Loading...

出エジプト記(21)—シンの荒野にて—

  • 2010.05.10
  • 出エジプト16章:1〜36
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

神からの訓練を受けることを学ぶ。

関連テーマ

テーマを全て見る

出エジ21 出エジプト記16章1節~36節

「シンの荒野にて」

1.文脈の確認

(1)イスラエルの民は、紅海を渡った。

  (2)荒野の旅が始まった。

(3)マラでの体験

  (4)エリムでの体験

(5)エジプトを出て1ヶ月後にシンの荒野に入った。

(6)荒野の旅は、ご自身の民を訓練する学校でもある。

  2.アウトライン

(1)つぶやき(16:1~3)

(2)神の約束(16:4~12)

(3)マナの供給(16:13~15)

(4)マナに関する命令(16:16~34)

(5)補足説明(16:35~36)

  3.きょうのメッセージは、私たちに何を教えているか。

(1)つぶやきの原因

(2)神からの試みの意味

(3)マナが象徴するもの

このメッセージは、神からの訓練を受けるためのものである。

Ⅰ.つぶやき(16章1~3節)

  
1.エリムからシンの荒野へ

    (1)第2の月の15日

  ①エジプトを出たのは、第1の月の15日。

  ②1ヶ月が経過した。

  ③食物が尽きたころであろう。

(2)エリムとシナイの間にある

  ①エリムからおよそ30キロ

2.つぶやき

  ①全会衆:ヨシュアとカレブのような例外もあったであろう。

②モーセとアロンにつぶやいた。つぶやきが、パターン化してきている。

  ③マラでは、モーセに対してであったが、ここではアロンも加わっている。

3.つぶやきの内容

(1)現状への不満

  ①食べ物がない。

  ②あなたがたはこの全集団を飢え死にさせようとしている。

*誇張:彼らは大量の家畜を連れて出てきていたので食べ物はあった。

(2)過去を美化

  ①奴隷生活を美化している。

  ②エジプトで【主】の手にかかって死んでいたらよかったのに(10の災い)。

(3)信仰とは、今に感謝し、将来に希望を持つこと。

  ①エジプトに下った10の災害から守られた。

  ②紅海を渡ることができた。

  ③マラの水が甘くなった。

  ④エリムに導かれた。

(4)モーセとアロンへの反抗は神への反抗である。

  ①聖霊を痛ませる罪(イザ63:10)

  ②神の人格への攻撃である。

  ③これは、私自身の罪でもある。

  ④リバイバルは私から始まる必要がある。

Ⅱ.神の約束(16章4~12節)

  1.神の恵みと忍耐

(1)モーセは祈っていた(書かれてはいないが)。

(2)ソドムとゴモラの上には硫黄の火が降った。

  ①創19:24

  ②ここでは、正反対のものが降る。

(3)「見よ」

  ①何か超自然的なこと、驚くべきことが起ころうとしている。

  ②パンが天から降る。

  2.この約束には命令がともなっていた。

(1)内容

  ①毎日、1日分を集める。

  ②6日目には、2日分を集める。その理由はまだ述べられていない。

(2)命令の目的

①イスラエルの民を試すため

②【主】の意図は、民が日々【主】に信頼して歩むようになること。

  ③人間の思いは、一時に大量のものを集め、蓄えを増やしたいということ。

  ④蓄えが増えることは、神から離れた生活、自立した生活につながる。

*マタ19:23~24

  3.民に対するモーセとアロンの言葉

(1)「夕方には、あなたがたは、【主】がエジプトの地からあなたがたを連れ出され

  たことを知り、」

  ①イスラエルの民は、モーセとアロンが民をエジプトから連れ出したと言った。

  ②そうではなくて、【主】が民を連れ出したのだ。

  ③夕方には、食物が与えられる。

(2)「朝には、【主】の栄光を見る」

  ①パンが降ることによって。【主】の栄光とは、現実的な力である。

  ②あるいは、シャカイナグローリーのこと(出16:10)。

(3)「あなたがたが、この私たちにつぶやくとは、いったい私たちは何なのだろう」

  ①自分たちは出エジプトの演出者ではない。

  ②民のつぶやきは、【主】に対するものである。

  ③アロンがモーセの代弁者として民に語っている。

(4)【主】の栄光が雲の中に現れた。シャカイナグローリーの5番目の働き

  ①モーセを召した。

  ②イスラエルを導いた。

  ③イスラエルを守った。

  ④イスラエルのために戦った。

  ⑤必要な食物を供給する。

  4.モーセに対する【主】のことば

(1)イスラエル人のつぶやきを聞いた。

(2)民に伝えよ。

  ①夕暮れには肉を食べるようになる。

  ②朝にはパンで満ち足りるようになる。

  ③「あなたがたはわたしがあなたがたの神、【主】であることを知るようになる」

*契約の神

*恵み深い神

*必要なものはすべて与える神

  ④マタ6:31~34

Ⅲ.マナの供給(16章13~15節)

