ヨハネの福音書(7)イエスとバプテスマのヨハネ―並行した奉仕-ヨハ3:22~36

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

このメッセージは、イエスの卓越性について学ぼうとするものである。

ヨハネの福音書(7)

イエスとバプテスマのヨハネ

―並行した奉仕-

ヨハ3:22~36

1.文脈の確認

(1)前書き(1:1~18)

(2)イエスの公生涯(1:19~12:50)

  ①公生涯への序曲(1:19~51)

  ②初期ガリラヤ伝道(2:1~12)

  ③最初のエルサレム訪問(2:13~3:36)

    *最初の宮きよめ(2:13~22)

    *人の心の中を見抜くイエス(2:23~25)

    *ニコデモとの対話(3:1~15)

    *ヨハネによる福音の要約(3:16~21)

    *イエスをあがめるバプテスマのヨハネ(3:22~30)

    *イエスの卓越性(3:31~36)

2.この箇所の注目点

(1)イエスの奉仕とバプテスマのヨハネの奉仕が、一時的に重なる。

(2)バプテスマのヨハネは、イエスをあがめる。

(3)著者ヨハネは、イエスの卓越性を証明する。

3.アウトライン

(1)イエスをあがめるバプテスマのヨハネ(3:22~30)

(2)イエスの卓越性(3:31~36)

4.結論

(1)ユダヤ式結婚のたとえ

(2)私たちに与えられている奉仕

このメッセージは、イエスの卓越性について学ぼうとするものである。

Ⅰ.イエスをあがめるバプテスマのヨハネ(3:22~30)

1.22節

Joh 3:22

その後、イエスは弟子たちとユダヤの地に行き、彼らとともにそこに滞在して、バプテスマを授けておられた。

(1)イエスはエルサレムを離れた。

  ①ニコデモとの対話はエルサレムで起こったことである。

  ②エルサレムもまた、ユダヤの地にある。

  ③ここでの「ユダヤの地」とは、ユダヤ地方の田舎、荒野であろう。

(2)イエスはそこで、バプテスマのヨハネと同じような働きを展開した。

  ①バプテスマを授けていたのは、イエスの弟子たちであった(4:2)。

  ②これは、悔い改めのバプテスマである。

  ③イエスは、12使徒を任命する前から、弟子たちを訓練していた。

2.23~24節

Joh 3:23

一方ヨハネも、サリムに近いアイノンでバプテスマを授けていた。そこには水が豊かにあったからである。人々はやって来て、バプテスマを受けていた。

Joh 3:24 ヨハネは、まだ投獄されていなかった。

(1)ヨハネの活動の場

  ①「サリムに近いアイノン」がどこか、明確ではない。

  ②ガリラヤ湖と死海の間のどこかである。

  ③恐らく、シェケムの東5キロメートルの辺りであろう。

  ④「そこには水が豊かにあったからである」

    *乾季になると、ヨルダン川の水は南に行くほど少なくなった。

    *それでヨハネは、北に移動して、そこで活動した。

    *ユダヤ的文脈では、浸礼が重要であることが分かる。

(2)「人々はやって来て、バプテスマを受けていた」

  ①短期間ではあるが、イエスの奉仕とヨハネの奉仕が重なった。

  ②ユダヤからサマリアにかけて、大いに賑わったことであろう。

    *ともに弟子たちがいた。

    *ともに群衆が取り囲んだ。

    *ともに洗礼を授けた(イエスの場合は、弟子たちが)

    *ともに、悔い改めと、神の国の到来を説いた。

(3)「ヨハネは、まだ投獄されていなかった」

  ①ヨハネの投獄と斬首は、イエスの公生涯の転機となる。

  ②ヨハネは、共観福音書の情報を前提に、この文章を書いている。

    *マタ14:1~12、マコ6:14~29

  ③共観福音書は、ヨハネの投獄をイエスの公生涯の始まりと位置づける。

  ④ヨハネの福音書は、初期ガリラヤ伝道と初期ユダヤ伝道から始める。

3.25節

Joh 3:25

ところで、ヨハネの弟子の何人かが、あるユダヤ人ときよめについて論争をした。

(1)論争の当事者

  ①ヨハネの弟子の何人か

  ②あるユダヤ人

(2)彼らは、「きよめについて論争をした」。

  ①具体的な内容は、分からない。

  ②エッセネ派の洗礼があった。

  ③パリサイ派の清めがあった(手足の清めから、器の清めまで)。

  ④この上、なぜヨハネやイエスの洗礼が必要かという議論があったのか。

  ⑤もし必要だとしたら、イエスの洗礼のほうが、価値があるのではないか。

  ⑥この論争は、次の26節の背景説明になっている。

4.26節

Joh 3:26

彼らはヨハネのところに来て言った。「先生。ヨルダンの川向こうで先生と一緒にいて、先生が証しされたあの方が、なんと、バプテスマを授けておられます。そして、皆があの方のほうに行っています。」

