Loading...

創世記(3)—第1日目〜第3日目—

  • 2008.06.23
  • 創世記1章:3〜13
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

天地創造の記事は、信仰の目的が何か、聖書が書かれた目的が何かを私たちに教えている。

関連テーマ

テーマを全て見る

創世記3 創世記1章1節~13節

「第1日目~第3日目」

イントロ:

1.創世記1:1と1:2の間にギャップがあった。

(1)神の創造(1節)

(2)サタンの堕落と、被造の世界に下った裁き(ギャップ)

(3)裁かれた状態の被造の世界(2節)

(4)神の霊による再生の兆し

 2.きょうの箇所から、創造の6日間が始まる。

  (1)「トーフー」とは、カオスのこと。

  (2)「ボーフー」とは、虚しい状態のこと。

  (3)6日間の創造は、厳密には修復、再生のことである。

   ①「トーフー」の修復が、第1日目から第3日目の業

   ②「ボーフー」の修復が、第4日目から第6日目の業

  (4)きょうは、第1日目から第3日目を取り上げる。

3.創世記1章の「日」について。24時間がどうかという問題。

 (1)「日(ヘブル語でヨム)」という語は、必ずしも24時間を表しているわけではない。

(2)しかし、数字とともに使われる場合は、必ず文字通りの24時間を表している。

(3)「夕があり、朝があった」という表現は、「日」が24時間であることを示している。

(4)安息日の規定は、神が7日目に休まれたことを土台として後に出てくるもの。

(5)創世記1:14を見ると、すでに日、月、年という時間の数え方が存在している。

(6)創世記1章を厳密に解釈すると、「日」とは24時間のことであるとの結論に到達する。

 4.きょうのメッセージは、私たちに何を教えているか。

(1)信仰の目的は何か。

(2)聖書が書かれた目的とは何か。

天地創造の記事は、信仰の目的が何か、聖書が書かれた目的が何かを私たちに教えている。

Ⅰ.第1日目(創世記1:3~5)

はじめに

(1)第1日目には7つのステップが見られる。第2日目以降も、それが繰り返される。

(2)ここから、創世記1章1節と2節とは、第1日目以前の状況であることが分かる。

1.神がことばを発する。「神は○○と言われた」

(1)神はことばによって天地を創造された。

(2)ヨハネ1:1~3と合致する。

(3)ロゴス(第二位格の神)が、父なる神、聖霊とともに、創造の業に参加。

(4)詩篇33:6と合致する。

 2.神のことばの内容は宣告(命令)である。

(1)「○○あれ」という動詞は、ヘブル語では「イェヒ」。

(2)聖書に記された神の最初のことば。

(3)神の御名である「ヤハウェ(ヘブル語では4文字)」と深い関係のある語。

(4)第1日目の宣告は、「光あれ」というもの。

 3.神の宣告が成就する。「すると○○があった」

(1)「すると光があった」

(2)この光は、太陽光ではない。

(3)太陽が作られるのは第4日目のことだから。

(4)この光は、暗闇に輝くシャカイナグローリー(神の栄光)のこと。

(5)Ⅱコリント4:6参照。

 4.区別するという神の行為が続く。

(1)「神は光とやみとを区別された」

 5.命名(あるいは祝福)という神の行為が続く。

(1)「神は光を昼と名づけ、やみを夜と名づけられた」

(2)命名するという行為は、命名する対象に対して権威を持っていることを表している。

 6.完成したものに対して神の評価が為される。

(1)「神は見て、良しとされた」

(2)第1日目の場合は4番目に登場するが、第2日目以降は6番目に登場。

7.締めくくりのことば

(1)「夕があり、朝があった。第1日」

(2)ユダヤ暦では、1日は夕から始まる。

Ⅱ.第2日目(創世記1:6~8)

 1.神がことばを発する。「神は仰せられた」。

 2.宣告(命令)

(1)ここでも、「○○あれ」という動詞はヘブル語の「イェヒ」。

(2)宣告の内容は、「大空が水の真っただ中にあれ。水と水との間に区別があれ」。

 3.神の宣告が成就する。「そのようになった」。

 4.区別するという神の行為が続く。

(1)「神は大空を造り、大空の下の水と、大空の上の水とを区別された」

(2)「大空」とは、第一の天と呼ばれるもの(間が息をする空間、鳥が飛ぶ空間)。

(3)地球を覆っていた塩水の淵とガス状の霧とが分離され、その間に「大空」が現れた。

 5.命名(あるいは祝福)という神の行為が続く。

(1)「神は大空を天と名づけられた」

 6.神の評価

(1)第2日目に関しては、「神は見て、良しとされた」という言葉が出てこない。

(2)ユダヤ教のラビ(ラシ)の説明によれば、第2日目の業は完成していない。

(3)第3日目になって完成する。第3日目には、「良しとされた」が2度出てくる。

 7.締めくくりのことばが出てくる。

(1)「夕があり、朝があった。第2日」

Ⅲ.第3日目(創世記1:9~13)

 1.神がことばを発する。

2.宣告(命令)

(1)「天の下の水が一所に集まれ。かわいた所が現れよ」

(2)塩水で覆われた地球に変化を加えた。

 3.神の宣告が成就する。「そのようになった」

 4.区別するという神の行為が続く。

(1)渇いた地と水のある所が区別されている。

 5.命名(あるいは祝福)という神の行為が続く。

(1)「神はかわいた所を地と名づけ、水の集まった所を海と名づけられた」

(2)神による命名は、第3日目で終わる。

 6.完成したものに対して神の評価が為される。「神はそれを見て良しとされた」

 7.2度目のサイクル

  (1)第3日目の場合は、もうひとつの創造の行為が為されている。

(2)宣告の内容

①口語訳聖書がいい。「地は青草と、種をもつ草と、種類にしたがって種のある実を結ぶ果樹とを地の上にはえさせよ」

(3)神の宣告は、ただちに成就した。

(4)この場合の創造は、直接的なものではなく、間接的創造。

(5)地から生じた植物は3種類あったと考えるのがよいと思う。

①一般的な草の類と穀類

②香草、野菜類

③果樹の木々

(6)「種類に従って」種を残したり、実を結んだりした、

①これは、植物界の「種の垣根」である。

(7)3日目の場合は、「神はそれを見て良しとされた」という表現が、2度出てくる。

 8.締めくくりのことばは、「夕があり、朝があった。第3日」。

結論

1.信仰の目的は何か。

(1)第1日目は、シャカイナグローリーで始まっている。

(2)神の最初のことばは、「イェヒ」であった。

(3)黙示録は、シャカイナグローリーで終わっている。黙示録22:5

(例話)東後勝明先生の証し 洗礼を受ける際の質問

 2.聖書が書かれた目的は何か。

(1)人類の救いではない。

(2)神の栄光である。

(3)人類の救いは、その中に含まれる。

(例話)ゴルフで「集中しなさい」と言われても分からない。

 ①クリスチャンでない人たちは、人生においける「集中」を理解できない。

 ②クリスチャンもまた、自分中心の信仰にとどまっている限りは、これを理解できない。

 ③集中とは、「神の栄光」、シャカイナグローリーに対して焦点を合わせることである。

週間アクセスランキング

1

使徒の働き(71)―エペソでの奉仕―

2

使徒の働き(72)―スケワの7人の息子たち―

3

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

4

60分でわかる旧約聖書(24)エレミヤ書

5

60分でわかる新約聖書(8)コリント人への手紙第二

6

「自由、希望、誇り」

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.