Q.160 信じることは救いの条件ですか。

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

神様は無条件で愛を注いでくださる方だと信じてきました。そのことと、「イエス・キリストの十字架の死、埋葬、復活」を信じることが救いの「条件」であることは、矛盾しないでしょうか。

 

というご質問です。これは、多くの方が疑問に感じることかもしれません。さて、本当に信じないと救われないのでしょうか?

関連テーマ

テーマを全て見る

関連キーワード

キーワードを全て見る

160 信じることは救いの条件か

 

Q:神様は無条件で愛を注いでくださる方だと信じてきました。そのことと、「イエス・キリストの十字架の死、埋葬、復活」を信じることが救いの「条件」であることは、矛盾しないでしょうか。聖書の神様は、信じなければ救われない方なのでしょうか。

 

A:これは、多くの方が疑問に感じる重要な質問です。この質問の中にある3つのキーワードを取り上げながら、お答えしたいと思います。

 

1番目に、「無条件」という言葉の意味を考えてみましょう。

この方は、「神様は無条件で愛を注いでくださる方だと信じてきました」と書いておられますが、その意味をよく考えてみる必要があります。もちろん神様は絶対的に愛ですが、同時に、絶対的に聖であり、義でもあります。それゆえ、神は罪を裁かれます。「無条件」というのは、救いに関しては、人間の努力で何かを付け加えることはできないという意味です。イエス・キリストは完璧な生涯を送り、その命を私たちの罪を贖うためのいけにえとして捧げてくださいました。それゆえ、キリストが用意してくださった救いは、完璧なものです。

 

2番目に、「救い」という言葉の意味を考えてみましょう。

基本的には、聖書が教える「救い」とは、「神の怒りからの解放」です。つまり、「神との和解」、「神との平和」こそが、救いの本質だということです。私たちの上に注がれるはずであった神の怒りは、御子イエスの上に注がれました。その結果、罪に対する神の怒りは静まりました。また神は、御子イエスを死者の中から甦らせることによって、御子の贖罪の死を受け入れたことを明らかにされました。

 

 3番目に、「信じる」という言葉の意味を考えてみましょう。

 「信じる」ということは、救いの条件ではなく、救いを受ける方法です。それでもあえて「信仰は救いの条件だ」と言い張る方もおられるでしょうが、それは言葉使いに関する論争であって、なんの益にもならないと思います。福音を聞いた人には、ふたつの選択肢があります。拒否する道と、受け入れる道です。人間には、どちらを選ぶかの自由意志があります。神様は、人間の自由意志を尊重されます。なぜなら、愛の関係は自発的なものでなければならないからです。罪の始まりは、アダムとエバが神のことばを疑ったことにありました。救いは、神のことばを信頼するところから始まります。それゆえ神様は、福音のメッセージを聞いた人に、信じることを要求されるのです。

 

参考になる聖句

「あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。行いによるのではありません。だれも誇ることのないためです」(エペ289

 

救いとは、「神との和解」であり「神との平和」です。

週間アクセスランキング

1

中川牧師の書斎から#043「米大統領選:最悪のシナリオの中にも希望はある」

2

60分でわかる新約聖書(20)ヤコブの手紙

3

申命記(19)第5戒

4

中川牧師の書斎から#042「2021年の展望-世界はどこに向かっているか-」

5

申命記(18)第3戒と第4戒

6

申命記(17)第1戒と第2戒

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.