Q393 神学編 なぜ解釈学が必要か。

  • 2024.04.25
  • スピーカー 中川健一
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

393 神学編 なぜ解釈学が必要か

Q:なぜ解釈学が必要なのですか。

A:はじめに

解釈学が必要な理由について、いつものように3つ申し上げます。

1番目に、聖書記者と私たちの間に、時間的隔たりがあるからです。

(1)それゆえ、歴史的背景を知る必要があります。

(2)十字架刑の詳しい説明がない理由は、当時の人たちには常識だったからです。

2番目に、聖書記者と私たちの間に、文化的隔たりがあるからです。

(1)それゆえ、当時の風俗、習慣、言語を知る必要があります。

(2)ルカ11:9~13、マタ7:9~11

  *パンと石、魚と蛇、卵とサソリ

3番目に、聖書記者と私たちの間に、地理的隔たりがあるからです。

(1)それゆえ、地形、気候を理解する必要があります。

(2)神のドラマは、カナンの地で展開されました。それが今も続いています。

(3)歴史地理を学ぶことは、とても重要なことです。

解釈学は、聖書記者と私たちの間にある隔たりを埋めるために必要です。

『イエス時代の日常生活』(税込2,000円)

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第一(25)御霊の賜物(5)―異言よりも預言―14:1~25

2

コリント人への手紙第一(24)御霊の賜物(4)―愛の優位性―13:1~13

3

使徒の働き(6)―聖霊降臨―

4

メシアの生涯(44)—12使徒の選抜‐ペテロ‐—

5

イスラエル旅2023#061中川牧師とめぐる旅:【エイン・フェシュカ】死海に魚がいる?!

6

Q395 神学編 解釈学のゴールとは。

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.