Q378クリスチャンはトーラーを守るべきですか。

  • 2024.01.18
  • スピーカー 中川健一
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

378 クリスチャンはトーラーを守るべきか。

Q:日本における某メシアニック集会の働きに危惧を覚えております。彼らは、クリスチャンにトーラーを守ることを勧めます。この教えは、聖書的でしょうか。

A:はじめに

 クリスチャンに旧約聖書の律法を守るように勧めるのは、「Hebrew Roots
movement」と呼ばれるグループの教えです。この運動は、キリスト教がユダヤ的ルーツを持っていることを広く知らしめたという点では、評価されます。しかし、それ以上に大きな問題を宿しています。このテーマについて、いつものように3つ申し上げます。

1番目に、この教えは、健全な聖書観を破壊する危険性を有しています。

(1)多くの人たちが、ヘブル語の新約聖書が存在していたと信じています。

(2)さらに、ギリシア語の新約聖書の価値を低く評価しています。

(3)つまり、教会は霊感を受けて書かれた新約聖書を持っていないということです。

(4)もしそうなら、私たちの信仰は、揺れ動く基礎の上に立っていることになります。

(5)その結果、三位一体の教理を疑問視する人も現れています。

2番目に、この教えは、私たちを旧約の律法の奴隷にする危険性を有しています。

(1)「旧約の律法」とは、シナイ契約の条項であるモーセの律法です。

(2)この教えは、祭儀法以外のすべての律法に従うように勧めます。

(3)この教えは、1~4世紀にかけて存在したエビオニズムと呼ばれる異端の再来。

(4)この教えは、ユダヤ主義者の教えの再来です。

  ①パウロは、ガラテヤ書で、ユダヤ主義者の教えを論破しました。

  ②使徒の働き15章のエルサレム会議で、ユダヤ主義者の教えは否定されました。

3番目に、この教えは、信者が新しい律法のもとに置かれていることを見逃しています。

(1)私たちは、モーセの律法から解放され、キリストの律法のもとに置かれました。

(2)キリストの律法とは、聖霊によって心に書かれた愛の律法です。

(3)モーセの律法に関心を向ける人は、聖霊に導かれた信仰生活を体験していません。

(4)ユダヤ人信者と異邦人信者は、モーセの律法によってではなく、キリストにあっ

て一つとされます。

(5)ユダヤ人はユダヤ人として、異邦人は異邦人として生きるように召されています。

クリスチャンは、トーラーの束縛から解放されています。

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第一(30)復活(4)―奥義―15:50~58

2

コリント人への手紙第一(29)復活(3)―からだの復活―15:35~49

3

Q401 神学編 新約聖書における旧約聖書の引用法。

4

60分でわかる旧約聖書(22)雅歌

5

ヨハネの福音書(11)第3のしるしヨハ5:1~18

6

Q400 ダビデとバテ・シェバの子はなぜ死んだのか。

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.