Loading...

創世記(8)—アダム契約—

  • 2008.07.28
  • 創世記3章:14〜24
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

3つの疑問(2つのwhatと1つのhow)に答えようとする。

創世記8 創世記3章14節~24節

「アダム契約」

イントロ:

1.前回までの復習

  (1)創世記には11の区分(トルドット)がある。

  (2)第1のトルドットには、人類の堕落とエデンの園からの追放が書かれている。

(3)第1のトルドットが終わりには、「非常によかった」ものがカオスになっている。

(4)堕落以降、神と人類の関係が変化していることに注目

  ①最初の契約は、エデン契約(条件付契約)。

  ②堕落後は、アダム契約が結ばれる(無条件契約)。

(5)創世記の記事は、神話や伝承ではなく歴史的事実である。

 2.メッセージのアウトライン

  (1)前半:アダム契約

   ①蛇に対して

   ②サタンに対して

   ③女に対して

   ④アダムに対して

  (2)後半:エデンの園からの追放

   ①エバという名前

   ②皮の衣

   ③追放劇

 3.きょうのメッセージは、私たちに何を教えているか。

  (例話)エジプト入国の際に、カメラを持ち込むことができなかった話。

(1)私たちは何を失ったのか。

(2)私たちは何を回復しようとしているのか。

(3)私たちはどのような方法で、失ったものを回復しようとしているのか。

きょうのメッセージは、3つの疑問(2つのwhatと1つのhow)に答えようとするものである。

Ⅰ.アダム契約(3:14~19)

1. 蛇に対して(14節)

 (1)サタンに悪用された。

  ①通常は、動物には道徳的責任はない。

②しかし、人間に対して害をもたらした場合はその結果が降りかかる。

創世記9:5、出エジプト21:28

(2)人の堕落によって動物界に呪いが及んだ。

(3)しかし、蛇は、あらゆる家畜、あらゆる野の獣よりも呪われた。

①腹ばいで歩く。その前は立って移動していた。足があったかどうかは、分からない。

②ちりを食べる。命令ではなく、宣言である。

③蛇はちりを食べない。これは、比ゆ的表現。

*呪われた状態(千年王国においても) イザヤ65:25、ミカ7:17

*敗北した敵 詩篇72:9、イザヤ49:23

2. サタンに対して(15節)

(1)この聖句を「原福音」と呼ぶ。

(2)サタンと女の間に敵意を置く。

   ①神がそれを置く。神がその原因を作るということ。

②メシアは女から誕生するので、サタンと女の間に確執が存在するようになる。

  (3)おまえの子孫と女の子孫の間に敵意を置く。

   ①「女の子孫」:この言葉は、最初のメシア預言。

*系図は普通男性のラインをたどるのに、なぜ「女の子孫」と呼ばれるのか。

    *イザヤ7:14になって初めて分かる。

*超自然的な誕生。人間の父親のいない誕生。

*サタンは、人間の女たちを汚そうとする。創世記6:1~4

   ②「おまえの子孫」:サタンの子孫。反キリストのこと。

    *同じ節に出てくるので、「子孫」の意味は同じ。超自然的な誕生。

    *ダニエル9:26~27では、「やがて来るべき君主の民」となっている。

    *ローマ系の婦人から誕生するある人物。

(4)彼は、おまえの頭を踏みくだく。

  ①十字架の死と復活。すでに成就した事実。ヘブル2:14~18

  ②将来成就する出来事。ローマ16:20、黙示録20:10

(5)おまえは、彼のかかとにかみつく。

   ①痛いが致命的ではない。

   ②十字架の死のこと。

3.女に対して(16節)

(1)「大いに増す」と言われるものが、2つある。

   ①月経の痛み(堕落の前にはなかった)

   ②みごもりの能力(月に一度の月経のサイクル)

    *死の現実が入ってきたために、出産能力を増す必要がある。

  (2)苦しんで子を産む。

   ①堕落の前は、痛みのない出産があったことになる。

   ②この苦しみの中には、流産も含まれるだろう。

③恵みの要素は残されている。

*ヨハネ16:21 出産後の喜び

    *Ⅰテモテ2:15 男性よりも下位であるとの認識からの解放。人類存続の要。

  (3)夫を恋い慕う。

   ①タシュカーという動詞(旧約聖書に3回しか出て来ない)

