Loading...

創世記(7)—人類の堕落—

  • 2008.07.21
  • 創世記3章:1〜13
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

人類が抱える問題の源と解決策を探る。

関連テーマ

テーマを全て見る

創世記7 創世記3章1節~13節

「人類の堕落」

イントロ:

1.前回の復習:ここまでで創造の7日間について学んだ。

  (1)創世記1:1~2:3までが創世記全体のイントロダクション(プロローグ)。

  (2)創世記は、11のトルドットに分かれる。

  ①トルドットの意味は、家系、系図、子孫、歴史など。

  ②トルドットはタイトルであり、その内容は、その後に続く。

  (3)第1のトルドットを数回に分けて学ぶ。

  (4)創世記の記事は、神話や伝承ではなく、歴史的事実である。

ヨハネ8:44、ロマ5:21、16:20、Ⅰコリ15:21、Ⅱコリ11:3~4、Ⅱテモ2:14

 2.メッセージのアウトライン

  (1)配役紹介

   ①アダム

   ②エバ

   ③蛇とサタン

  (2)物語の展開

   ①誘惑

   ②堕落

   ③霊的死

   ④神との対面

 3.きょうのメッセージは、私たちに何を教えているか。

(1)最近の事件の事例

 ①秋葉原事件 派遣社員であった。

 ②大阪駅通り魔事件

「(自分が車内で事件前にけがをした時に)乗客は見てるだけで助けてくれなかった。

同じ所を切りつけようと思った」

③14歳の少年によるバスジャック事件

「男女交際でしかられた。家族をめちゃくちゃにしたかった」

  (2)私たち人類に何が起こっているのか。

   ①問題の源はどこにあるのか。

 ②解決策はあるのか。

人類が抱える問題の源と解決策を探る。

Ⅰ.配役紹介

 1.アダム

(1)無垢の状態

(2)聖さが確定していない状態

(3)人類の代表

2.エバ

(1)助け手(エゼル)として創造された。

(2)男と女とは、役割の差はあっても、対等な存在。

(3)ふたりとも裸であったが、互いに恥ずかしいとは思わなかった。

 3.蛇とサタン

(1)サタンが蛇の中に入って、女と対話する。

Ⅱコリント11:3、黙示録12:9、20:2

(2)蛇とはヘブル語で「ナハシュ」

 ①ナホシェット(青銅)と語源は同じ。

②民数記21:9では、モーセが上げた蛇を「ナハシュ・ナホシェット」と呼ぶ。

③Ⅱ列王18:4では、偶像化した青銅の蛇を「ネフシュタン」と呼ぶ

④蛇は、輝きを持った生物であることが暗示されている。

⑤サタンもまた、光の天使を装う。Ⅱコリント11:14。

⑥動詞ともなる。占いをするという意味。

創世記30:27、44:5、15、レビ記19:26、申命記18:10

  ⑦名詞ともなる。占い。中近東の占いは、蛇を使うことが多かった。

民数記23:23、24:1。

  (3)蛇は狡猾

①ヘブル語では、「アルーム」

②創世記2:25 アダムとエバは、アルミム(アロームの複数形)。言葉遊びがある。

③アダムとエバは、正直で悪については無知。サタンの罠を知らない。

④アルームの意味。狡猾。知恵が働く、分別がある。

⑤これは中立の言葉。蛇はそういう性質を持っていた。それ自体は悪いことではない。

⑥いい意味での例

箴言1:4、12:16、23、13:16、14:8、15、18、22:3、27:12

⑦悪い意味での例

ヨブ5:12、15:5

⑧サタンは蛇を利用することにした。自分が失った地に対する権威を回復しようとした。

Ⅱ.物語の展開

1. 誘惑(3:1~5)

(1)2:25と3:1の間の時間の経過は分からない。

(2)サタンの最初の質問:神の命令の現実性を疑わせる。

①サタンは神学者。神のことばをあいまいにさせる。

②不自由な印象を与える。

  (3)エバの回答。アダムから聞いていたこと。

①自由が与えられているという認識はある。

②禁止内容を理解していた。

   ③「それに触れてはいけない」。神のことばに何か足したのか?

*しかし、罪は「食べた」ことから始まる。

 *アダムがこれを伝えていたのであろう。

④エバは結果を理解していた。

 (4)聖書に記された最初の嘘

①目が開け

  ②神のようになり

   *サタンは自らこの欲望を持っていた。

*イザヤ14:12~14。5つの野望。第5の野望は14:14。

*同じ野望が、人間の堕落につながる。

  ③善悪を知るようになる。

 (5)サタンの方法論

  ①神の知恵、愛、義に疑問を投げかける。

  ②神のことばを否定する。

  ③不従順が、よりよい結果をもたらす。

2.堕落(3:6)

