ヨハネの福音書(4)最初の宮きよめ ヨハ2:13~22

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

このメッセージは、最初の宮きよめについて学ぼうとするものである。

ヨハネの福音書(4)

最初の宮きよめ

ヨハ2:13~22

1.文脈の確認

(1)前書き(1:1~18)

(2)イエスの公生涯(1:19~12:50)

  ①公生涯への序曲(1:19~51)

  ②初期ガリラヤ伝道(2:1~12)

  ③最初のエルサレム訪問(2:13~3:36)

    *最初の宮きよめ(2:13~22)

    *人の心の中を見抜くイエス(2:23~25)

    *ニコデモに対する個人伝道(3:1~21)

    *イエスをあがめるバプテスマのヨハネ(3:22~30)

    *イエスの卓越性(3:31~36)

2.前回の復習(最初のしるし)

(1)イエスは、古いものを新しいものに置き換えた。

(2)イエスとモーセの対比

  ①モーセの最初の奇跡は、水を血に変えることであった(出7章)。

    *「石の上に刻まれた文字による、死に仕える務め」(2コリ3:7)

  ②イエスの最初の奇跡は、水をぶどう酒に変えることであった。

    *「義とする務めは、なおいっそう栄光に満ちあふれ」(2コリ3:9)

3.この箇所の注目点

(1)雰囲気が激変する。

  ①カナからエルサレムへ

  ②婚宴から礼拝へ

(2)ヨハネだけが、最初のエルサレム訪問を記録している。

  ①ヨハネは、エルサレムでイエスが行ったことに焦点を合わせている。

  ②ヨハネは、イエスが神の子であることを示そうとしている。

4.アウトライン

(1)イエスのメシア宣言(13~17節)

(2)ユダヤ人たちの視点(18~20節)

(3)弟子たちの視点(21~22節)

5.結論

(1)イエスの愛の本質

(2)3日目の復活の意味

このメッセージは、最初の宮きよめについて学ぼうとするものである。

Ⅰ.イエスのメシア宣言(13~17節)

1.13~14節

Joh 2:13 さて、ユダヤ人の過越の祭りが近づき、イエスはエルサレムに上られた。

Joh 2:14

そして、宮の中で、牛や羊や鳩を売っている者たちと、座って両替をしている者たちを見て、

(1)「ユダヤ人の過越の祭り」

  ①過越の祭り、七週の祭り(ペンテコステ)、仮庵の祭りは、巡礼祭。

  ②ヨハネは、エルサレム崩壊後に、一般的な読者のために本書を書いた。

    *教会は、過越の祭りを祝わなくなっていた。

  ③イエスは、律法に従って、巡礼祭を祝うためにエルサレムに上った。

    *これは、公生涯に入ってから初めてのエルサレム訪問であった。

    *地理的な意味でも、霊的な意味でも、「上り」に当たる。

(2)「宮の中で」     

  ①「宮」は、ギリシア語でヒエロン。

    *「宮の中」とは、異邦人の庭のことである。

  ②「神殿」(19節)は、ギリシア語でナオス。

    *聖所の建物ことである。

(3)「牛や羊や鳩を売っている者たちと、座って両替をしている者たち」

  ①巡礼者の便宜を図るために、いけにえの動物が売られていた。

  ②両替人もいた。

    *ローマのデナリ貨は、皇帝の像が彫られているので、使用不可。

    *祭司たちは、ツロ貨しか受け取らなかった(銀の含有量が多い)。

    *ツロ貨=4デナリ

    *通常のシェケル貨=2デナリ

  ③ツロ貨の使用

    *いけにえの購入のため

    *神殿税を支払うため

  ④成人男子は、2分の1シェケル(1デナリ)を納める(出30:13)。

    *ペテロが釣った魚の口からスタテル1枚が出て来た(マタ17:27)。

    *ギリシア貨幣の1シェケル=2デナリ(2ドラクマ)

