創世記(42)—ヤコブの結婚—

  • 2009.04.27
  • 創世記29章:1〜30
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

信じる者に与えられる神の摂理について学ぶ。

関連テーマ

テーマを全て見る

関連キーワード

キーワードを全て見る

創世記42 創世記29章1節~30節

「ヤコブの結婚」

イントロ:

1.私たちは今、第8番目のトルドットにいる。

「アブラハムの子イサクの歴史」 創25:19~35:29

(1)イサクの息子は、エサウとヤコブである。

(2)ヤコブを軸に物語が進展する。

①聖書は、種々の大帝国の始まりを記録していない。

②しかし、この小さな家族の出来事は詳細に記録している。

③後の時代の人々が、記憶に留めておくべき物語なのである。

2.ヤコブの霊的体験(創28:10~12)。

(1)神がともにおられる。

(2)神の祝福が与えられる。

①霊的祝福

②物質的祝福

③子孫の祝福。メシア誕生の約束。異邦人の祝福の約束。

(3)カナンの地に帰還する。

3.ヤコブの人生は、信じた内容を体験する人生である。

4.メッセージのアウトライン

(1)目的地への到着

(2)未来の妻との出会い

(3)結婚

5.きょうのメッセージは、私たちに何を教えているか。

(1)私たちの人生も、信じた内容を体験する人生である。

(2)そこには、神の摂理の御手が働いている。神の主権。

(3)自分の思い通りにならない時こそ、信仰を強くする時である。

このメッセージは、信じる者に与えられる神の摂理について学ぼうとするものである。

Ⅰ.目的地への到着(29:1~8)

1.「ヤコブは旅を続けて」

(1)直訳は、「ヤコブは彼の足を上げた」ということ。

(2)彼が徒歩で移動していたことが分かる。

(3)神の啓示を受けた結果、新しい力が全身にみなぎっていた。

①自分はアブラハム契約の継承者となった。

②神がともにいて、すべての必要を満たしてくださる。

③必ず、カナンの地に帰還することができる。

(4)当面は、兄のエサウは問題ではなくなった。

2.「東の人々の国へ行った」

(1)アラム・ナハライムのこと。

(2)カナンの地から見ると、東の方角にある。

3.「ふと彼が見ると、野に一つの井戸があった」

(1)ヤコブは、井戸を探していたに違いない。

(2)アブラハムの僕が井戸のそばでリベカにあった話は、聞いていたはず。

(3)井戸に行けば、土地の羊飼いたちに会い、情報を収集できる。

(4)創24の井戸と同じかどうかは、分からない。

①この井戸は、町の外にあって、羊に水を飲ませるためのものである。

②先の井戸は、町のそばにあって、飲用水を取るためのものであった。

③従って、別の井戸である公算が高い。

4.井戸の状態

(1)井戸の上に大きな石が置いてあった。

①水が溢れ出ないように

②水を清く保つために

(2)土地の羊飼いたちは、その石を動かしてから、羊に水を飲ませる。

(3)3つの羊の群れが伏していた理由は、まだ石を動かしていなかったから。

(4)手順

①群れを全部そこに集める。

②石を井戸の口から転がす。

③羊に水を飲ませる。

④石を井戸の口のもとの所に戻す。

5.土地の羊飼いたちとの会話

(1)「兄弟たちよ。あなたがたはどこの方ですか」

①「兄弟たちよ」とは、親しみを込めた言葉。

②ヤコブもまた羊飼いであった。

(2)「私たちはハランの者です」

①これで、ハランに到着したことが分かった。

(3)「あなたがたはナホルの子ラバンをご存じですか」

①「ナホルの子」とは、「ナホルの孫」という意味で使われている。

②ナホルは有名人であった。

③父ベトエルは、すでに死んでいたのであろう。

(4)「知っています」

(5)「あの人は元気ですか」

(6)「元気です。ご覧なさい。あの人の娘ラケルが羊を連れて来ています」

①まだラケルは見えていない。

②井戸の石を動かす前に到着する羊飼いたちの中に、ラケルがいる。

③これは、神の摂理による。

6.ヤコブの助言

「ご覧なさい。日はまだ高いし、群れを集める時間でもありません。羊に水を飲ませて、また行って、群れをお飼いなさい」

(1)ヤコブは、プロとしての助言を与えている。

(2)これでは効率が悪すぎる。羊が育たない。

(3)習慣に縛られている羊飼いたち

「全部の群れが集められるまでは、そうできないのです。集まったら、井戸の口から石をころがし、羊に水を飲ませるのです」

①石が大きいので、共同作業が必要。

②その地の羊飼いたちに合意が形成され、それが習慣となっていた。

Ⅱ.未来の妻との出会い(29:9~14)

