Q275 12弟子は洗礼を受けたのですか。

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

275 12弟子は洗礼を受けたのですか。

 

Q:12弟子たちが洗礼を受けたという記事はありませんが、どこかで受けたのでしょうか。受けたとしたら、誰がどのように授けたのでしょうか。

 

A:これは興味深い質問です。聖書に書かれていませんので、種々の情報を集めながら、自分で判断するしかありません。いつものように3つ申し上げます。

 

1番目に、洗礼には3種類のものがあります。
ユダヤ教の洗礼、バプテスマのヨハネの洗礼、クリスチャンの洗礼がそれです。12弟子たちは全員ユダヤ人ですから、ユダヤ教の洗礼を受けていたことは間違いありません。バプテスマのヨハネの洗礼は、「罪の赦しに導く悔い改めのバプテスマ」と呼ばれています。この洗礼に関しても、12弟子全員が受けていたと推察されます。今回のご質問は、3番目のクリスチャンの洗礼に関するものです。

 

2番目に、復活のキリストが洗礼を命じておられます。
マタ28:19~20には、「ですから、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。父、子、聖霊の名において彼らにバプテスマを授け、わたしがあなたがたに命じておいた、すべてのことを守るように教えなさい」とあります。これは、「父、子、聖霊の名」による洗礼です。自分たちは洗礼を受けないで、他の信者に洗礼を授けるようなことは想像し難いです。つまり、12弟子たち全員が、どこかの時点でこの洗礼を受けたということです。では、どの時点で受けたのでしょうか。

 

3番目に、この洗礼は教会誕生以降に始まったものです。
洗礼の基本的な意味は、「一体化」です。クリスチャンの洗礼は、信者が「キリストのみからだである教会」と一体化したこと、つまり、教会の一員となったことを象徴しています。従って、教会が誕生する前にクリスチャンの洗礼は存在しなかったということになります。教会が誕生したのは使徒2章のペンテコステの日です。この日、3千人がペテロのことばを受け入れ、洗礼を受けました。12弟子たちは、ペテロのことばを受けいれて救われた人たちに洗礼を授ける前に、お互いに洗礼を授け合ったと思われます。
この質問に対する私の回答は、12弟子たちは、ペンテコステの日に、お互いに洗礼を授け合ったというものです。

 

参考になる聖句
「彼のことばを受け入れた人々はバプテスマを受けた。その日、三千人ほどが仲間に加えられた 」(使2:41)

 

12弟子たちは、ペンテコステの日に、お互いに洗礼を授け合ったと思われます。

 

週間アクセスランキング

1

申命記(36)【主】によって立てられた権威(2)17:14~20

2

60分でわかる新約聖書(24)ヨハネの手紙第二

3

仏教の世界観と聖書的世界観 1

4

申命記(35)【主】によって立てられた権威(1)16:18~17:13

5

メシアの生涯(135)—3つのたとえ話(2)—

6

60分でわかる新約聖書(23)ヨハネの手紙第一

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.