Loading...

十字架のことば(5)—第4のことば:絶望の叫び—

  • 2013.01.15
  • マタイ27章:45〜46
  • スピーカー 中川健一
  • 大阪月例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

第4のことば:絶望の叫びについて考えます。

十字架のことば(5)

―第4のことば:絶望の叫び―

マタ27:45~46

  1.はじめに

(1)「十字架のことば」には7つある。

  ①前半:午前9時から正午までの間の3時間

    *3つのことば

    *他人に関するものである。

②後半:正午から午後3時までの間の3時間

    *4つのことば

    *自分に関するものである。

(2)第1のことばは、赦しの祈りである。

「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです」

(ルカ23:34)

(3)第2のことばは、救いを約束することばである。

「まことに、あなたに告げます。あなたはきょう、わたしとともにパラダイスにいま

す」 (ルカ23:43)

(4)第3のことばは、愛のことばである。

「女の方。そこに、あなたの息子がいます」 (ヨハ19:26)

「そこに、あなたの母がいます」 (ヨハ19:27)

(5)第4のことばは、絶望の叫びである。

「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」

「わが神、わが神。どうしてわたしをお見捨てになったのですか」 (マタ27:46)

      ①第4のことばは、人間の4つの必要に答えている。

  2.アウトライン

    (1)なだめの供え物(Propitiation)

    (2)贖いの代価(Redemption)

    (3)義認(Justification)

    (4)和解(Reconciliation)

  3.結論:このことばの現代的意味について考える。

このメッセージは、第4のことばの意味について考えるものである。

序言

   1.暗やみ

    (1)出エジプト記では、エジプトに対する神の裁きのことである。

    (2)預言書では、終末に起こる神の裁きのことである。

  2.午後3時

    (1)十字架刑では、罪人がこんなに早く死ぬことはない。

    (2)午後3時は、午後のささげ物の時間である。

    (3)イエスは、世の罪を取り除くためのいけにえとして死のうとしている。

    (4)この点に関する使徒たちの教えは、明瞭である。

      ①ヨハ1:29

      「その翌日、ヨハネは自分のほうにイエスが来られるのを見て言った。『見よ、世

の罪を取り除く神の小羊』」

②2コリ5:21

「神は、罪を知らない方を、私たちの代わりに罪とされました。それは、私たち

が、この方にあって、神の義となるためです」

③1ペテ2:24

「そして自分から十字架の上で、私たちの罪をその身に負われました。それは、

私たちが罪を離れ、義のために生きるためです。キリストの打ち傷のゆえに、あ

なたがたは、いやされたのです」

  3.マタ27:46

  「三時ごろ、イエスは大声で、『エリ、エリ、レマ、サバクタニ』と叫ばれた。これは、『わ

が神、わが神。どうしてわたしをお見捨てになったのですか』という意味である」

   (1)イエスは、父なる神を疑っているわけではない。

①これは、詩22:1からの引用である。

②ユダヤ人たちには、そのことがすぐに分かった。

③アラム語による引用である。

    (2)詩22:1を引用した理由は何か。

      ①罪のためのあがないとして死ぬとは、父なる神との分離を意味する。

    ②父なる神は、子なる神から顔をそむけるのである。

    ③イエスは、その分離に耐えられない。それを表現するのが詩22:1である。

      *苦しむ義人の叫び

④イエスは、2重の死を迎えようとしていた。

⑤そしてイエスは、私たちに4つの祝福を与えようとしていた。

Ⅰ.なだめの供え物(Propitiation):神殿のイメージ

  1.旧約時代のいけにえの動物は、すべてイエスを予表するものであった。

    (1)一時的に、罪を覆うもの。

  2.最後の晩餐は、過越の食事であった。

(1)イエスはご自身を、過越の小羊として啓示された。

  3.ゲツセマネの園での祈り(マタ26:39やルカ22:44参照)

