタンとアビラム、およびペレテの子オンと共謀して、

Num 16:2
モーセに立ち向かった。イスラエルの子らで、会衆の上に立つ族長たち、会合から召し出された名のある者たち二百五十人も、彼らと一緒であった。

      ④地面が割れ、彼らは家族とともに呑み込まれた。

5.7節

Deu 11:7 これら【主】がなさった偉大なみわざのすべてを自分の目で見たのは、あなたがたである。

(1)出エジプトを経験した世代は、【主】の偉大なみわざを目撃した。

①しかし、子どもたちは見ていない。

②それゆえ、子どもたちに歴史を教える必要がある。

結論

  1.肉の割礼と心の割礼

    (1)割礼は、アブラハム契約のしるしである。

      ①民は、生まれて8日目に割礼を受けるように命じられた(創17:12)。

      ②しかし、割礼には外的手術以上の意味がある。

      ③割礼は、清めと聖別の象徴である。

      ④肉の割礼は、心の割礼の象徴であって、その逆ではない。

      ⑤心が砕かれているなら、神を愛し、隣人を愛するようになる。

    (2)新約聖書の中の割礼

      ①ロマ2:28~29

Rom 2:28 外見上のユダヤ人がユダヤ人ではなく、また、外見上のからだの割礼が割礼ではないからです。

Rom 2:29
かえって人目に隠れたユダヤ人がユダヤ人であり、文字ではなく、御霊による心の割礼こそ割礼だからです。その人への称賛は人からではなく、神から来ます。

        *外見上のからだの割礼は、心の割礼の象徴である。

        *心の割礼がないなら、からだの割礼にはなんの意味もない。

        *心の割礼を受けたユダヤ人が、真のユダヤ人である。

      ②コロ2:11

Col 2:11
キリストにあって、あなたがたは人の手によらない割礼を受けました。肉のからだを脱ぎ捨てて、キリストの割礼を受けたのです。

        *異邦人信者は、心の割礼を受けた。

        *それゆえ、人の手によるからだの割礼を受ける必要はない。

        *心の割礼は、キリストによって受けた。

    (3)洗礼の意味

      ①洗礼は、救いの条件ではない。

      ②洗礼は、新生したことの象徴である。

      ③新生していなければ、洗礼にはなんの意味もない。

    

  2.選びと応答

    (1)ロマ5:8

Rom 5:8
しかし、私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死なれたことによって、神は私たちに対するご自分の愛を明らかにしておられます。

    (2)1ヨハ4:10~11

1Jn 4:10
私たちが神を愛したのではなく、/神が私たちを愛し、/私たちの罪のために、/宥めのささげ物としての御子を遣わされました。/ここに愛があるのです。

1Jn 4:11 愛する者たち。神がこれほどまでに私たちを愛してくださったのなら、私たちもまた、互いに愛し合うべきです。

週間アクセスランキング

1
申命記 41回「諸々の規定(1)~(2)」

申命記(41)諸々の規定(1)~(2) 21:1~14

2

60分でわかる新約聖書(25)ヨハネの手紙第三

3

Q293 新型コロナウィルスのワクチンは黙示録の獣の刻印ですか。

4

申命記(40)聖戦に関する規定20:1~20

5

Q292 コロナ禍は、なぜ起こっているのですか。

6

申命記(39)逃れの町19:1~21

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.