(1)弟子たちは、ヨハネのために、嫉妬を感じた。

  ①「あの方」と言い、イエスという名を意図的に避けている。

  ②ヨハネがイエスを認定したことを、柔らかく責めている。

  ③「あの方」のほうが、人気が出ている。

  ④「皆」というのは、誇張法である。

  ⑤共同訳では、弟子たちは「あの人」、ヨハネは「あの方」と言っている。

(2)ヨハネの弟子たちは、ヨハネの奉仕の目的を忘れていた。

  ①彼らは、ヨハネの影響力が縮小していくことに耐えられなかった。

5.27~28節

Joh 3:27

ヨハネは答えた。「人は、天から与えられるのでなければ、何も受けることができません。

Joh 3:28

『私はキリストではありません。むしろ、その方の前に私は遣わされたのです』と私が言ったことは、あなたがた自身が証ししてくれます。

(1)ヨハネは、弟子たちが忘れてしまった真理を思い出させている。

  ①各人の奉仕の範囲は、神が決めておられる。

  ②イエスの奉仕が拡大しているのは、神がそれを許しておられるから。

(2)ヨハネは、自分がキリストだと言ったことはない。

  ①ヨハネの奉仕は、メシアの先駆者としてのそれである。

  ②ヨハネの弟子たちは、その証しを何度も聞いてきた。

6.29節

Joh 3:29

花嫁を迎えるのは花婿です。そばに立って花婿が語ることに耳を傾けている友人は、花婿の声を聞いて大いに喜びます。ですから、私もその喜びに満ちあふれています。

(1)ヨハネは、ユダヤ的たとえを語る。

  ①自分は、花婿の友人である。

  ②花婿が主役であり、自分は脇役である。

  ③自分は花婿の援助役に召されている。

  ④花婿の喜びは、自分の喜びである。

7.30節

Joh 3:30 あの方は盛んになり、私は衰えなければなりません。」

(1)これは究極的な謙遜のことばである。

  ①これは、神から与えられた役割を理解した人のことばである。

  ②彼には、自分はメシアの先駆者であるという認識があった。

(2)このことばは、すべての奉仕者への教訓である。

  ①弟子のゴールは、偉大な奉仕を誇ることではない。

  ②神への従順と、イエスをあがめることが、弟子の喜びとなるべきである。

(3)いつまでもバプテスマのヨハネに固執した弟子たちがいた。

  ①使18:24~26

    *アポロは、ヨハネのバプテスマしか知らなかった。

  ②使19:1~7

    *エペソには12人のバプテスマのヨハネの弟子たちがいた。

Ⅱ.イエスの卓越性(3:31~36)

(1)バプテスマのヨハネのことばでなく、福音記者ヨハネのことばである。

  ①後に明らかになるキリスト論が展開されている。

  ②ここにあるのは、十字架と復活後に与えられる視点である。

  ③私たちが信じたキリストというお方の卓越性を確認しよう。

1.31~33節

Joh 3:31

上から来られる方は、すべてのものの上におられる。地から出る者は地に属し、地のことを話す。天から来られる方は、すべてのものの上におられる。

Joh 3:32

この方は見たこと、聞いたことを証しされるが、だれもその証しを受け入れない。

Joh 3:33

その証しを受け入れた者は、神が真実であると認める印を押したのである。

(1)「上から来られる方」と「地から出る者」の対比

  ①キリストの起源は、天にある。

  ②それゆえ、キリストは地上の誰よりも偉大である。

  ③キリストは、天において見たこと、聞いたことを証しされる。

  ④人間は、地に属し、地上のことしか理解できない。

  ⑤それゆえ、だれもその証しを受け入れない。

(2)2種類の人間

  ①メシアのことばを信じない人

    *「だれも」とあるのは、誇張法である。

  ②メシアのことばを信じる人

    *「神は真実であるということに確認の印を押した」

    *イエスを信じる者は、神を信じるのである。

    *イエスを信じない者は、神を信じないのである。

      (例話)決心したときの心の動き

(3)1ヨハ5:10

1Jn 5:10
神の御子を信じる者は、その証しを自分のうちに持っています。神を信じない者は、神を偽り者としています。神が御子について証しされた証言を信じていないからです。

