Loading...

メシアの生涯(164)—パリサイ主義の糾弾(3)、やもめの献金—

  • 2015.08.10
  • マタイ23章:37〜39、マルコ12章:41〜44
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

神に喜ばれる信仰とは何かを学ぶ。
参考資料として「献金箱」「やもめの献金(イメージ)」の写真が入っています。

「パリサイ主義の糾弾(3)」

マコ12:38~40、マタ23:1~39、ルカ20:45~47

「やもめの献金」

マコ12:41~44、ルカ21:1~4

1.はじめに

  (1)文脈の確認

    ①イエスの最後の1週間について学んでいる。

②きょうの出来事も、火曜日に起こったものである。

③イエスの公生涯は、きょうの箇所で終了する。

④パリサイ人たちに語った7つの「わざわい」の最後は、イエスの涙である。

  *エルサレム崩壊の預言

⑤公生涯の締めくくりは、やもめの献金である。

  (2)A.T.ロバートソンの調和表

    §137 イエスは、最後の公の教えで、律法学者とパリサイ人たちを糾弾する。

        マコ12:38~40、マタ23:1~39、ルカ20:45~47

    §138 やもめの献金

  マコ12:41~44、ルカ21:1~4

2.アウトライン

  (1)イエスの涙(マタ23:37~39)

    ①エルサレム崩壊の預言

    ②再臨の預言

  (2)やもめの献金(マコ12:41~44)

    ①イエスの観察

    ②イエスの教え

  3.結論:

    (1)再臨と携挙の違い

    (2)反ユダヤ主義の理由

    (3)やもめの献金からの教訓

神に喜ばれる信仰とは何かを学ぶ。

Ⅰ.イエスの涙(37~39節)

  1.エルサレム崩壊の預言


Mat 23:37
ああ、エルサレム、エルサレム。預言者たちを殺し、自分に遣わされた人たちを石で打つ者。わたしは、めんどりがひなを翼の下に集めるように、あなたの子らを幾たび集めようとしたことか。それなのに、あなたがたはそれを好まなかった。

Mat 23:38 見なさい。あなたがたの家は荒れ果てたままに残される。

    
(1)「ああ、エルサレム、エルサレム」

①7つの「わざわいだ」の結末に来るのは、イエスの涙である。

  *「ああ、エルサレム、エルサレム」は、感情がこもった言葉である。

②エルサレムとは、エルサレムの住民でもあり、ユダヤ人全体でもある。

③イエスは、7つの「わざわいだ」の中で「目の見えぬ」という言葉を5回も使

っている。

④彼らは、盲目の指導者に導かれ、誤った道に向かう悲劇の民である。

⑤彼らは、預言者たちを殺し、神からの使者を石打ちにしてきた民である。

    (2)イエスは、その民を愛された。

      ①めんどりと雛の比ゆが使われている。

      ②雛は、危険を察知すると、めんどりの翼の下に逃げて来る。

      ③イエスは、ユダヤ人たちに愛を示されたが、彼らは雛のようではなかった。

    (3)訳文の比較

      「それなのに、あなたがたはそれを好まなかった」(新改訳)

      「だが、お前たちは応じようとしなかった」(新共同訳)

      「それだのに、おまえたちは応じようとしなかった」(口語訳)

      「されど汝らは好まざりき」(文語訳)

      「それなのに、あなたがたはそれを拒んでしまったのです」(リビングバイブル)

      「and you would not!」(KJV)

      「but you were unwilling!」(NIV)

    (4)訳文から見えて来ること

      ①ユダヤ人の盲目だけが、メシア拒否の原因ではない。

      ②「信じたくないから信じないんだ」という否定的な意志が感じられる。

      ③滅びの責任は、彼らにある。

    (5)「見なさい。あなたがたの家は荒れ果てたままに残される」

      ①「家」とは、第一義的には神殿のことである。

      ②広い意味では、エルサレムの町、また、ユダヤ人国家も含むと考えられる。

      ③これは、メシアの死と再臨の間の期間に起こることの預言である。

      ④これは、紀元70年に成就した。

  2.再臨の預言


Mat 23:39
あなたがたに告げます。『祝福あれ。主の御名によって来られる方に』とあなたがたが言うときまで、あなたがたは今後決してわたしを見ることはありません。」

    
(1)イエスは、ユダヤ人たちを見捨てたのではない。

      ①イエスは、再び戻って来られる。

      ②しかし、再臨の時までは、ユダヤ人たちがイエスを見ることはない。

      ③復活のイエスに出会うのは、信者だけである。

    (2)再臨の条件

      ①「祝福あれ。主の御名によって来られる方に」という祈りである。

      ②これは、詩118:26にあるメシアを迎える時の公式な歓迎の言葉である。

      ③ユダヤ人たちが、この祈りをすることが再臨の条件である。

        *ユダヤ人たちが信仰を持ったことが暗示されている。

      ④盲目の指導者に導かれてメシアを拒否した民が、正しい指導者に導かれて信仰

を告白するようになる。

Ⅱ.やもめの献金(41~44節)

