ヨハネの福音書(5)ニコデモとの対話―永遠のいのちを得る方法-ヨハ2:23~3:21

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

このメッセージは、イエスとニコデモの対話について学ぼうとするものである。

ヨハネの福音書(5)

ニコデモとの対話

―永遠のいのちを得る方法-

ヨハ2:23~3:21

1.文脈の確認

(1)前書き(1:1~18)

(2)イエスの公生涯(1:19~12:50)

  ①公生涯への序曲(1:19~51)

  ②初期ガリラヤ伝道(2:1~12)

  ③最初のエルサレム訪問(2:13~3:36)

    *最初の宮きよめ(2:13~22)

    *人の心の中を見抜くイエス(2:23~25)

    *ニコデモに対する個人伝道(3:1~21)

    *イエスをあがめるバプテスマのヨハネ(3:22~30)

    *イエスの卓越性(3:31~36)

2.この箇所の注目点

(1)イエスに対する応答

  ①指導者たちはイエスに敵対したが、民衆は好感を持った。

(2)ヨハネは、7つの対話を記している。

  ①その最初が、ニコデモとの対話である。

(3)ニコデモは、紀元1世紀のユダヤ教の代表である。

  ①ユダヤ教の代表である人物とイエスの対話が、かみ合わない。

  ②紀元1世紀のユダヤ教が、いかに真理から逸脱していたかが分かる。

  ③この対話は、ユダヤ的視点で読む必要がある。

3.アウトライン

(1)人の心の中を見抜くイエス(2:23~25)

(2)ニコデモとの対話(3:1~15)

(3)ヨハネによる福音の要約(3:16~21)

4.結論

(1)風と聖霊の対比

(2)青銅の蛇と人の子の対比

このメッセージは、イエスとニコデモの対話について学ぼうとするものである。

Ⅰ.人の心の中を見抜くイエス(2:23~25)

1.23節

Joh 2:23

過越の祭りの祝いの間、イエスがエルサレムにおられたとき、多くの人々がイエスの行われたしるしを見て、その名を信じた。

(1)イエスはしるしを行った(複数形)。

  ①ヨハネは、しるしの内容を記していない。

  ②癒しや悪霊の追い出しであろう。

  ③宮清めの出来事はメシア宣言であり、しるしはメシア性の証明である。

(2)公生涯の初期に行われたしるしは、メシア性の証明である。

  ①マタイ12章のベルゼブル論争を境に、しるしの目的が変化する。

  ②しるしは、信仰があることを前提に、恵みのわざとして行われる。

(3)多くの人々が、その名を信じた。

  ①「その名を信じた」とは、イエスを信じたということである。

  ②癒し主として信じたが、罪からの救い主として信じたわけではない。

2.24~25節

Joh 2:24

しかし、イエスご自身は、彼らに自分をお任せにならなかった。すべての人を知っていたので、

Joh 2:25

人についてだれの証言も必要とされなかったからである。イエスは、人のうちに何があるかを知っておられたのである。

(1)イエスは、彼らの「信仰」を信用しなかった。

  ①その信仰は、しるしを見た結果、一時的な興奮状態に陥った信仰である。

  ②イエスは、人の心の中を知っておられた。

    *これはイエスの神性を示している。

    *1サム16:7、使1:24~25

  ③イエスが信用した人はいるのか。

    *ニコデモ(2:25と3:1のつながりは、明白である)

    *サマリアの女(不道徳であるが霊的事項に関心があった)

Ⅱ.ニコデモとの対話(3:1~15)

1.1節

Joh 3:1

さて、パリサイ人の一人で、ニコデモという名の人がいた。ユダヤ人の議員であった。

(1)ニコデモは、「パリサイ人」である。

  ①パリサイ派は、死者の復活を信じていた(サドカイ派とは異なる)。

  ②ユダヤ人として生まれた者は、すべて神の国に入ると信じていた。

  ③バプテスマのヨハネは、これを否定していた(マタ3:9)。

  ④彼は、ラビであり、最高法院の議員である。

2.2節

Joh 3:2

この人が、夜、イエスのもとに来て言った。「先生。私たちは、あなたが神のもとから来られた教師であることを知っています。神がともにおられなければ、あなたがなさっているこのようなしるしは、だれも行うことができません。」