  1.夕方になると、うずらが飛んできた。

(1)エジプトの方から、紅海を超えて。

(2)宿営をおおった。大量に飛来した。

  ①「宿営をおおい」

②うずらのことは誰でも知っているので、それ以上の記述はない。

  2.朝になると、宿営の回りに露が一面に降りた。

(1)露が上がると、後に何かが残った。

①白い霜のような細かいもの

②うろこのような細かいもの

(2)イスラエル人の反応

  ①「これはなんだろう」「マン・フー」

  ②初めて見る食べ物

  ③詩78:25

「それで人々は御使いのパンを食べた。神は飽きるほど食物を送られた」

(3)【主】が食物として与えてくださったパンである。

Ⅳ.マナに関する命令(16章16~34節)

  
1.集める方法

(1)ひとり当たり1オメル(2.3リットル)ずつ集める。

  ①集めたものを積み上げ、各自に分配すると、ちょうどよかった。

(2)朝まで残しておいてはならない。

  ①全部食べよという意味ではない。

  ②他の人に上げたり、家畜のえさにしたり、捨てたりできる。

  ③日々、【主】からのパンの供給に信頼することを教えている。

(3)ある者は朝まで、それを残しておいた。

  ①信仰が足りない。翌朝の供給を信じない。

②虫がわき、悪臭を放った。

  ③マナの本来の性質が腐りやすいということではない。

  ④不信仰への罰である。

  ⑤モーセの怒り。神の命令に従わないことへの怒り

(4)朝ごとに、集めた。日が熱くなると、溶けた。

  2.6日目の規定

(1)2倍のパンを集める。

(2)7日目は「【主】の聖なる安息である」

  ①ヘブル語では定冠詞がない。

  ②初めて出てくる概念である。

  ③モーセの律法により、安息日の規定が定まる。

(3)マナの調理法

  ①焼いても、煮てもおいしい。

  ②そのままでも食べられる。

  ③調理するのは、味の変化のためであって、保存のためではない。

  ④翌日まで取っておいたが、それは腐敗しなかった。

  3.7日目の規定

(1)前日から残ったものを食べる。

  ①安息の7日目は、マナと同様に【主】からの祝福である。

(2)安息の7日目には、マナは降らない。

①民の中のある者は7日目に集めに出た。

②食べ物が不足しているからではない。

③モーセの言葉が本当かどうか試すために。

④何も見つけることができなかった。

(3)【主】のことば

①祝福のことばは、命令のことばに変る。

②「7日目には、あなたがたはそれぞれ自分の場所にとどまれ。その所からだれ

も出てはならない」

③「それで、民は七日目に休んだ」

  4.マナという命名

(1)「マン・フー」から来ている。

(2)特徴

①コエンドロの種のように白い

②味は蜜を入れたせんべい(ウェファース)のよう。

  5.後の世代のために保存する。

(1)壺の中に、1オメルのマナを入れる。

①ヘブ9:3~4

Ⅴ.補足説明(16章35~36節)

1.40年間マナの供給は続いた。

    (1)ヨシ5:10~12

①約束の地に入った時に、マナの供給は止んだ。

  2.1オメルは1エパの10分の1

(1)1エパは23リットル。

結論:このメッセージは、神からの訓練を受けるためのものである。

  1.つぶやきの原因

(1)混じって来た人の存在

(2)啓示への理解不足

(3)奴隷の生活を忘れている。

(4)信仰がない。

  2.
神からの試みの意味


(1)【主】に従うかどうか。


(2)日々のマナ、6日目の2倍、7日目の安息


  ①すべて特権であり、恵みである。


  ②その認識がないと、自分勝手な行動になる。


  ③恵みのことばが命令に変らざるを得なくなる。

  3.マナが象徴するもの


(1)マナは、主イエスを象徴している。


「これは天から下って来たパンです。あなたがたの父祖たちが食べて死んだようなも


のではありません。このパンを食べる者は永遠に生きます」(ヨハ6:33)


(2)私たちへの適用


  ①神は【主】(ヤハウェ)である。

*マナは、記念として残された。

*【主】は必要を満たす神である。


  ②マナの奇跡は、自然と超自然の融合。


*イエスの2面性。人であり神である。


  ③マナは、ルールに基づいて集め、食べる。


*日々の行為


*7日目の安息


  ④マナは、完璧な食べ物である。


*コロ2:9

「キリストのうちにこそ、神の満ち満ちたご性質が形をとって宿っています」

週間アクセスランキング

1

使徒の働き(75)―マケドニアとアカヤ再訪―

2

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

3

使徒の働き(74)―エペソでの騒動―

4

「イエスとアブラハム契約」中川洋

5

使徒の働き(76)―トロアス教会の集会―

6

60分でわかる旧約聖書(23)イザヤ書

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.