Loading...

メシアの生涯(123)—弟子たちへの教え(2)—

  • 2014.09.01
  • ルカ12章:13〜21
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

弟子たちへの教えを通して、イエスから警告と励ましを受ける。

「弟子たちへの教え(2)」

ルカ12:13~21

1.はじめに

  (1)文脈の確認

    ①パリサイ人の家の食卓で、イエスはパリサイ人たちの儀式主義を糾弾した。

    ②その直後に、イエスの回りにおびただしい数の人たちが集まって来た。

    ③イエスは、弟子たちに、そして、群衆に霊的真理を語った。

④前回は、弟子たちへの教え①を学んだ(恐れずに証しせよ)。

  (2)A.T.ロバートソンの調和表

  §108~110は、ひとかたまりと考えるべきである。

    ①§108 ルカ12:1~59

    ②§109 ルカ13:1~9

    ③§110 ルカ13:10~21

  (3)内容

    ①ルカ12:1~53 弟子たちへの教え 5つのテーマ

    ②ルカ12:54~13:21 群衆への教え 4つのテーマ

    (4)アウトライン(12:1~53)

      ①恐れずに証しせよ(12:1~12)

      ②貪欲に注意せよ(12:13~21)

      ③心配するな(12:22~34)

      ④その日に備えよ(12:35~48)

      ⑤誤解されることを恐れるな(12:49~53)

    (今回は②を取り上げる)

  3.結論:

    (1)本当の豊かさ

(2)裁き主イエス

弟子たちへの教えを通して、イエスから警告と励ましを受ける。

Ⅱ.貪欲に注意せよ(12:13~21)

  
1.13節

Luk 12:13 群衆の中のひとりが、「先生。私と遺産を分けるように私の兄弟に話してください」と言った。

(1)人々は、法的争いが起こると、ラビに裁定を依頼した。

      ①相続の場合は、兄は弟たちの取り分の2倍を受け取った。

      ②このように、ユダヤの律法によって各人の相続額は決まっていた。

      ③それでも、争いは起こった。長子の証明、息子であることの証明。

    (2)さて、群衆の中のひとりが、遺産相続の問題の解決をイエスに依頼した。

      ①彼の権利が奪われたのか。

      ②自分の取り分以上のものを欲したのか。

      ③イエスには、法的に裁定を下す権威はない。

      ④なぜこの男がイエスに裁定を依頼したかは、結論のところで解説する。

  2.14~15節

Luk 12:14 すると彼に言われた。「いったいだれが、わたしをあなたがたの裁判官や調停者に任命したのですか。」


Luk 12:15
そして人々に言われた。「どんな貪欲にも注意して、よく警戒しなさい。なぜなら、いくら豊かな人でも、その人のいのちは財産にあるのではないからです。」