2.15~16節

Joh 2:15

細縄でむちを作って、羊も牛もみな宮から追い出し、両替人の金を散らして、その台を倒し、

Joh 2:16

鳩を売っている者たちに言われた。「それをここから持って行け。わたしの父の家を商売の家にしてはならない。」

(1)宮とは、異邦人の庭である。

  ①改宗した異邦人は、ここまでしか入れない。

    *エルサレムに上って来たギリシア人たち(ヨハ12:20)

    *エチオピア人の宦官(使8:27)

  ②彼らは、静かに祈り礼拝を献げることができなかった。

  ③神の意図とは大いに異なる。

  ④イエスは、静かな礼拝が妨害されていることに怒りを覚えた。

(2)イエスは、いけにえの動物、商人、両替人を、宮から追い出した。

  ①マラ3:1~3には、神殿をきよめる方が突然来るという預言がある。

  ②この預言は、再臨の時に成就すると考えられる。

(3)「わたしの父の家を商売の家にしてはならない」

  ①「わたしの父の家」

    *ルカ2:49では、これはイエスの自己認識を示すことばであった。

    *ここでは、イエスのメシア宣言となっている。

  ②「商売の家としてはならない」     

    *商人や両替人たちに営業許可を与えていたのは、最高法院であった。

    *サドカイ人やパリサイ人は、彼らから歩合を取っていた。

    *特に、大祭司の一家が大きな利益を得ていた。

    *大祭司カヤパは、神殿運営をファミリービジネスに変えていた。

3.17節

Joh 2:17

弟子たちは、「あなたの家を思う熱心が私を食い尽くす」と書いてあるのを思い起こした。

(1)これは、詩69:9の成就である。

  ①「あなたの家を思う熱心」とは、真の礼拝と神の栄光を慕う情熱である。

  ②真の礼拝を求めると、不信仰な者からの迫害がやってくる。

  ③ダビデは、そのことを経験した。

  ④ダビデの子であるイエスも、そのことを経験するようになる。

  ⑤イエスは、偽善的な指導者たちに宣戦布告をした。

(2)公生涯における宮きよめ

  ①イエスは、公生涯の最初と最後に宮きよめを行った。

  ②これが、十字架に付けられる直接的原因となった。

    

Ⅱ.ユダヤ人たちの視点(18~20節)

