Q276 オンライン礼拝は許されますか

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

276 オンライン礼拝は許されますか

 

Q:最近、オンラインの礼拝にある疑問が浮かんできました。それは、オンラインで祈る祈りに聖霊は臨んでいるのか、オンラインの礼拝に聖霊の祝福はあるのかという点です。オンライン礼拝をどう考えたらいいですか。

 

A:これは、多くの方が関心を持っている現代的な質問だと思います。いつものように3つ申し上げます。

 

1番目に、オンライン礼拝そのものは、悪ではありません。
文明の利器は、神から摂理的に与えられたもので、それ自体は善でも悪でもありません。大事なのは、それをいかに用いるかです。オンライン礼拝は、最先端の技術を良いことのために用いている例です。

 

2番目に、オンライン礼拝には、欠点と長所があります。
信者の交流ができないというのが、最大の欠点です。また、周りの状況の影響を受け、礼拝に集中できないということもあり得ます。
オンライン礼拝の長所はいろいろあります。①政府の要請に敬意を表することができます。②パンデミックから身を守るための知恵です。③普段教会に来ない人たちに語りかけることができます。④過去のメッセージをアーカイブに保存することができます。

 

3番目に、オンライン礼拝にも神の祝福はあります。
神は、時間と空間を超越したお方です。そういう意味では、いつ、どこで礼拝するかは問題ではありません。もっと言えば、過去に語られたメッセージを聞いて救われる方も出ます。これは、私自身が経験したことでもあります。
一番大事なことは、どういう心の状態で神を礼拝するかです。この点に関しては、イエスがサマリアの女に語りかけた内容が、大いに参考になります。ヨハネの福音書4章24節に、こうあります。「神は霊ですから、神を礼拝する人は、御霊と真理によって礼拝しなければなりません」
今回の結論は、「御霊と真理」によって礼拝することが最も大切だということです。このことが分かると、律法主義的信仰から解放されます。

 

参考になる聖句
「神は霊ですから、神を礼拝する人は、御霊と真理によって礼拝しなければなりません」(ヨハ4:24)

 

 御霊と真理によって礼拝することが、最も大切です。

週間アクセスランキング

1

パートⅡ.旧約時代12章 ダビデ

2

ルカの福音書(43)12人の帰還9:7~17

3

ルカの福音書(42)12人の派遣9:1~6

4

Q311アモス書8章11節についておしえてください。

5

Q312どういう場合に離婚は許されるのか。

6

創世記(10)—レメクとセツ—

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.