    
(1)イエスが地上に来られた目的は、罪人を救うためである。

      ①その目的以外の些細なことに関わるべきではない。

      ②イエスの目は、十字架に向かっていた。

    (2)イエスは、この問題は、物質的なものではなく霊的なものであることを指摘した。

      ①命の質(quality of life)を決めるのは、財産ではなく、存在そのものである。

      ②命の質を破壊する最大の要因は、「貪欲」である。

      ③紀元1世紀のユダヤ人たちにとっては、驚くべき内容であった。

*農地を持たない小作人も多くいた。

*農夫たちは、自己所有の農地を増やすことが夢であった。

      ④21世紀の物質文明の中で生きる私たちにも、驚くべき内容である。

    (3)私たちの人生の物差しは、イエスのそれと同じか。

      ①この世の物差しでは、富が増せば増すほど偉くなったように感じる。

      ②イエスの物差しでは、その人の偉大さは存在そのものの内にある。

      (例話)イスラエル旅行で、キング・デイビッドホテルに宿泊した話

  
3.16~19節

Luk 12:16 それから人々にたとえを話された。/「ある金持ちの畑が豊作であった。

Luk 12:17 そこで彼は、心の中でこう言いながら考えた。『どうしよう。作物をたくわえておく場所がない。』


Luk 12:18 そして言った。『こうしよう。あの倉を取りこわして、もっと大きいのを建て、穀物や財産はみなそこにしまっておこう。


Luk 12:19
そして、自分のたましいにこう言おう。「たましいよ。これから先何年分もいっぱい物がためられた。さあ、安心して、食べて、飲んで、楽しめ。」』

    
(1)群衆が周りにいるので、イエスの教えはたとえ話を用いたものとなる。

      ①たとえ話は、実際生活で体験できることである。

    (2)セフォリスの町の発掘で分かったこと

      ①ナザレの北西6キロに位置する、ガリラヤ地方最大のギリシア風の町である。

      ②特に、ビザンチン時代に栄えた裕福な町である。

      ③裕福な不在地主が住む農地に、巨大なサイロ(塔状の倉庫)が建っていた。

      ④このたとえ話に登場する金持ちは、少数の富豪である。

*当時は、このようは富豪は人口の1%以下であろう。

      ⑤彼は、自分で労働する必要がない。

      ⑥自営農も小作農も、このような富豪のライフスタイルにあこがれていた。

      (例話)英語の「celebrity」と日本語の「セレブ」

*英語では、有名人、著名人。

*日本語では、金持ち、優雅な、高級な、などの意味。

    (3)セレブの農夫の畑が豊作になった。

      ①彼は、贅沢な悩みを抱えるようになった。

      ②作物をどう扱っていいのか分からなくなった。

      ③考えたすえに、穀物倉の改築を考えた。

      ④そして、こう言った。

      「たましいよ。これから先何年分もいっぱい物がためられた。さあ、安心して、

食べて、飲んで、楽しめ」

⑤誰もが憧れるセレブの生き方

⑥ユダヤ的には、死を考慮に入れないで自己充足している人は、愚か者である。

⑦「今まで楽しく生きてきた。なぜ神を信じる必要があるのか」と問う人がいる。

  4.20~21節


Luk 12:20
しかし神は彼に言われた。『愚か者。おまえのたましいは、今夜おまえから取り去られる。そうしたら、おまえが用意した物は、いったいだれのものになるのか。』

Luk 12:21 自分のためにたくわえても、神の前に富まない者はこのとおりです。」

    
(1)彼は愚か者である。

      ①時間を自分の所有物のように考えていた。

      ②富を得たことや、将来のために計画することは、罪ではない。

      ③その富をどう用いるかが問題である。

    (例話)紀元4世紀の聖アンブローズ(ミラノの大司教)

    「貧しい人々の懐、やもめの家、子どもたちの口、これらこそが永遠に残る倉である」

    (2)愚か者の悲劇

      ①地上では富を貯める。

      ②しかし、彼の計画は墓の中で終わる。

      ③その人は、神の前に富まない者である。

      ④詩14:1

      「愚か者は心の中で、『神はいない』と言っている。彼らは腐っており、忌まわし

い事を行っている。善を行う者はいない」

結論:

  1.本当の豊かさ

    (1)今日、「貪欲」が危険であることを認識している人は、ほとんどいない。

      ①「どんな貪欲にも注意して、よく警戒しなさい」

      ②金持ちになることは、危険なことである。

    (2)十戒の規定を思い出そう。

      第6戒:殺してはならない。

      第7戒:姦淫してはならない。

      第8戒:盗んではならない。

      第9戒:偽りの証言をしてはならない。

      第10戒:あなたの隣人の家を欲しがってはならない。

    (3)第10戒は、貪欲を戒めている。

      ①第10戒を破っても、罪人と呼ばれることはまずない。

      ②その人は、起業家、意欲的な人、積極的な人、などと呼ばれたりする。

    (4)本当の豊かさは、所有している富にではなく、存在そのものにある。

    (例話)ビル・ゲイツの回答(マイクロソフトのCEOで、世界一の富豪)

      ①1997年、シアトルでの科学者の会議で、1,500人の聴衆を前に講演した。

      ②講演の後で、ジョン・キレイ博士(医師で哲学博士)が立って質問した。

      ③もし失明したら、全財産を払ってでも視力を回復したいか。

      ④ビル・ゲイツは、そうすると答えた。

    (5)財産がなにもなくても、神に感謝すべきことは多くある。

  2.裁き主イエス

    (1)ひとりの男が、相続問題をイエスに持ち込んだ理由は、詩72:1~2にある。

Psa 72:1 神よ。あなたの公正を王に、/あなたの義を王の子に授けてください。

Psa 72:2 彼があなたの民を義をもって、/あなたの、悩む者たちを/公正をもってさばきますように。

      ①これは、メシア的詩篇である。

      ②これによれば、メシアの役割のひとつは、紛争を公正に裁くことである。

      ③メシアは王として、メシア的王国を統治される。

    (2)イエスの回答は、出2:14からの引用である。


Exo 2:14
するとその男は、「だれがあなたを私たちのつかさやさばきつかさにしたのか。あなたはエジプト人を殺したように、私も殺そうと言うのか」と言った。そこでモーセは恐れて、きっとあのことが知れたのだと思った。

      ①ある日モーセは、ひとりのヘブル人を救うためにエジプト人を打ち殺した。

      ②翌日、ふたりのヘブル人が争っているのを見て、モーセは悪い方を糾弾した。

      ③するとその男は、モーセを裁き司と認めることを拒否した。

      ④これ以降、モーセは40年間ヘブル人たちの前から姿を消した。

    (3)モーセとイエスの類似性

      ①イエスはユダヤ人たちから拒否された。

      ②それゆえ、裁き主としての役割を果たすことができない。

      ③しかし、イエスはやがて王として再臨される。

      ④その時には、公正をもって裁かれる。

    (4)貪欲の解決策は、イエスを心に迎えること。

週間アクセスランキング

1

60分でわかる新約聖書(6)ローマ人への手紙

2

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

3

使徒の働き(61)―ベレアでの伝道―

4

使徒の働き(60)―テサロニケでの伝道―

5

30日でわかる聖書 マタイの福音書(1)メシアの誕生

6

Q210 なぜアダムの罪が全人類に影響を及ぼすのですか。

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.