Loading...

Q223 神はなぜ信仰を要求されるのですか。

  • 2019.10.14
  • ローマ人への手紙5章1節
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

223 神はなぜ信仰を要求されるのですか

 

Q 神はなぜ信仰を要求されるのでしょうか。神が目の前に現れてくださったなら、疑り深い私でも信じると思います。神はなぜそのようにされないのでしょうか。

 

A:信仰の必要性について、いつものように3つ申し上げます。

 

1 番目に、信仰(信頼)は、すべての人間関係の土台です。

 

相手に対する信頼がなければ、心からの交流は不可能です。私たち人間には、他者のことをすべて理解することなどできません。それどころか、自分自身のことさえ完全に理解できていないのです。それでも私たちは、与えられている情報を基に、その人が信頼できるかどうかを判断し、交友関係を築きます。信頼のないところに、真の人間関係は育ちません。神との関係もそれと同じです。有限な人間が神を完全理解するのは、不可能なことです。しかし、与えられている情報を基に、神に信頼することは可能です。

 

2 番目に、不信仰(疑い)が、罪と死をこの世界にもたらしました。

 

 アダムとエバは、神の約束のことばを疑い、自分で善悪の基準を選び取ろうとしました。創世記3章に、そのことが書かれています。自分で善悪の基準を決めるとは、自分が神になるということです。アダムとエバが神に反抗したので、罪と死がこの世界に侵入して来ました。罪とは、神に喜ばれないすべての行為や思いです。死とは、神からの断絶です。死には、霊的死、肉体的死、永遠の死の3つがあります。霊的死とは、神との分離です。肉体的死とは、霊と肉体の分離です。永遠の死とは、霊的死が永遠に続くことです。

 

 3番目に、信仰が、罪と死の問題を解決する唯一の方法です。

 

自らが行なう業によって救いを得ようとしても、それは不可能です。自力救済が不可能なので、神が救いの道を用意してくださいました。それが、イエス・キリストの十字架です。私たちの罪は、イエス・キリストの身代わりの死によって赦されました。神と和解するための唯一の方法は、イエス・キリストを救い主として信じることです。神は、信じるために必要な情報を十分に与えてくださいました。それが記されているのが、聖書です。

 

 ローマ人への手紙5章:1節に、こうあります。 「こうして、私たちは信仰によって義と認められたので、私たちの主イエス・キリストによって、神との平和を持っています」 。「神との平和を持っています」とは、なんと素晴らしい宣言でしょうか。

 

参考になる聖句

 

「こうして、私たちは信仰によって義と認められたので、私たちの主イエス・キリストによって、神との平和を持っています」 (ロマ5:1)

 

 人は、恵みと信仰のみによって救われます。

週間アクセスランキング

1

使徒の働き(82)―エルサレム到着―

2

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

3

終末論はなぜ重要なのか

4

使徒の働き(81)―ツロからカイザリヤへ―

5

Q224救われていないクリスチャンとはどういう人ですか。

6

60分でわかる旧約聖書(24)エレミヤ書

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.