(1)彼は、「夜」イエスのもとに来た。

  ①好意的に解釈すれば、ゆっくり話すために来たということかもしれない。      ②ヨハネの福音書では、「夜」には深い意味がある(否定的な意味)。

  ③ニコデモは、人目を避けて来たのであろう。

(2)ニコデモのあいさつ

  ①イエスに「先生」と呼びかけた。原文では「ラビ」である。

    *この呼びかけは、イエスに対して敬意を表したものである。

    *ニコデモは、ラビ対ラビの対話を求めている。

  ②イエスが「神のもとから来られた」教師であることを認めた。

    *原文では「神のもとから来られた」ということばに強調点がある。

  ③「私たち」とは、イエスを受け入れている他の議員たちであろう。

    *アリマタヤのヨセフ、ラビ・ガマリエルなどがいた。

  ④イエスが行っているしるしは、神がともにおられることの証拠である。

    *福音書では、イエスがしるしを行ったことを疑う人は出て来ない。

3.3節

Joh 3:3

イエスは答えられた。「まことに、まことに、あなたに言います。人は、新しく生まれなければ、神の国を見ることはできません。」

(1)イエスは、ただちに本論に入る。

  ①「まことに、まことに」は、強調のことばである。

  ②「新しく生まれなければ」は、新生の必要性を教えることばである。

    *「アノウセン」は、「上から」とも訳せる。

    *意訳すると、「上から、新しく生まれなければ」となる。

  ③「神の国を見ることはできません」

    *本書では、「神の国」という用語は2回しか出てこない(3、5節)。

      ・70年のエルサレム崩壊で、神の国の延期は明らかになった。

    *「神の国」とは、やがて地上に実現するメシア的王国であろう。

    *「神の国を見る」とは、永遠のいのちを得ることである。

  ④反抗者でない限り、神の国に入ることができるというのが当時の認識。

  ⑤イエスは、神の国での生活のためには、新しい性質が必要だと教えた。

    *善良な指導者であるニコデモでさえも、そのままでは失格である。

4.4節

Joh 3:4

ニコデモはイエスに言った。「人は、老いていながら、どうやって生まれることができますか。もう一度、母の胎に入って生まれることなどできるでしょうか。」

(1)ニコデモは、「新しく生まれる」ということばを知っていた。

  ①「新生」は、ラビ用語であった。

  ②旧約聖書(申30:6)は、新生を預言している。

Deu 30:6
あなたの神、【主】は、あなたの心と、あなたの子孫の心に割礼を施し、あなたが心を尽くし、いのちを尽くして、あなたの神、【主】を愛し、そうしてあなたが生きるようにされる。

  ③ラビ用語の「新生」の概念と申30:6の預言内容は、同じではない。

(2)ラビ用語の「新生」の意味(フルクテンバウム師の教え)

  ①異邦人がユダヤ教に改宗すること

  ②王になること

  ③バール・ミツバ(13歳)を迎えること

  ④結婚すること(既婚者であることは議員の資格である)

  ⑤30歳でラビになること

  ⑥イェシヴァ(神学校)の校長になること(通常は50歳)

