Loading...

創世記(4)—第4日目〜第6日目—

  • 2008.06.30
  • 創世記1章:14〜31
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

天地創造の記事は、人間の価値がどこから来ているかを教えている。

関連テーマ

テーマを全て見る

創世記4 創世記1章14節~31節

「第4日目~第6日目」

イントロ:

1.前回の復習:創造の6日間について

  (1)1章2節:「トーフー」とは、カオスのこと。

  (2)1章2節:「ボーフー」とは、虚しい状態のこと。

  (3)6日間の創造は、厳密には修復、再生のことである。

   ①「トーフー」の修復が、第1日目から第3日目の業

   ②「ボーフー」の修復が、第4日目から第6日目の業

  (4)きょうは、第4日目から第6日目を取り上げる。

 2.第1日と第4日、第2日と第5日、第3日と第6日が対応している。

3.7つのステップが基本的には踏襲されている。

 4.きょうのメッセージは、私たちに何を教えているか。

(1)日本は自殺大国

 ①自殺者数は、2007年に33,093人。連続10年3万人以上(警察庁統計資料)

②自殺率は、10万人に約24人。旧ソ連邦に匹敵。米国の2倍以上。

 ③交通事故死。2006年に6,352人。10万人当たり4.97人。

 ④3分の2以上が男性。

 ⑤年齢と自殺者数とは正比例する。

(2)自殺の原因(3大原因で84パーセントを占める)

 ①健康問題48%

②経済・生活問題24%

③家庭問題12%

  (3)旧ソ連邦の例:ストレス、そして心の病気、特に、うつ病の状態

(4)うつ病は、ありふれた病気。一生のうちでうつ病にかかる人は14人に1人とも。

(5)問題は、人間の価値の源泉をどこで見出すかに尽きる。

(6)うつの時も、貧しい時も、病気の時も、年老いても「私には価値がある」と言えるか。

天地創造の記事は、人間の価値がどこから来ているかを教えている。

Ⅰ.第4日目(創世記1:14~19)(第1日目と対応している)

1.太陽、月、星が造られた。

(1)ここで造られた光る物が、3節の「光(シャカイナグローリー)」に取って代わる。

(2)季節、日、年のために役立つ。

(3)季節、日、年という概念が初めにあって、それを示すために光る物が造られた。

2.天の光るものは、「しるし」としての役割を果たす。

(1)航路を示すためのしるしとなる(ヨブ38:31~33)。

(2)神の栄光を示すしるしとなる(詩篇19:1、ロマ1:20)。

(3)神とイスラエルの契約が永遠に続くことのしるしとなる。(エレミヤ31:35~36)

 3.昼と夜、光とやみが区別された。

 4.神は見て、それを良しとされた。

 5.締めくくりのことば、「夕があり、朝があった」が出てくる。

Ⅱ.第5日目(創世記1:20~23)(第2日目と対応している)

 1.海には海の生き物が、空には鳥が創造された。

  (1)「種類に従って」:必ずしも生物学的な種類ではない。

  (2)「種の壁」のことである。

 2.1:21に出てくる「海の巨獣」とは何か。

  (1)ヘブル語では「タニニム(単数形タニン)」。旧約聖書に14回出てくる。

(2)新改訳聖書の訳

①「海の巨獣」

②「蛇」(出エジプト7章)

③「竜」

*イザヤ27:1ではレビヤタンと同じ生き物。

*イザヤ51:9ではラハブと同じ生き物。

④「わに」(エゼ29:3)

(3)「タニニム」が出てくる理由は、バビロニア神話(異教の創造神話)を否定するため。

*それらの神話では、天地は、神々と海の巨獣の戦いの結果誕生したとされる。

*神は唯一至高のお方であり、すべての生き物を創造された方

 例話:日本の創造神話(小林永濯・画、明治時代)

    古事記と日本書紀には、「国生み」の神話が記されている。

伊邪那岐(イザナギ)・伊邪那美(イザナミ)という二柱の神は、別天つ神(ことあまつがみ)たちから、国生みの命令を受ける。それは、漂っていた大地を完成させよという命令であった。別天つ神たちは、天沼矛(あめのぬぼこ)を二神に与えた。

イザナギ・イザナミは、天浮橋(あめのうきはし)に立って、天沼矛(あめのぬぼこ)で、渾沌とした海をかき混ぜるのであるが、この時、矛から滴り落ちたものが、積もって島となった。この島を淤能碁呂島(オノゴロ島、あるいはオノコロ島)という。これが、日本で最初に出来た島だとされる。「こをろこをろ」とかき混ぜて引き上げたので、この名が付いたという説がある。イザナギ・イザナミの二神は、この島に降り立ち、次々に島を造っていくのである。創世記の創造物語と日本の創造神話は、全く内容が異なるものである。