(1)Ⅰヨハネ2:16にある3つの分野での誘惑。

 ①食べるのに良く

 ②目に慕わしく

 ③いかにも好ましかった。

(2)食べることで、今持っていないものを手に入れる。貪欲。

  (3)エバの堕落

   ①彼女は、助け手としてではなく、新しいことを始める役割を果たしている。

②蛇がエバに対して果たした役割を、エバがアダムに対して果たしている。

  (4)アダムの堕落

   ①「いっしょにいた」。アダムはそばにいて見ていた。

   ②アダムは頭としての役目を果たさず、罪の行為に同意した。

  (5)罪の重みが異なる。

   ①エバは欺かれた。

Ⅰテモテ2:13~14、Ⅱコリント11:3

②アダムは、知っていて行った。反逆の罪。アダムの責任が大きい。人類の代表。

ロマ5:12~21 Ⅰコリント15:20~23

  (6)エデン契約の破棄

   ①ホセア6:7

「ところが、彼らはアダムのように契約を破り、その時わたしを裏切った」

 3.霊的死(3:7~8)

(1)ふたりの目は開かれた。サタンが約束したような内容ではなかった。

(2)自分たちが裸であることを知った。

  ①積極的な意味での知識ではなく、「裸であること」を知った。

  ②恥の感覚。

  ③2:25の裸は、「アルミム」(健康な関係)。

④3:7の裸は「エルミム」(恥の感覚)。同じ意味であるが、異なった表記がされている。

⑤無垢な性質を失い、欲望を持つようになった。

(3)いちじくの葉をつづり合わせる。

  ①肌につけて着ること。

②中東では一番大きな葉をつける。

*タルムード:罪を犯した場所で、その繕いをすると解説している。

 (4)腰のおおい(生殖器を覆う)

  ①自分の裸を隠そうとする。

  ②人間の命の源が罪によって汚れた。

  ③原罪が男女の肉体関係を通して子孫に伝わる。

   詩篇51:5

  ④互いの目から恥を隠すことに成功した。

  ⑤しかし、神の目から恥を隠すことはできない。

  ⑥これ以降、人の前に裸をさらすことは恥となった。

   創世記9:23、出エジプト32:25、黙示録3:18

(5)神からの断絶:霊的死

①神の声を聞いた。シャカイナグローリーのこと。この場面では、声を先に聞いている。

  ②歩き回られる神。習慣的行為を示す。

  ③「そよ風の吹くころ」:中東の夕方。

  ④彼らは身を隠した。神との交わりが不可能となった。

   *新しい関係(否定的な関係)が出たことを認識していた。

   *罰に対する恐れ。神から隠れる。

 ⑤罪の結果

  *人は罪人としての立場からしか、善悪を知ることができない。

  *ロマ7:19

「私は、自分でしたいと思う善を行わないで、かえって、したくない悪を行っています」

4.神との対面(3:9~13)

 (1)最初の質問

  ①「あなたは、どこにいるのか」。「アイェカー」という一語。神は知っている。

②「なぜ、隠れているのか」という質問。認罪を求めている。

創世記4:9 カイン、創世記16:8 ハガル

(2)アダムの答え

  ①どこにいるかは答えていない。

  ②今まで経験しなかった「神への恐れ」を経験したと答えている。

  ③アダムは裸ではない。自分が神の前に裸であるという認識が、彼に恐れを与えた。

  ④「私」という主語。エバに罪を押し付けていない。

(3)第2の質問

  ①「裸であるのを、だれがあなたに教えたのか」。裸であることは分かる。

   *この質問は、裸であるという認識に至った理由を聞いている。

   *答えはないし、期待もされていない。

(4)第3の質問

  ①抽象から具体的な質問へ。

  ②罪に定めるのではなく、告白を導く質問。

(5)アダムの回答

  ①単純な告白ではない。

   *間接的に神の責任を問う。

   *間接的にエバを責める。

   *犯罪者が被害者に変わる。

  ②認罪は、文章の最後に来ている。

  ③自分の責任を過小評価する。罪がアダムの性質を腐敗させている。

(6)第4の質問。エバに直接問いかける。

(7)エバの回答

  ①蛇に責任をかぶせる。

  ②蛇にだまされたことを認める。

  ③「あなたが置いた」とか、「あなたが造った男は止めなかった」とか、言っていない。

  ④彼女の認罪も、最後に来ている。

結論

1. 人類の罪のルーツはここにある。

2. 霊的死という事実

 (1)人は罪を犯さないわけにはいかなくなった。

 (2)自力救済は不可能である。

 (3)エデン契約は破棄された。

 (4)新たにアダム契約が結ばれる。

①罪人を呼び戻す神。

②問題を解決するメシアの登場

 *サタンを裁く。

 *罪の問題を処理する。

 *死の問題を処理する。

週間アクセスランキング

1

信仰がぐらつく時

2

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

3

使徒の働き(78)―エペソの長老たちへのメッセージ(1)―

4

使徒の働き(77)―トロアスからミレトへの旅―

5

「ダビデ契約、聖霊、黙示録」中川洋

6

Q221試練の時どうすればいいのですか。

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.