1.18節

Joh 2:18

すると、ユダヤ人たちがイエスに対して言った。「こんなことをするからには、どんなしるしを見せてくれるのか。」

(1)「ユダヤ人たち」とは、神殿を管理している人たちであろう。

  ①「このようなこと」とは、宮きよめ、つまり、メシアとして行動である。

  ②「しるし」とは、メシアであることを証明する奇跡である。

  ③1コリ1:22~24

1Co 1:22 ユダヤ人はしるしを要求し、ギリシア人は知恵を追求します。

1Co 1:23 しかし、私たちは十字架につけられたキリストを宣べ伝えます。ユダヤ人にとってはつまずき、異邦人にとっては愚かなことですが、

1Co 1:24 ユダヤ人であってもギリシア人であっても、召された者たちにとっては、神の力、神の知恵であるキリストです。

  ④彼らは、宮きよめの正当性を問わずに、イエスの権威の証明を迫った。

(2)イエスの行為は、2種類の結果をもたらす。

  ①信じる者の信仰は、強められる。

  ②信じない者は、さらなるしるしを求める。

2.19節

Joh 2:19

イエスは彼らに答えられた。「この神殿を壊してみなさい。わたしは、三日でそれをよみがえらせる。」

(1)イエスは、しるしを与えるが、彼らが要求したような形ではない。

  ①彼らが望むようなしるしを与えても、彼らは信じない。

(2)ここでのイエスの回答は、たとえ話と同じ性質を持っている。

  ①すぐには分からないので、聞き手は考えざるを得なくなる。

  ②真理を求める者には、やがて解き明かしが与えられる。

  ③信じない者には、いつまでも謎のままである。

(3)「この神殿を壊してみなさい。わたしは、三日でそれをよみがえらせる」     

  ①常識的には、神殿(ナオス)の再建を指していると聞こえる。

  ②しかしイエスは、自分のからだの復活を預言している。

  ③復活は、不信者のためのヨナのしるしである(マタ12:38~40)。

3.20節

Joh 2:20

そこで、ユダヤ人たちは言った。「この神殿は建てるのに四十六年かかった。あなたはそれを三日でよみがえらせるのか。」

(1)ヘロデ大王による神殿拡張工事は未完であった。

  ①ヨセフスの記録によれば、ヘロデの第18年(前20~19年)に開始。

  ②それから46年後は、紀元27~28年。

  ③この工事は、紀元63年まで続く。

  ④そして、紀元70年に神殿は破壊される。

(2)「あなたはそれを三日でよみがえらせるのか」

  ①「あなた」に強調点がある。

  ②ガリラヤの大工であるあなたごときに、できるはずはない。

(3)ユダヤ人たちはイエスのことばを誤解し、後にそれを悪用した。

  ①「この神殿を壊してみなさい」は、命令形(条件節)である。

  ②マタ26:60~61

Mat 26:60 多くの偽証人が出て来たが、証拠は得られなかった。しかし、最後に二人の者が進み出て、

Mat 26:61 こう言った。「この人は、『わたしは神の神殿を壊して、それを三日で建て直すことができる』と言いました。」

  ③使6:13~14

Act 6:13 そして偽りの証人たちを立てて言わせた。「この人は、この聖なる所と律法に逆らうことばを語るのをやめません。

Act 6:14 『あのナザレ人イエスは、この聖なる所を壊し、モーセが私たちに伝えた慣習を変える』と彼が言うのを、私たちは聞きました。」

Ⅲ.弟子たちの視点(21~22節)

1.21~22節

Joh 2:21

しかし、イエスはご自分のからだという神殿について語られたのであった。

Joh 2:22

それで、イエスが死人の中からよみがえられたとき、弟子たちは、イエスがこのように言われたことを思い起こして、聖書とイエスが言われたことばを信じた。

(1)弟子たちもまた、イエスのことばの意味を理解できなかった。

  ①メシアの死は、弟子たちの考えの中にはなかった。

  ②復活を目撃して以降、神殿とはイエスの体であることを理解した。

  ③今は分からなくても、やがて分かるようになる。

(2)弟子たちは、信仰の進展を経験した。

  ①復活を目撃した。

  ②イエスのことばを思い起こした。

  ③聖書とイエスが言われたことばを信じた。

結論

1 .イエスの愛の本質

(1)神の恵みと神の義は、表裏一体である。

  ①恵みのない愛はなく、義のない愛もない。

(2)当時のユダヤ人たちは、出32章のイスラエルの民と同じ状態にあった。

  ①2枚の石板の破壊(裁きの要素)

  ②2枚の石板の再提供(恵みの要素)

(3)イエスの怒りは、神の栄光が汚されていることへの怒りである。

  ①汚れた礼拝が排除される。

  ②清められた礼拝が始まる。

    

2 .3日目の復活の意味

(1)イエスの預言には、死と3日目の復活ということ以上の意味がある。

(2)礼拝の改革

  ①いけにえを中心とした神殿での礼拝は、終わろうとしている。

  ②イエスは古いものを破壊し、新しいものを創造しようとしている。

  ③エルサレムからの帰路、サマリアの女にこう語られた。

    *ヨハ4:23~24

Joh 4:23

しかし、まことの礼拝者たちが、御霊と真理によって父を礼拝する時が来ます。今がその時です。父はそのような人たちを、ご自分を礼拝する者として求めておられるのです。

Joh 4:24

神は霊ですから、神を礼拝する人は、御霊と真理によって礼拝しなければなりません。」

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第一(20)聖餐式11:17~34

2

コリント人への手紙第一(19)女のかぶり物11:2~16

3

Q391 女のかぶり物

4

イスラエル旅2023#056中川牧師とめぐる旅:【ベテ・シャン】 サウル王と息子ヨナタンの死

5

イスラエル旅2023#057中川牧師とめぐる旅:【ベテ・シャン】 放蕩息子が住んだ町

6

Q390 パワースポットは存在しますか。

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.