3.第5日には、命名はなくて、祝福という行為がある。

 (1)「生めよ、ふえよ。海の水に満ちよ、また鳥は地にふえよ」

 (2)神がお語りになった最初の祝福のことば。

4.神の評価と締めくくりのことばが続く。

Ⅲ.第6日目前半(創世記1:24~25)(第3日目と対応している)

 1.動物の創造

  (1)人間と同じように、動物も地から形作られた(創2:19)。

(2)人間と高等動物の体には、類似性がある。

 2.3種類の動物。

  (1)家畜

  (2)はうもの。足がないか、足が短いもの。両生類、爬虫類。

  (3)野の獣。家畜にならない動物。

 3.種類に従って創造された。「種の壁」。

 4.神は見て、それを良しとされた。

Ⅳ.第6日目後半(創世記1:26~31)(第3日目と対応している)

 1.6日目の創造は、第3日目と同じように2段階で行われる。

  (1)動物が創造され、最後に人間が創造される。

 2.新しい形の構文

(1)「われわれに似るように、…人を造ろう」。それまでは、「○○あれ」。

(2)神の創造の御業がクライマックスを迎えたことを示している。

(3)「われわれ」という複数形の主語は、神が三位一体のお方であることを表している。

(4)「人」はヘブル語で「アダム」。ここでは、アダムが普通名詞として使われている。

3.「神のかたち」とはどのようなものか。

(1)「かたち」はヘブル語で「ツェレム」。

(2)その意味は、偶像、彫像、似姿(幻で見る形)、などである。

(3)「神のかたち」の外面的な性質。

①人間は言葉を使用する。

②顔に表情がある。

③恥を感じることができる(顔が赤くなる)。

④自然界を支配する能力がある。

(4)「神のかたち」の内面的な性質。

①知性

②感情

③意志

④霊性(神を認識する能力)

  (5)この段階での人間の状態

   ①罪を犯すことができた。

   ②罪を犯さないこともできた。

   ③堕落以降、罪を犯さないということができなくなる。

4.創世記1:27

(1)「創造する(ヘブル語でバラ)」という動詞が3度も出てくる(クライマックス)。

(2)神は人を創造された。

(3)ご自分のかたちとして創造された。

(4)男と女とに創造されました。男女は同じ日(6日目)に創造された。

 5.創世記1:28~30

(1)エデン契約と呼ばれる契約

 ①聖書の最初の契約。

②2章に入ってから、さらに詳しい内容が示される。

③神がアダム(アダムは人類の代表)と結んだ契約である。

④しかし、結果的にはアダムはこの契約を破る(ホセア6:7参照)。

(2)「エデン契約」の条項

 ①地に増え広がれという命令。「生めよ。ふえよ。地を満たせ」。

*男女の性的な関係を前提とした命令。

*性的な関係を堕落の結果と見る見方は、聖書的ではない。

②地を管理せよという命令。「地を従えよ」。

 *地とそこに住むものとを支配・管理する特権が与えられた。

*詩篇8:6~8

*ヘブル2:5~9

*この特権は、かつてサタンに与えられていたものである(エゼ28:11~19参照)。

   ③生物界を管理せよという命令。「海の魚、空の鳥、地をはうすべての生き物を支配せよ」。

*アダムが動物に名前を付けるのは、管理権の行使。

④食物が与えられる。

*この時点では、人類は菜食主義者である。

*肉食は、動物の死がなければあり得ないこと。

*自然界に死が入ってくるまでは、人類は菜食しか知らなかった。

*動物たちもまた、菜食によって命を維持した。

6.創世記1:31

 (1)「神はお造りになったすべてのものを見られた。見よ。それは非常に良かった」

①「非常に良かった」と書かれているのは、第6日だけ。

②この日が、いかに特別な日であったかが分かる。

(2)締めくくりのことばは、「夕があり、朝があった。第六日」。

結論

1.被造の世界は、「非常に良かった」という状態から始まっている。

2.それを悪くしたのは、私たちの罪である。

3.人間性を正しく理解することによって、私たちの生きる方向性が確立する。

(1)「良いもの」と「罪」の区別により、人間の生活は積極的で感謝に満ちたものとなる。

(2)人間の価値は、生産性や、年齢や、優劣によって決まるものではない。

(3)私たちは、不完全から完全へと日々前進している。

 ①Ⅱコリント3:18

 「私たちはみな、顔のおおいを取りのけられて、鏡のように主の栄光を反映させながら、栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられて行きます。これはまさに、御霊なる主の働きによるのです」

 ②「姿を変える」は、「メタモフォウ」という動詞。

③キリストが変貌した時の動詞(マタイ17:2、マルコ9:2)

 ③死という繭にくるまれても、そこから見事な蝶に変貌する希望がある。

週間アクセスランキング

1

使徒の働き(75)―マケドニアとアカヤ再訪―

2

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

3

使徒の働き(74)―エペソでの騒動―

4

「イエスとアブラハム契約」中川洋

5

60分でわかる旧約聖書(24)エレミヤ書

6

60分でわかる旧約聖書(23)イザヤ書

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.