    *「イスラエルの教師」(10節)に定冠詞が付いている。

(3)上記①と②はニコデモに該当せず、③から⑥はすべて終わっている。

  ①誕生から人生やり直すのは、不可能である。

5.5~6節

Joh 3:5

イエスは答えられた。「まことに、まことに、あなたに言います。人は、水と御霊によって生まれなければ、神の国に入ることはできません。

Joh 3:6 肉によって生まれた者は肉です。御霊によって生まれた者は霊です。

(1)「まことに、まことに」は、重要な教えであることを示している。

  ①「アーメン、アーメン」。

(2)「水と御霊によって生まれなければ、神の国に入ることができません」

  ①「神の国に入る」=「神の国を見る」

  ②イエスは、パリサイ派神学を否定した。

  ③「水によって生まれる」とは、赤子としての誕生のこと。

  ④「御霊によって生まれる」とは、聖霊による超自然的な誕生のこと。

  ⑤肉によって生まれた者は肉です。御霊によって生まれた者は霊です。

6.7~8節

Joh 3:7

あなたがたは新しく生まれなければならない、とわたしが言ったことを不思議に思ってはなりません。

Joh 3:8

風は思いのままに吹きます。その音を聞いても、それがどこから来てどこへ行くのか分かりません。御霊によって生まれた者もみな、それと同じです。」

(1)「あなたがた」

  ①イエスは、ニコデモを筆頭とするラビ集団に語りかけている。

(2)ラビ的教授法が採用されている。

  ①知っていること(自然現象)から、知らないこと(超自然現象)へ。

  ②風の働きと聖霊の働きが、対比される。

    *ともにヘブル語で「ルアㇵ」である。

    *ギリシア語で「プニューマ」である。

7.9~10節

Joh 3:9 ニコデモは答えた。「どうして、そのようなことがあり得るでしょうか。」

Joh 3:10

イエスは答えられた。「あなたはイスラエルの教師なのに、そのことが分からないのですか。

(1)ニコデモの限界が露呈した。

  ①彼は、地上の領域でしかものごとを考えていない。

(2)イエスは驚かれた。

  ①神学校の校長でありながら、信仰の基本を理解していない。

  ②イザ32:15、エレ31:33、エゼ36:25~27など。

8.11~13節

Joh 3:11

まことに、まことに、あなたに言います。わたしたちは知っていることを話し、見たことを証ししているのに、あなたがたはわたしたちの証しを受け入れません。

Joh 3:12

わたしはあなたがたに地上のことを話しましたが、あなたがたは信じません。それなら、天上のことを話して、どうして信じるでしょうか。

Joh 3:13

だれも天に上った者はいません。しかし、天から下って来た者、人の子は別です。

(1)「わたしたち」

  ①イエス、および、新生体験をした信者たち

  ②「わたしたち」は、知っていることを話し、見たことを証ししている。

  ③「あなたがた」は、わたしたちの証しを受け入れない。

  ④ニコデモは、不信仰のイスラエルの象徴である。

(2)「わたし」

  ①イエスのことばである。

  ②「地上のこと」とは、神の国に入るために必要な新生のことである。

  ③「天上のこと」とは、死後の世界や新天新地のことである。

  ④天に上り、地上に戻ってきた者はいない。

  ⑤イエスは天から下って来た者である。

  ⑥イエスだけが、天上のことを話すことができる。

9.14~15節

Joh 3:14

モーセが荒野で蛇を上げたように、人の子も上げられなければなりません。

Joh 3:15

それは、信じる者がみな、人の子にあって永遠のいのちを持つためです。」

(1)青銅の蛇と人の子が対比される。

結論

1.風と聖霊の対比

(1)人間には制御できない。

(2)目には見えないが、働きの結果は見える。

(3)その働きは、神秘である。

2.青銅の蛇と人の子の対比

(1)青銅の蛇が旗ざおの上に付けられた(民21:4~9)。

  ①青銅の蛇は、蛇に似ているが、毒はない。

  ②蛇にかまれた者は、それを仰ぎ見て生きた。

(2)人の子は、十字架に付けられる。

  ①人の子は、罪人に似ているが、罪はない。

  ②罪人は、人の子を仰ぎ見て生きる。

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第一(13)結婚に関する教え(2)―7:17~24結婚に関する基本原則―

2

コリント人への手紙第一(12)結婚に関する教え(1)―既婚者への助言―7:1~16

3

コリント人への手紙第一(11)教会内の無秩序―性的汚れ―6:12~20

4

Q382 飲酒は罪ですか。

5

イスラエル旅2023#050中川牧師とめぐる旅:【ピリポ・カイサリア】ペテロの信仰告白の地

6

イスラエル旅2023#047中川牧師とめぐる旅:【コラジン】不信仰な町

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.