    (2)「杯」とは、神の怒りの象徴である。

    (3)神は、罪に対して怒られる。それが神の性質である。

    (4)イエスに罪が転嫁されたとき、父なる神はイエスとの関係を断ち切った。

    (5)私たちには、なだめの供え物が必要である。

Ⅱ.贖いの代価(Redemption):奴隷市場のイメージ

   1.1コリ6:20

  「あなたがたは、代価を払って買い取られたのです。ですから自分のからだをもって、神

の栄光を現しなさい」

  (1)私たちは奴隷である。

    ①罪の奴隷

    ②悪魔の奴隷

    ③人間の奴隷

  (2)私たちを買い戻すために、イエスの命が代価として払われた。

    ①私たちの命の価値は、イエスの命である。

    ②代価が誰に対して支払われたかは、聖書は記録していない。

Ⅲ.義認(Justification):法廷のイメージ

   1.2コリ5:21

  「神は、罪を知らない方を、私たちの代わりに罪とされました。それは、私たちが、この

方にあって、神の義となるためです」

  (1)義認とは、罪ある者が「無罪」宣言を受けること。

  (2)聖化と混同してはならない。

  (3)最後の裁きにおける「無罪」宣言である。

2.転嫁という概念

  (1)アダムの罪が、私たちの上に転嫁された。

  (2)私たちの罪が、最後のアダム(イエス)の上に転嫁された。

Ⅳ.和解(Reconciliation):家庭のイメージ

   1.コロ1:19~22

  「なぜなら、神はみこころによって、満ち満ちた神の本質を御子のうちに宿らせ、その十

字架の血によって平和をつくり、御子によって万物を、御子のために和解させてくださっ

たからです。地にあるものも天にあるものも、ただ御子によって和解させてくださったの

です。あなたがたも、かつては神を離れ、心において敵となって、悪い行いの中にあった

のですが、今は神は、御子の肉のからだにおいて、しかもその死によって、あなたがたを

ご自分と和解させてくださいました。それはあなたがたを、聖く、傷なく、非難されると

ころのない者として御前に立たせてくださるためでした」

  2.この和解は一方通行である。

    ①私たち人間が、神に対して和解するのである。

    (例話)母の愛を疑う娘とその母

    ②神の愛は、人間の親の愛以上のものである。

  3.イエスの人格は、そのまま神の性質を反映させている。

結論:このことばの現代的意味

  1.詩22:1~3

  「わが神、わが神。どうして、私をお見捨てになったのですか。遠く離れて私をお救いに

ならないのですか。私のうめきのことばにも。わが神。昼、私は呼びます。しかし、あな

たはお答えになりません。夜も、私は黙っていられません。けれども、あなたは聖であら

れ、イスラエルの賛美を住まいとしておられます」

  (1)詩22篇は、苦しむ義人の叫びである。

    ①彼は、「どうして」と問う。

  (2)3節では、「けれども、あなたは聖であられ」となっている。

    ①神が罪に対して顔をそむけるのは当然のことである。

  2.詩22:25~28

  「大会衆の中での私の賛美はあなたからのものです。私は主を恐れる人々の前で私の誓い

を果たします。悩む者は、食べて、満ち足り、主を尋ね求める人々は、【主】を賛美しま

しょう。あなたがたの心が、いつまでも生きるように。地の果て果てもみな、思い起こし、

【主】に帰って来るでしょう。また、国々の民もみな、あなたの御前で伏し拝みましょう。

まことに、王権は【主】のもの。主は、国々を統べ治めておられる」

  (1)イエスの叫びは、勝利の叫びであった。

  (2)私たちがイエスを救い主として信頼する時、勝利の預言が成就する。

週間アクセスランキング

1

使徒の働き(84)―パウロの弁明(1)―

2

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

3

60分でわかる新約聖書(11)ピリピ人への手紙

4

使徒信条-使徒たちの教えに帰る-前編

5

使徒の働き(83)―パウロの逮捕―

6

60分でわかる旧約聖書(23)イザヤ書

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.