Q.158 どうしたら夫に従えるようになりますか。

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

『聖書に「夫に従いなさい」とありますが、傷つくことを言われると従えず、従いたくない思いでいっぱいになります。』というご質問です。男女平等が叫ばれるいま、この聖書箇所はいかにも論争を呼びそうですね。

 

聖書の内容は男尊女卑なのでしょうか。もし仮に夫が不信仰な人であっても、妻は仕えるべきでしょうか。

関連テーマ

テーマを全て見る

関連キーワード

キーワードを全て見る

Q. 質問

Q:聖書に「夫に従いなさい」とありますが、傷つくことを言われると従えず、従いたくない思いでいっぱいになります。子ども達の手前、良くないと思ってはいますが、どうしたら従えるようになりますか。

A. 回答

A:実に現実的なテーマに関する質問ですね。いつものように3つ申し上げます。

1番目に、創造の秩序の中における男女の関係について確認しましょう。

神は人類を創造する際に、先ず男を、次の女を造られました。アダムは土地のちりから、エバはアダムのあばら骨から造られました。エバはアダムの「助け手」として創造されました。これは、男女の上下関係はなく、役割の違いを教えたものです。神の前では、男女の価値の差はありませんが、役割の違いはあります。創造の秩序から見れば、父なる神、子なる神、男、女という順番になります。

2番目に、妻が夫に反発したくなる理由について確認しましょう。

これは、妻に与えられた役割に反することですが、人類の堕落以降、妻の心には夫に対する支配欲が芽生えています。従って、妻が夫に反抗したくなるのは、ごく普通のことなのです。聖書的には、これは「罪の結果として下った呪い」の一部です。ちなみに、出産の苦しみも、同じ「呪い」の一部です。このことを知れば、肉的(自己中心的)な心の動きを客観的に分析することができるようになります。

3番目に、引用された聖句を再度確認しましょう。

 聖書は、「妻たちよ。あなたがたは、主に従うように、自分の夫に従いなさい」(エペ5:22)と教えています。つまり、夫に従うというのは、神の創造の秩序に従って夫に仕えることであり、究極的には、神に仕えることになるというのです。不信仰な夫に対してでも仕えるべき理由は、それが神への奉仕だからです。

 最後に注意すべき点を2つ上げておきます。①夫に与えられている責務は、妻のそれよりも大きいということを、夫は認識すべきです。それを理解しないで、妻に服従を要求するのは的外れです。②夫が言葉や行為によって妻を日常的に傷つける場合、妻は、適度な距離を置いて自分を守るべきです。境界線を引くということと、夫への従順は、両立する概念です。

参考になる聖句

「妻たちよ。あなたがたは、主に従うように、自分の夫に従いなさい」(エペ5:22)

妻が夫に従うのは、主に対する奉仕です。

週間アクセスランキング

1

中川牧師の書斎から#043「米大統領選:最悪のシナリオの中にも希望はある」

2

申命記(19)第5戒

3

60分でわかる新約聖書(20)ヤコブの手紙

4

中川牧師の書斎から#042「2021年の展望-世界はどこに向かっているか-」

5

申命記(18)第3戒と第4戒

6

申命記(17)第1戒と第2戒

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.