Loading...

ローマ人への手紙(46)—愛の勧め(1)—

  • 2011.11.14
  • ローマ書12章:9〜13
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

愛の勧告について学ぶ。
チャート「神の義の啓示」

関連テーマ

テーマを全て見る

「愛の勧め(1)」

1.はじめに

  (1)文脈の確認

    ①1~8章が教理

    ②9~11章がイスラエルの救い

    ③12~16章が適用

    (2)これまでに学んだ12章の内容

      ①献身の勧め(1~2節)

②謙遜の勧め(3~8節)

③アンケートの紹介

    (3)きょうの箇所

      ①愛の勧め(1)(9~13節)

②13の勧めが記されている。

      ③前提を確認しておく。

    *この勧めを未信者に語ることは、時には逆効果となる。

        *信者の中には、古い性質と新しい性質があり、それが戦っている。

        *この勧めを実行する力は、聖霊から来る。位置的真理の確認が重要である。

        *動詞(分詞)の時制はすべて現在形である。継続した行為を指す。

  2.アウトライン(13のポイントがある)

  3.メッセージのゴール

    (1)愛について考える。

このメッセージは、愛の勧告について学ぼうとするものである。

Ⅰ.愛には偽りがあってはなりません。

  1.翻訳の比較(9節)

  「愛には偽りがあってはならない」(口語訳)

「愛には偽りがあってはなりません」(新改訳)

「愛には偽りがあってはなりません」(新共同訳)

2.この愛は、アガペイの愛である。

  (1)この世の愛には、見かけだけのもの、毒を含んだものがある。

    ①信者もまた、そのような価値観に引き込まれる危険性がある。

  (2)劇的な対比を見よ。

    ①アガペイの愛は、善の集大成。

    ②偽りとは、偽善のこと。悪のしるしである。

    ③「仮面をかぶった愛の行為は不可能である」

  (3)これがクリスチャン生活の基本原則であり、要である。

    ①これ以降の勧告は、その要から出てくるものである。

Ⅱ.悪を憎み、

  1.翻訳の比較(9節)

「悪は憎み退け、」(口語訳)

「悪を憎み、」(新改訳)

「悪を憎み、」(新共同訳)

2.愛は具体的に表現される必要がある。

  (1)罪を憎むことは、その表現のひとつである。

    ①「憎む」は、忌み嫌う、ひどく嫌悪する、拒絶する。

    ②英語では、「abhor」である。

    ③「悪は憎み退け、」(口語訳)が一番良い。

    ④一例を上げると、テロ行為を見た時に示す反応である。

  (2)「この世(時代)」の価値観は私たちを麻痺させる。

    ①寛容は善であるという理由が、敵に利用されている。

    ②罪に対して敏感であれという勧告である。

Ⅲ.善に親しみなさい。

  
1.翻訳の比較(9節)

  「善には親しみ結び、」(口語訳)

  「善に親しみなさい」(新改訳)

  「善から離れず、」(新共同訳)

  2.善との関係を示すギリシア語は、「コラオウ」である。

    (1)1コリ6:16

    「遊女と交われば、一つからだになることを知らないのですか。『ふたりは一体となる』

と言われているからです」

  ①「交わる」は「コラオウ」である。

  ②男女の親密な関係を指す。

(2)継続した行為である。

  ①みことばは、何が善であるかを私たちに教えている。

②日々の知識の更新が必要である。

Ⅳ.兄弟愛をもって心から互いに愛し合い、

 
 1.翻訳の比較(10節)

  「兄弟の愛をもって互にいつくしみ、」(口語訳)

「兄弟愛をもって心から互いに愛し合い、」(新改訳)

「兄弟愛をもって互いに愛し、」(新共同訳)

2.愛に関する2つの言葉が出てくる。

(1)ともに「フィロス」が付く。

  ①フィラデルフィア(兄弟愛)

  ②フィロストルゴス(親子愛)

(2)兄弟姉妹への愛が、未信者への愛よりも優先される。

  ①ガラ6:10

  「ですから、私たちは、機会のあるたびに、すべての人に対して、特に信仰の家

族の人たちに善を行いましょう」

Ⅴ.尊敬をもって互いに人を自分よりまさっていると思いなさい。

  1.翻訳の比較(10節)

  「進んで互に尊敬し合いなさい」(口語訳)

  「尊敬をもって互いに人を自分よりまさっていると思いなさい」(新改訳)

  「尊敬をもって互いに相手を優れた者と思いなさい」(新共同訳)

  2.ピリ2:3

  「何事でも自己中心や虚栄からすることなく、へりくだって、互いに人を自分よりもすぐ

れた者と思いなさい」

  (1)エゴホリック(自己中心性)が、教会内の争いの原因となる。

①相手の内に、キリストを見る。

②相手に対する敬愛と、相手は自分よりも優れているという認識。

Ⅵ.勤勉で怠らず、

  1.翻訳の比較(11節)

  「熱心で、うむことなく、」(口語訳)

「勤勉で怠らず、」(新改訳)

「怠らず励み、」(新共同訳)

