Loading...

メシアの生涯(148)—バルテマイの癒し—

  • 2015.04.06
  • マルコ10章:46〜52
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

盲人の癒しを通して、弟子道について学ぶ。

「バルテマイの癒し」

マコ10:46~52

1.はじめに

  (1)文脈の確認

    ①イエスは、エルサレムへの途上で、さまざまなテーマについて教えた。

    ②前回は、イエスによる受難と復活の予告であった。

    ③弟子たちは、その意味が理解できなかった。

    ④弟子たちが乗っている文脈と、イエスが語っている文脈とが異なる。

      *イエスは十字架に向かって進んでいる。

      *弟子たちの認識では、戴冠式に向かう王の行列に参加している。

    ⑤このことを前提に、きょうの箇所を読む必要がある。

      ⑥単純で、麗しい物語である。

  (2)A.T.ロバートソンの調和表

    §126 盲人のバルテマイとその仲間の癒し

マコ10:46~52、マタ20:29~34、ルカ18:35~43

  2.アウトライン

    (1)状況説明(46節)

    (2)バルテマイの願い(47~48節)

(3)イエスの答え(49~52節)

  3.結論

    (1)逆転の法則

    (2)機会の法則

    (3)弟子の法則

盲人の癒しを通して、弟子道について学ぶ。

Ⅰ.状況説明(46節)

  
1.46節


Mar 10:46
彼らはエリコに来た。イエスが、弟子たちや多くの群衆といっしょにエリコを出られると、テマイの子のバルテマイという盲人の物ごいが、道ばたにすわっていた。

    
(1)イエスの一行は、ペレアを去ってヨルダン川を渡り、エリコまで来た。

      ①エリコはユダヤの一部である。

      ②エリコからエルサレムまでは、徒歩で1日の道のりである。

      ③多くの群巡礼者が、エルサレムに向かっていた。

      (例話)今年のペサハは、4月3日(金)の日没から始まった。

    (2)盲人は、何人いたのか。

      ①マタ20:30では、「ふたりの盲人」となっている。

      ②マルコの福音書では、ひとりである。

      ③これは、矛盾ではない。

*盲人はふたりいた。

*マルコは、より目立つ人物に焦点を合わせている。

    (3)この出来事が起こった場所は、どこか。

      ①ルカ18:35

      「イエスがエリコに近づかれたころ、ある盲人が、道ばたにすわり、物ごいをし

ていた」

②マコ10:46

「彼らはエリコに来た。イエスが、弟子たちや多くの群衆といっしょにエリコを

出られると、テマイの子のバルテマイという盲人の物ごいが、道ばたにすわって

いた」

③これは、矛盾ではない。

  *旧約のエリコ

  *新約のエリコ(ヘロデが冬の王宮のために建設。南に約2キロの場所)

  *イエスは、旧約のエリコを出て、新約のエリコに向かっておられた。

  (例話)不信仰な質問をする学者 「第3の盲人」

    (4)当時の盲人の社会的地位は、どのようなものであったか。

      ①盲人や身体にハンディのある者は、一般職に就くことができなかった。

      ②生き延びる唯一の方法は、物ごいをすることであった。

        *通常は、人通りの多い場所に座った。

      ③彼らは、社会的弱者であったが、モーセの律法によって守られていた。

      ④宗教的には、見下されていた。

      ⑤子どもたちが見下されていたのと、同じである。

Ⅱ.バルテマイの願い(47~48節)

  
1.47節


Mar 10:47 ところが、ナザレのイエスだと聞くと、「ダビデの子のイエスさま。私をあわれんでください」と叫び始めた。

    
(1)彼は、イエスに関する知識を持っていた。

      ①ナザレのイエスは、盲人の目を開いた方である。

      ②そこで彼は、叫び始めた。

    (2)「ダビデの子イエスさま」

      ①彼は、イエスがイスラエルのメシアであることを信じた。

      ②不信仰な指導者たちとは、対照的である。

    (3)イエスは、彼を黙らせなかった。

①イエスは、「人の子」という称号を用いられた。

②ここでは、「ダビデの子」と呼ばれることを受け入れている。

  2.48節


Mar 10:48 そこで、彼を黙らせようと、大ぜいでたしなめたが、彼はますます、「ダビデの子よ。私をあわれんでください」と叫び立てた。

    
(1)人々は、彼を黙らせようとした。

      ①大ぜいでたしなめた。弟子たちも入っていたであろう。

      ②盲人は、王の行列を妨害している。

      ③弟子たちが、イエスに近づく子どもたちを叱ったのと同じ構図である。

      ④しかし盲人は、ますます激しく叫び立てた。

Ⅲ.イエスの答え(49~52節)

  
1.49~50節


Mar 10:49
すると、イエスは立ち止まって、「あの人を呼んで来なさい」と言われた。そこで、彼らはその盲人を呼び、「心配しないでよい。さあ、立ちなさい。あなたをお呼びになっている」と言った。