1.ラケルの登場

「ヤコブがまだ彼らと話しているとき、ラケルが父の羊の群れを連れてやって来た。彼女は羊飼いであったからである」

(1)ラケルは、「雌の子羊」という意味。

(2)羊飼いは、この地方では高貴な職業とみなされていた。

(3)裕福な家の娘が羊飼いであっても、おかしくはない。

2.ヤコブの反応

「ヤコブが、自分の母の兄ラバンの娘ラケルと、母の兄ラバンの羊の群れを見ると、すぐ近寄って行って、井戸の口の上の石をころがし、母の兄ラバンの羊の群れに水を飲ませた」

(1)共同作業ですることを、ヤコブはひとりで行った。旧例にとらわれていない。

(2)ヤコブは、ラバンの羊の群れに水を飲ませた。

①ラケルに敬意を表するため

②ラケルの関心を引くため

③土地の羊飼いたちは、驚いたことであろう。

(3)「そうしてヤコブはラケルに口づけし、声をあげて泣いた」

①神の摂理によってこの出会いが与えられた。

②目の前に、将来の妻になる女性がいる。

③ヤコブはラケルに一目ぼれした。

3.ラケルの反応

「ヤコブが、自分は彼女の父の親類であり、リベカの子であることをラケルに告げたので、彼女は走って行って、父にそのことを告げた」

(1)彼女は、ヤコブに羊を預けて、家に帰った。

(2)創24:28では、リベカが同じことをしている。彼女は、母親に告げている。

(3)ラケルは、父親に告げている。恐らく、母親は死んでいたのであろう。

4.ラバンの登場

「ラバンは、妹の子ヤコブのことを聞くとすぐ、彼を迎えに走って行き、彼を抱いて、口づけした。そして彼を自分の家に連れて来た」

(1)ラバンの妹リベカが家を出たのは、90年以上も前のことである。

(2)ラバンは、懐かしさを覚えた。

(3)ラバンはヤコブを家に迎えた。

5.ヤコブとラバンの会話

(1)ヤコブはラバンに、事の次第のすべてを話した。

①ヤコブは、過去90年間の家族の歴史をラバンに伝えた。

②また、自分が家を出るようになった経緯や、

③ベテルでの神との出会いについて語った。

(2)恐らく、妻を探しに来たことは告げなかったであろう。

①花嫁料を持っていないから

(3)ラバンは彼に、「あなたはほんとうに私の骨肉です」と言った。

①ラバンはヤコブを親戚のひとりと認めた。

②ヤコブは、ラバンの家の客となり、一か月滞在した。

③ただしヤコブは、自分にできることはなんでもした。

Ⅲ.結婚(29:15~30)

1.ラバンの提案

「あなたが私の親類だからといって、ただで私に仕えることもなかろう。どういう報酬がほしいか、言ってください」

(1)ヤコブが忠実に働いていたことがよく分かる。

(2)この言葉によって、ヤコブは心の中にあった思いを率直に伝えることができた。

2.挿入句(16~17節)

「ラバンにはふたりの娘があった。姉の名はレア、妹の名はラケルであった」

(1)レアとは、「野生の牛」(アンテロープ。オリックス、インパラなど)の意味。

(2)ラケルとは、「雌の子羊」の意味。

(3)レアとラケルの対比

「レアの目は弱々しかったが、ラケルは姿も顔だちも美しかった」

「レアは優しい目をしていたが、ラケルは顔も美しく、容姿も優れていた」(新共同訳)

①レアは視力に問題があった。

②ラケルは、容姿端麗な娘であった。

3.ヤコブの願い

「私はあなたの下の娘ラケルのために七年間あなたに仕えましょう」

(1)ヤコブはラケルに一目ぼれをしていた。

(2)これは結婚の申し込みであるが、7年後にそれを実現したいというもの。

①ヤコブは、アブラハムのしもべが持参したような花嫁料は持っていなかった。

②7年間の賃金が、ラケルのための花嫁料である。

4.ラバンの回答

「娘を他人にやるよりは、あなたにあげるほうが良い。私のところにとどまっていなさい」

(1)ラバンは、了承した。

(2)「私のところにとどまっていなさい」という言葉によって、合意が完成した。

5.ヤコブの債務履行

「ヤコブはラケルのために七年間仕えた。ヤコブは彼女を愛していたので、それもほんの数日のように思われた」

(1)ヤコブは忠実に働いた。

(2)7年間がほんの数日のように思われた。

①自分が得るものに比べれば、今の労苦は取るに足りないものである。

②また、ラケルとの日々の会話は、労苦を忘れさせるに十分なものである。

(3)ロマ8:16~18に書かれた真理

「今の時のいろいろの苦しみは、将来私たちに啓示されようとしている栄光に比べれば、取るに足りないものと私は考えます」

(4)ヤコブのラケルに対する愛は、決して色あせることはなかった。

6.契約の実行

「私の妻を下さい。期間も満了したのですから。私は彼女のところに入りたいのです」

(1)契約によって、ラケルはすでに彼の妻となっていた。

(2)契約を実現する条件が満たされた。

(3)ユダヤ人たちは、この時のヤコブの年齢を84歳とする。

①ヤコブは77歳で家を出て、7年間働いた。

②ヤコブの結婚適齢期。

③そのヤコブから、12部族が誕生する。12×7=84(ともに完全数)

