Q.159 愛する者が死んだとき、どうすればよいですか。

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

亡くなった方の「冥福を祈る」「供養する」というのは仏教用語ですね。クリスチャンとは、亡くなった方に対して何もしない、冷たい人達なのでしょうか? 共に死を悼み、悲しみにくれる遺族に寄り添うために、どんな行動がふさわしいでしょう。

 

さっそくご覧ください。

関連テーマ

テーマを全て見る

関連キーワード

キーワードを全て見る

Q. 質問

Q:愛する人が亡くなったとき、クリスチャンはどうすればよいのですか。キリスト教では仏教のように死んだ人の「冥福を祈っ」たり、「供養する」といったことはしないと聞きます。では、どうするのが聖書的ですか。教えてください。

A. 回答

A:一般的に、キリスト教は亡くなった人に対して冷たいと思われていますが、そうではありません。いつものように3つ申し上げます。

1番目に、亡くなった方の運命に関しては、神に委ねましょう。

実際のところ、その方の魂は肉体を離れて神のもとに行きました。生きている私たちにできることは何もありません。神は、愛と正義に満ちたお方ですから、神の判断にすべてを委ねましょう。

2番目に、遺族の悲しみに寄り添いましょう。

愛する人を亡くすことほど悲しいことはありません。そのことを理解し、悲しんでいる方の傍にいて、その悲しみを共有しましょう。安易な慰めは慎むべきです。悲しみが癒やされるためには、相当な時間が必要だからです。亡くなったのが自分の家族であるなら、悲しみの感情を押し殺してはなりません。神に対しても、自分の正直な気持ちを申し上げるべきです。主イエスは、私たちの悲しみを理解し、私たちを支えてくださいます。

3番目に、永遠の希望を告白しましょう。

 クリスチャンの葬儀と、そうでない方の葬儀には、大きな差があります。最大の違いは、「希望」です。クリスチャンは、亡くなった方の魂がより良い所に行ったことを知っています。また、その方といつか再会できることを知っています。それゆえ、クリスチャンの葬儀は、永遠の希望を告白する場となります。悲しみの中にも希望が溢れているのが、クリスチャンの葬儀です。そのような葬儀に出席しながら、私たちは2つのことを覚えます。(1)イエス・キリストを信じる信仰によって罪が赦されているのは、なんと素晴らしいことか。(2)手遅れになる前に、ひとりでも多くの人に福音を伝えるのは、なんと重要なことか。

参考になる聖句

「眠った人々のことについては、兄弟たち、あなたがたに知らないでいてもらいたくありません。あなたがたが他の望みのない人々のように悲しみに沈むことのないためです」(1テサ4:13)

クリスチャンの死は、永遠の希望への旅立ちです。

週間アクセスランキング

1

中川牧師の書斎から#043「米大統領選:最悪のシナリオの中にも希望はある」

2

申命記(19)第5戒

3

60分でわかる新約聖書(20)ヤコブの手紙

4

中川牧師の書斎から#042「2021年の展望-世界はどこに向かっているか-」

5

申命記(18)第3戒と第4戒

6

申命記(17)第1戒と第2戒

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.