Mar 10:50 すると、盲人は上着を脱ぎ捨て、すぐ立ち上がって、イエスのところに来た。

    (1)イエスは立ち止まられた。

      ①エルサレムに向かう決意を固めている時でも、弱者への奉仕を忘れない。

      (例話)タイムマネッジメントと予定変更

      ②「あの人を呼んで来なさい」とは、たしなめている人たちへの叱責である。

    (2)人々は、盲人に励ましの言葉をかけた。

     「心配しないでよい。さあ、立ちなさい。あなたをお呼びになっている」(新改訳)

    「安心しなさい。立ちなさい。お呼びだ」(新共同訳)

    「喜べ、立て、おまえを呼んでおられる」(口語訳)

    「心安かれ、起て、なんぢを呼びたまふ」(文語訳)

    「運のいいやつだ。 おい、イエス様がお呼びだぞ」(リビングバイブル)

    (4)盲人は、すぐにイエスのところに来た。

      ①劇的な描写である。

      ②目撃者情報である。ペテロがマルコに伝えたと思われる。

  2.51~52節


Mar 10:51
そこでイエスは、さらにこう言われた。「わたしに何をしてほしいのか。」すると、盲人は言った。「先生。目が見えるようになることです。」


Mar 10:52
するとイエスは、彼に言われた。「さあ、行きなさい。あなたの信仰があなたを救ったのです。」すると、すぐさま彼は見えるようになり、イエスの行かれる所について行った。

    
(1)「わたしに何をしてほしいのか」

      ①盲人の信仰を確認し、それを引き出すための質問である。

    (2)「先生」

      ①「ラボニ」とは、「我が主」という意味である。

      ②ヨハ20:16で、マグダラのマリアが復活のイエスにそう呼びかけている。

    (3)「あなたの信仰があなたを救ったのです」

      ①信仰が彼を癒したのではない。

      ②信仰は、癒しを受け取る方法である。

      ③さらに、肉体的癒しは、彼が霊的に救われたことを示している。

    (4)この盲人は、イエスの後に従った。

結論

  1.逆転の法則

    (1)先の者が後になり、後の者が先になる。

    (2)「いのちを救おうと思う者はそれを失い、わたしと福音とのためにいのちを失う

者はそれを救うのです」(マコ8:35)

(3)イスラエルは霊的盲目状態にあったが、この盲人は、霊的には見えていた。

「そこで、イエスは言われた。『わたしはさばきのためにこの世に来ました。それは、

目の見えない者が見えるようになり、見える者が盲目となるためで』」(ヨハ9:39)

  2.機会の法則

    (1)イエスがエリコを通るのは、これが最後である。

    (2)盲人は、最初で最後の機会を有効に捉えた。

      ①盲人は、一生懸命イエスに叫び続けた。

    「神は言われます。『わたしは、恵みの時にあなたに答え、救いの日にあなたを助け

た。』確かに、今は恵みの時、今は救いの日です」(2コリ6:2)

(例話)テレビ伝道 「今が時です」

  3.弟子の法則

    (1)弟子化のプロセス

      ①先ず、自らの無力を認識した。

        *盲人であるので、一般人よりもその認識がある。

        *上着を脱ぎ捨てた。象徴的行為である。

        *上着は、防寒用であり、寝具であり、施しを受けるための道具である。

      ②次に、イエスをメシアと認識した。

        *神の恵みを与えてくれるのは、イエスだけである。

      ③その結果、信仰による救いを体験した。

        *肉体の癒しは、霊的に救われていることの証明である。

      ④そして、イエスに従った。

        *数日後に、彼はイエスの十字架の死を目撃することになる。

(2)盲人の視力の回復は、弟子たちの霊的目が開かれることの例示である。

  ①弟子たちの目は、イエスの復活と聖霊降臨によって開かれる。

  ②盲人のために立ち止まることこそ、神の国の本質に関係したことである。

(3)バルテマイとは、「テマイの息子」という意味である。

      ①実名が出て来るのは、初代教会で有名な信者になっていたからであろう。

      ②「いのちの書」と「小羊のいのちの書」

        *誕生した人の名は、すべて「いのちの書」に書かれている。

        *不信者のままで死ぬと、その名は消される。

        *信じた時に、「小羊のいのちの書」に名が記される。

        *最終的には、「いのちの書」と「小羊のいのちの書」が同一のものとなる。

      (例話)ホテルの予約表に名が記されていないことがあった。

週間アクセスランキング

1

60分でわかる新約聖書(6)ローマ人への手紙

2

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

3

使徒の働き(61)―ベレアでの伝道―

4

使徒の働き(60)―テサロニケでの伝道―

5

30日でわかる聖書 マタイの福音書(1)メシアの誕生

6

Q210 なぜアダムの罪が全人類に影響を及ぼすのですか。

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.