②創世記4:7 「罪はあなたを恋い慕っている」

   ③雅歌 7:11 「あの方は私を恋い慕う」

   ④ここでは、創世記4:7と同じ意味。支配する、統治する。

    *助け手として造られた女が、夫に反抗し、夫を支配したくなる。

    *罪がカインを支配しようとするがごとくに。

(4)夫は女を支配する。

   ①マシャルという動詞。支配、統治。

  ②愛の関係で頭としての役割を果たすことではない。

  ③女は男を罪へといざなった。その結果、女は男に支配されるようになった。

4.男に対して(17~19節)

  (1)アダムは、アダム契約の当事者(人類の代表)。

①彼は、頭としての使命に違反した(妻の声に聞き従った)。

   ②彼は、神の命令に違反して、禁断の木の実を食べた。

   ③現在の人間の問題は、アダムに責任がある。

  (2)土地がのろわれた。

①人の支配下にあった土地が呪われた(聖書の原則)。

②労働の苦痛。

*いばらとあざみは、呪いの象徴。

*サタンの裁きは、サタンの支配下にあったものの呪いにつながった。

*アダムの裁きは、アダムの支配下にあったものの呪いにつながった。

ローマ8:20~23 自然界のうめき

  (3)食事

①野の草を食べる(この段階でも菜食主義)。

②ノア契約で、肉食が許可される。

   ③動物に関しては分からない。

(4)労働の苦労

 ①エデン契約では、労働は容易。

 ②堕落以降、額に汗を流す労働。

(5)エデン契約に違反したので、霊的な死が確定。

(6)アダム契約で、肉体的な死が宣言された。

   ①土(ちり)に帰る。ヨブ4:19、34:15、詩篇104:14、29、伝道3:20、12:7

②ローマ5:12~21、Ⅰコリント15:20~23

④例外は、エノクとエリヤのみ。将来の例外は、携挙の時の聖徒たち。

Ⅱ.エデンの園からの追放(創世記3:20~24)

1.エバという名前

(1)堕落の前は、イシャー(女)

  (2)ここでは、ハヴァー(エバ)

   ①命という意味

   ②アダムが女の上に権威をふるい、命名した。

   ③アダムは、創世記3:15を信じた。

   ④「それは、彼女がすべて生きているものの母であったからである」

    *「ハヤー」生きる。「ハイ」生きているもの。

*まだエバは子を生んでいない。完了形、預言的完了形。

    *地に広がることは、今も有効な命令。

   ⑤ヘブル語が最初の言語であることが分かる。

2.皮の衣

 (1)動物の命を殺して取るもの。神が用意したもの。

(2)血が流れる。アダムとエバは初めて死を目撃し、自分たちの死を予感した。

 (3)血の犠牲の最初のもの。裁きの中に恵みの要素がある。

 (4)いちじくの葉から皮の衣へ

 (5)霊的な教訓

  ①神に近づくためには、それにふさわしい被いが必要である。

  ②人間が作った被いでは不十分。

  ③神ご自身が用意されたものでなければならない。

  ④ふさわしい被いは、血を流すことによって得られる。

  ⑤追放の前に、被いが用意されている。

3.園からの追放

 (1)追放の理由:人は神のようになった。自分で選ぶ。

 (2)三位一体の神:「われわれのように」

 (3)永遠に生きるとは、罪の状態で生き続けること。

 (4)その危険性を避けるために、園から追放される。

 (5)人は土を耕すようになった。

 (6)追放の2面性

①地理的追放

  ②霊的追放 シャカイナグローリーとの交わりの喪失

 (7)園の見張り役

  ①園の入り口は、東側。幕屋と同じ。

  ②ケルビム(天使)と、「輪を描いて回る剣」(シャカイナグローリー)

  ③いのちの木への道を守る。

  ④シャカイナグローリーは、彼らを遠ざける役割を果たした。

  ⑤この状態は、ノアの洪水まで続いた。

結論

1. 私たちが失ったものは、シャカイナグローリーの中での神との交わり。

2. 私たちが回復しようとしているものは、シャカイナグローリーの中で永遠に住まうこと。

3. 回復への道は、神が用意されたものでなければならない。

(1)皮の衣

 (2)婚礼の礼服 マタイ22:11

(3)白い衣 黙示録7:9~10

 4.ペテロの宣言 使徒4:12

  「この方以外には、だれによっても救いはありません。天の下でこの御名のほかに、私たちが救われるべき名は人に与えられていないからです」

週間アクセスランキング

1

使徒の働き(78)―エペソの長老たちへのメッセージ(1)―

2

60分でわかる新約聖書(10)エペソ人への手紙

3

信仰がぐらつく時

4

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

5

弱さを覚えるとき

6

60分でわかる新約聖書(9)ガラテヤ人への手紙

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.