  1.イエスの観察


Mar 12:41
それから、イエスは献金箱に向かってすわり、人々が献金箱へ金を投げ入れる様子を見ておられた。多くの金持ちが大金を投げ入れていた。

Mar 12:42 そこへひとりの貧しいやもめが来て、レプタ銅貨を二つ投げ入れた。それは一コドラントに当たる。

    
(1)予備知識

      ①この出来事は、公生涯最後の出来事である。

      ②この箇所を最後に、イエスは神殿から離れる。

③パリサイ人やサドカイ人たちは、イエスの怒りを恐れイエスから離れている。

④弟子たちでさえも、イエスから距離を置いた所にいる。

      ⑤イエスは、異邦人の庭で教えていたが、ここで婦人の庭に入る。

      ⑥婦人の庭の一方の壁に、献金箱が置かれていた。

        *13個あった。それぞれ、目的が異なる献金箱であった。

        *入り口が、ラッパの形をしていた。

        *画像①

      ⑦婦人の庭に置かれた理由は、男女の区別なく献金ができるようにするため。

    (2)観察段階

      ①イエスは、献金箱が置かれている壁を正面に見る位置に座られた。

      ②過越の祭りにやって来た巡礼者たちが、どのような姿勢で献金を捧げるかを観

察しておられた。

③多くの金持ちが大金を投げ入れていた。

④ひとりの貧しいやもめがレプタ銅貨2枚を投げ入れた。

  *画像②

  *レプタは、パレスチナで流通していた最小単位のユダヤの銅貨である。

  *レプタ2枚は、ローマのデナリの64分の1である。

  *1デナリは当時の日当。仮に1万円とすると、レプタ2枚は156円である。

  2.イエスの教え


Mar 12:43
すると、イエスは弟子たちを呼び寄せて、こう言われた。「まことに、あなたがたに告げます。この貧しいやもめは、献金箱に投げ入れていたどの人よりもたくさん投げ入れました。


Mar 12:44 みなは、あり余る中から投げ入れたのに、この女は、乏しい中から、あるだけを全部、生活費の全部を投げ入れたからです。」

    
(1)これは、弟子たちへの教えである。

      ①弟子たちは距離を置いていたので、彼らを呼び寄せている。

      ②厳粛な教えである。

      ③人間による評価では、どれくらいの額を投げ入れたかで価値が決まる。

      ③イエスによる評価では、どれくらいの犠牲を払ったかで価値が決まる。

      ④このやもめは、生活費の全部を投げ入れた。

    (2)やもめのための心配

      ①将来への備えはどうなったのか。

      (例話)その日の夕食にありつけたか。

      ②これは、信仰に基づく行為である。

      ③神は必要を満たしてくださる。

        *ユダヤ人の会堂では、やもめに対する援助が行われていた。

        *初代教会は、その習慣を踏襲した(使6:1~4参照)。

結論:

  1.再臨と携挙の違い

    (1)再臨の条件は、ユダヤ人の民族的回心である。

    (2)ゼカ12:10


    「わたしは、ダビデの家とエルサレムの住民の上に、恵みと哀願の霊を注ぐ。彼らは、自分たちが突き刺した者、わたしを仰ぎ見、ひとり子を失って嘆くように、その者のために嘆き、初子を失って激しく泣くように、その者のために激しく泣く」

      ①ユダヤ人にとっては、ひとり子を失くす悲しみ以上の悲しみはない。

      ②ユダヤ人の回心は、大患難時代の最後に起こる。

    (3)大患難時代→ユダヤ人の民族的回心→メシアの再臨→千年王国

    (4)携挙には、前提条件がない。

      ①紀元70年のエルサレム崩壊以降、携挙はいつでも起こりうる状態となった。

      ②携挙とは、普遍的教会が天に上げられることである。

  2.反ユダヤ主義の理由

    (1)歴史上、反ユダヤ主義が途絶えたことはない。

      ①最近は、民族的な反ユダヤ主義から政治的反ユダヤ主義に移行している。

    (2)反ユダヤ主義の最大の目的は、霊的なものである。

      ①ユダヤ人がイエスを信じる前に、彼らを抹殺するというのがそれである。

      ②ユダヤ人がいなくなれば、メシアの再臨もなくなる。

      ③背後で指揮をしているのは、サタンである。

  3.やもめの献金からの教訓

    (1)ここには、パリサイ人たちとやもめの信仰の対比がある。

      ①イエスは神殿の中で初めて小さな光を見た。

      ②このやもめは、イエスを信じる者が見習うべき手本である。

    (2)ここには、全的献身の姿がある。

      ①口伝律法では、慈善のための献金は2レプタ以上とされていたが、ここではそ

の規定は適用されない。

②つまり、彼女は1レプタだけ捧げる道もあったのが、全部を捧げた。

③弟子たちの全的献身が試されようとしている。

④マコ14:27~31


Mar 14:27
イエスは、弟子たちに言われた。「あなたがたはみな、つまずきます。『わたしが羊飼いを打つ。すると、羊は散り散りになる』と書いてありますから。

Mar 14:28 しかしわたしは、よみがえってから、あなたがたより先に、ガリラヤへ行きます。」

Mar 14:29 すると、ペテロがイエスに言った。「たとい全部の者がつまずいても、私はつまずきません。」


Mar 14:30
イエスは彼に言われた。「まことに、あなたに告げます。あなたは、きょう、今夜、鶏が二度鳴く前に、わたしを知らないと三度言います。」


Mar 14:31
ペテロは力を込めて言い張った。「たとい、ごいっしょに死ななければならないとしても、私は、あなたを知らないなどとは決して申しません。」みなの者もそう言った。

    (3)ここには、イエスの全面的な自己犠牲の予表がある。

週間アクセスランキング

1

使徒の働き(71)―エペソでの奉仕―

2

「自由、希望、誇り」

3

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

4

使徒の働き(70)―12人の弟子たちの救い―

5

60分でわかる新約聖書(8)コリント人への手紙第二

6

60分でわかる旧約聖書(24)エレミヤ書

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.