2.34節

Joh 3:34

神が遣わした方は、神のことばを語られる。神が御霊を限りなくお与えになるからである。

(1)イエスは神から遣わされた方である。

  ①ヨハネの福音書では、これが39回も出て来る。

(2)イエスは神のことばを話される。

  ①旧約聖書の預言者たちは、限定された範囲で聖霊を与えられた。

  ②神はイエスに聖霊を無限に与えたので、イエスは神のことばを語られる。

      (例話)説教者のために、この聖句を用いて祈ることの誤り。

3.35~36節

Joh 3:35 父は御子を愛しておられ、その手にすべてをお与えになった。

Joh 3:36

御子を信じる者は永遠のいのちを持っているが、御子に聞き従わない者はいのちを見ることがなく、神の怒りがその上にとどまる。

(1)父と子は、愛と信頼の関係で結ばれている。

  ①父と子はひとつである。

  ②万物は、父から御子の手に渡されている。

(2)御子に対する態度は、そのまま父に対する態度となる。

  ①御子を信じる者は、永遠のいのちを持つ。

  ②御子を信じない者は、神の怒りの中にある。

    *神の怒りとは、罪や不義に対する怒りである。

    *現代人は、神の怒りを軽く考えている。

結論

1.ユダヤ式結婚のたとえ

Joh 3:29

花嫁を迎えるのは花婿です。そばに立って花婿が語ることに耳を傾けている友人は、花婿の声を聞いて大いに喜びます。ですから、私もその喜びに満ちあふれています。

(1)花婿はキリストである。

(2)花嫁は、教会である。

  ①2コリ11:2

  ②エペ5:32

  ③黙19:6~8

(3)バプテスマのヨハネは、花婿の友人である。

  ①花婿は、1名か2名の友人を任命する。今日のベストマンと同じである。

  ②友人の役割は、花婿と花嫁を結びつけることである。

  ③友人は、宴会の準備をする。

  ④初夜においては、部屋の外か天幕の外に立ち、花婿の声を待つ。

    *花婿から、結婚が完成したとの声がかかる。

    *時には、血のついた白い布が友人に渡されることもある。

    *その知らせを宴会場に持っていくと、宴会がさらに盛り上がる。

  ⑤バプテスマのヨハネは、新約時代の教会の一員ではない。

  ⑥教会は、使2章で誕生した。

2 .私たちに与えられている奉仕

(1)ヨハ3:27

Joh 3:27

ヨハネは答えた。「人は、天から与えられるのでなければ、何も受けることができません。

(2)ヨハ3:34

Joh 3:34

神が遣わした方は、神のことばを語られる。神が御霊を限りなくお与えになるからである。

(3)イエスの奉仕は無限であるが、私たちの奉仕には制限が設けられている。

  ①イエスに御霊が無限に与えられているのは、イザ11:1~2の成就。

  ②私たち人間は、神の許しの範囲内でしか、活動することができない。

  ③旧約時代の預言者たちは、その時だけ、聖霊の影響を受けた。

  ④新約時代の信者には、それぞれに、異なった賜物が与えられている。

    *1コリ12:7~11参照

(4)私たちの奉仕のゴール

  ①キリストがあがめられること

  ②自分に委ねられた範囲内で全力を尽くすこと

  ③競争ではなく、補完し合うこと

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第一(21)御霊の賜物(1)―御霊による信仰告白―12:1~3

2

コリント人への手紙第一(20)聖餐式11:17~34

3

イスラエル旅2023#058中川牧師とめぐる旅:【クムラン】死海写本発掘の地

4

イスラエル旅2023#057中川牧師とめぐる旅:【ベテ・シャン】 放蕩息子が住んだ町

5

Q392 神学編 解釈学とは

6

Q391 女のかぶり物

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.