(4)「そこでラバンは、その所の人々をみな集めて祝宴を催した」

①ハランの町の有力者たちが招かれた。

②この時代の中近東の習慣では、祝宴が7日間続いた。

7.欺き

「夕方になって、ラバンはその娘レアをとり、彼女をヤコブのところに行かせたので、ヤコブは彼女のところに入った」

(1)父イサクを欺いたヤコブが、叔父のラバンとその長女のレアに欺かれている。

(2)神の報いが下っている。

①イサクは盲目であった。暗闇の中にいたヤコブも、相手が見えなかった。

②ヤコブは弟を兄だと偽った。ここでは、ラバンが姉を妹だと偽っている。

③イサクはヤコブをエサウだと思った。ヤコブはレアをラケルだと思った。

④ヤコブは兄エサウのように振る舞った。レアは妹ラケルのように振る舞った。

(3)当時は、初夜には花嫁は顔にベールをかけていた。

(4)そのためヤコブは、そばに寝ているのがレアであることに気づかなかった。

(5)「ラバンはまた、娘のレアに自分の女奴隷ジルパを彼女の女奴隷として与えた」

①結婚の贈り物である。たったこれだけ。

②7年後にヤコブが手にしたのは、妻と一人の女奴隷だけである。

(6)「朝になって、見ると、それはレアであった」

①ベールが取られた。

②朝日が差している。

8.ヤコブの抗議

「何ということを私になさったのですか。私があなたに仕えたのは、ラケルのためではなかったのですか。なぜ、私をだましたのですか」

(1)神の報いとは言え、ラバンの罪は重大である。

(2)また、レアにも責任はある。

(3)この事件の背後に、神の摂理が働いている。

①メシアは、レアの家系から誕生する。

9.ラバンの回答と新しい提案

「「われわれのところでは、長女より先に下の娘をとつがせるようなことはしないのです」

(1)ヤコブにはそれが知らされていなかった。

(2)恐らく、ラバンが考えた口実であろう。

(3)「それで、この婚礼の週を過ごしなさい。そうすれば、あの娘もあなたにあげましょう。その代わり、あなたはもう七年間、私に仕えなければなりません」

①1週間の婚礼の祝い

②それが明けると、ラケルと結婚する。

③その後7年間、ラバンに仕える。

④ラバンは貪欲である。

10.ヤコブの対応

「ヤコブはそのようにした。すなわち、その婚礼の週を過ごした。それでラバンはその娘

ラケルを彼に妻として与えた」

(1)モーセの律法は、妻の姉妹との結婚を禁じている(レビ 18:18)。

「あなたは妻を苦しませるために、妻の存命中に、その姉妹に当たる女をめとり、その女を犯してはならない」

(2)しかし、この時代はモーセの律法以前であるので、許されている。

(3)ラバンは娘ラケルに、自分の女奴隷ビルハを彼女の女奴隷として与えた。

①結婚の贈り物

(4)「ヤコブはこうして、ラケルのところにも入った。ヤコブはレアよりも、実はラケルを愛していた。それで、もう七年間ラバンに仕えた」

①ヤコブの高潔な人格

②これで、主役は揃った。

*ヤコブと4人の女性

*レアとその女奴隷ジルパ(親密)

*ラケルとその女奴隷ビルハ(恐れ)

③ヤコブはこの4人の女性から12人の息子を得るのである。

結論

1.クリスチャン生活は、
信じた内容を体験する人生である。

(1)神の守り

(2)神の祝福

(3)約束の地への帰還

2.そこには、神の摂理の御手が働いている。

(1)姉のレアと結婚したことは、神の報いである。

(2)それは、神の摂理的な導きでもある。

(3)そこに私たちは、神の主権を見る。

3.自分の思い通りにならない時こそ、信仰を強くする時である。

(1)誰が、レアからメシアが登場すると予測できたであろうか。

(2)ロマ8:28


「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています」

(1)神の計画に従って召されたとの認識

(2)神を愛することを選ぶ信仰

週間アクセスランキング

1

使徒の働き(89)―ペリクスの前に立つパウロ―

2

60分でわかる新約聖書(13)テサロニケ人への手紙第一

3

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

4

60分でわかる旧約聖書(3)「レビ記」

5

60分でわかる新約聖書(12)コロサイ人への手紙

6

60分でわかる旧約聖書(23)イザヤ書

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.