2.コロ3:23

「何をするにも、人に対してではなく、主に対してするように、心からしなさい」

  (1)全身全霊を込めてそれをしなさい。

  (例話)煙草を吸おうとしたカーペット職人の話

  (2)信者の動機付けは、「主に対してするように」である。

Ⅶ.霊想に燃え、

  1.翻訳の比較(11節)

  「霊に燃え、」(口語訳)

  「霊に燃え、」(新改訳)

「霊に燃えて、」(新共同訳)

2.「霊において燃え」のことである。

  (1)「霊」とは、人間の霊である。

    ①英語では、「on fire with the Spirit」である。

  (2)2つの注意点がある。

    ①聖霊の満たしによってこれが可能となる。聖霊の支配。

    ②知識のない熱心は、危険である。

    「私は、彼らが神に対して熱心であることをあかしします。しかし、その熱心は

知識に基づくものではありません」(10:2)

Ⅷ.主に仕えなさい。

  1.翻訳の比較(11節)

  「主に仕え、」(口語訳)

  「主に仕えなさい」新改訳

  「主に仕えなさい」(新共同訳)

  2.ギリシア語の動詞は、「デューリユーオウ」である。

(1)自発的なしもべとして仕える。

(2)主に仕えるとは、みからだなる教会に仕えること。

  ①御霊の賜物をもって仕える。

Ⅸ.望みを抱いて喜び、

1.翻訳の比較(12節)

  「望みをいだいて喜び、」(口語訳)

「望みを抱いて喜び、」(新改訳)

「希望をもって喜び、」(新共同訳)

  2.希望(エルピス)とは、単なる願いではない。

    (1)確信に満ちた信頼のことである。

    (2)終末的未来に手を伸ばすことである。

  3.1ペテ1:3

  「私たちの主イエス・キリストの父なる神がほめたたえられますように。神は、ご自分の

大きなあわれみのゆえに、イエス・キリストが死者の中からよみがえられたことによって、

私たちを新しく生まれさせて、生ける望みを持つようにしてくださいました」

Ⅹ.患難に耐え、

  1.翻訳の比較(12節)

「患難に耐え、」(口語訳)

「患難に耐え、」(新改訳)

「苦難を耐え忍び、」(新共同訳)

2.希望と忍耐の関係

  (1)ロマ5:3~4

  「そればかりではなく、患難さえも喜んでいます。それは、患難が忍耐を生み出し、

忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すと知っているからで

す」

  (2)人生は、患難に満ちている。

    ①想定外のことだと言うべきではない。

    ②終末的希望があれば、患難に耐えることができる。

Ⅺ.絶えず祈りに励みなさい。

1.翻訳の比較(12節)

「常に祈りなさい」(口語訳)

「絶えず祈りに励みなさい」(新改訳)

「たゆまず祈りなさい」(新共同訳)

2.祈りは、患難に耐えるための力となる。

  (1)祈りが困難な理由は、サタンが私たちを神から切り離そうとしているから。

Ⅻ.聖徒の入用に協力し、

1.翻訳の比較(13節)

「貧しい聖徒を助け、」(口語訳)

「聖徒の入用に協力し、」(新改訳)

「聖なる者たちの貧しさを自分のものとして彼らを助け、」(新共同訳)

2.優先順位は、信者、そして教会外の人たちである。

  (1)初代教会では、経済的困窮者が多かった。

ⅩⅢ.旅人をもてなしなさい。

  1.聖句の比較(13節)

  「努めて旅人をもてなしなさい」(口語訳)

  「旅人をもてなしなさい」(新改訳)

  「旅人をもてなすよう努めなさい」(新共同訳)

  2.時代の要請

    (1)宿は少なく、また、安心できない場合が多かった。

    (2)旅する伝道者、聖徒たちが多くいた。

  3.2つのギリシア語

(1)「もてなし」は、ギリシア語で「フィロクセニア」。

      ①これは、「見知らぬ人への愛」という意味である。

    (2)「努めなさい」は、ギリシア語で「ディオウコウ」。

      ①これは、「追いかける」、「追及する」という意味である。

      ②機会を待つのではなく、こちらから積極的にその機会を追求する。

結論

  1.愛こそがクリスチャン生活の基本原則であり、要である。

    (1)ここでの12の勧告は、最初の勧告である愛から出てくるものである。

(例話)樋野興夫先生 2011年10月31日のブログ

昨日は大学での解剖慰霊祭であった。病理解剖は「医学の真髄の学び」と「医療人として

の人格養成」の原点である。筆者は実行委員長として「閉会の辞」を述べる機会が与えら

れた。若き日から病理解剖に従事し「人生の悲しみ・むなしさ」の体験は、人生の目的は、

お金でも地位でもなく「人生の目的は品性の完成なり」の学びの「厳しい修練の場」であ

った。

2.この聖書箇所は、1コリ13章と似ている。

「愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。愛は自慢せず、高慢になりま

せん。礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、人のした悪を思わず、不

正を喜ばずに真理を喜びます。すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべ

てを耐え忍びます」(1コリ13:4~7)

週間アクセスランキング

1

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

2

使徒の働き(67)―コリントでの伝道(3)―

3

使徒の働き(68)―第二次伝道旅行の完結―

4

60分でわかる旧約聖書(26)エゼキエル書

5

信仰によって

6

60分でわかる旧約聖書(24)エレミヤ書

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.