Q379 先祖の罪や咎について祈る必要はあるか

  • 2024.01.25
  • スピーカー 中川健一
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

379 先祖の罪や咎について祈る必要はあるか

Q :悔い改めの祈りについて、教えてください。3代、4代前の先祖の罪や咎についても、執りなしの祈りをする必要はありますか。毎日1時間以上、それについて祈らなければ清くならないと言われました。

A :はじめに

 結論から言いますと、この教えは信者を束縛するものであって、聖書的ではありません。その理由を、いつものように3つ申し上げます。

1番目に、この教えは、出エジプト記20章4~6節から出ています。

  (1)十戒の第2戒は、偶像礼拝を禁止しています。

(2)「わたしを憎む者には父の咎を子に報い、三代、四代にまで及ぼし、わたしを愛し、

わたしの命令を守る者には、恵みを千代にまで施すからである」

2 番目に、この教えは、聖句の意味を誤解しています。

  (1)「父の咎を子に報い、三代、四代にまで及ぼし」

    ①父の犯した罪のゆえに子が罰を受けることはない。

②しかし、先祖の罪の悪影響は、子孫に及ぶ。

③【主】は、罪の悪影響を3代か4代でとどめてくださる。

  (2)「恵みを千代にまで施す」

①先祖の良い影響は、子孫にまで及ぶ。

    ②良い影響は、【主】の恵みによって長く続く。

3番目に、この教えは、イエス・キリストの十字架の軽視につながります。

(1)イエス・キリストは、私たちの罪のために死んでくださいました。

(2)イエス・キリストを信じた人は、罪赦され、神の怒りから解放されました。

(3)毎日1時間以上、先祖の罪のために祈らなければ清くならないというのは嘘です。

(4)もしそうなら、イエス・キリストの十字架は不完全だということになります。

(5)私たちは、イエス・キリストにあって義とされています。

(6)罪を犯したときは、それを告白することによって清くされます。

 イエス・キリストを信じた人は、あらゆる呪いから解放されています、

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第一(26)御霊の賜物(6)―正しい賜物の行使―14:26~40

2

イスラエル旅2023#062中川牧師とめぐる旅:【エイン・フェシュカ】千年王国の予兆

3

コリント人への手紙第一(25)御霊の賜物(5)―異言よりも預言―14:1~25

4

コリント人への手紙第一(20)聖餐式11:17~34

5

Q397 イスラエルはジェノサイド国家ですか。

6

Q396 神学編 字義どおりの解釈とは。

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.