ルカの福音書(101)十字架上のイエス―罪を赦す救い主-23:33~49

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

十字架上で罪を赦す救い主の姿について学ぶ。

ルカの福音書 101回

十字架上のイエス

―罪を赦す救い主-

23 :33~49

1.文脈の確認

(1)イエスの受難(22~23章)

  ①宗教的指導者たちの陰謀(22:1~6)

  ②過越の食事の準備(22:7~13)

  ③二階の大広間での出来事(22:14~38)

  ④イエスの逮捕(22:39~53)

  ⑤イエスの裁判(22:54~23:25)

  ⑥イエスの死(23:26~49)

    *ヴィア・ドロローサ(23:26~32)

    *十字架上のイエス(22:33~49)

(2)この箇所は、ルカ独特の記録である。

2.アウトライン

(1)敵のための祈り(33~38節)

(2)犯罪人たちとの対話(39~43節)

(3)父への自己犠牲の祈り(44~49節)

3.結論

(1)イエスの祈り

(2)イエスの約束

十字架上で罪を赦す救い主の姿について学ぶ。

Ⅰ.敵のための祈り(33~38節)

1.33節

Luk 23:33

「どくろ」と呼ばれている場所に来ると、そこで彼らはイエスを十字架につけた。また犯罪人たちを、一人は右に、もう一人は左に十字架につけた。

(1)アラム語の「ゴルゴタ」ではなく、ギリシア語の「クラニオン」を使っている。

  ①異邦人読者のための配慮である。

  ②「どくろ」に似ているからではなく、刑場だからこの名が付いている。

(2)イエスの十字架は、真ん中に建てられた。

  ①この出来事の中心にイエスがいる。

  ②イエスは、すべての罪人の近くにおられる。

2.34節

Luk 23:34そのとき、イエスはこう言われた。「父よ、彼らをお赦しください。彼らは、自分が何をしているのかが分かっていないのです。」彼らはイエスの衣を分けるために、くじを引いた。

(1)ルカの視点は、旧約聖書の預言の成就ではない。

  ①それは、マタイやヨハネの視点である。

  ②ルカは、イエスが死に瀕しても、罪を赦すメシアであることを示そうとする。

(2)イエスは、自分を殺そうとしている兵士たちのために祈った。

  ①無知のゆえに、イエスを殺そうとしている。

  ②その罪の重さを認識していない。

  ③この祈りによって、神の怒りが鎮められた。

(3)イエスと兵士たちの対比

  ①兵士たちは、イエスの衣を分けるために、くじを引いた。

  ②詩22:18

Psa 22:18 彼らは私の衣服を分け合い/私の衣をくじ引きにします。

3.35節

Luk 23:35

民衆は立って眺めていた。議員たちもあざ笑って言った。「あれは他人を救った。もし神のキリストで、選ばれた者なら、自分を救ったらよい。」

(1)民衆は、傍観者であった。

  ①中には、勝利の入城に立ち会った者たちもいたであろう。

(2)議員たちは、イエスをあざ笑った。

  ①「もし神のキリストで、選ばれた者なら」

    *彼らは、イエスの主張を覚えていた。

  ②「自分を救ったらよい」

    *肉体的解放と霊的解放

4.36~38節

Luk 23:36 兵士たちも近くに来て、酸いぶどう酒を差し出し、

Luk 23:37

「おまえがユダヤ人の王なら、自分を救ってみろ」と言ってイエスを嘲った。

Luk 23:38

「これはユダヤ人の王」と書いた札も、イエスの頭の上に掲げてあった。

(1)兵士たちもイエスをあざけった。

  ①彼らは、酸いぶどう酒を差し出した。

  ②これは、あざけりの行為の一環である。

  ③「おまえがユダヤ人の王なら、自分を救ってみろ」

  ④「これはユダヤ人の王」と書いた札が、イエスの頭の上に掲げてあった。    

Ⅱ.犯罪人たちとの対話(39~43節)

1.39節

Luk 23:39

十字架にかけられていた犯罪人の一人は、イエスをののしり、「おまえはキリストではないか。自分とおれたちを救え」と言った。

(1)2人の犯罪人は、人類の代表である。

  ①1人は、イエスを拒否して滅びて行く人の代表である。

  ②もう1人は、イエスを信じて救われる人の代表である。

(2)犯罪人の一人は、イエスのメシア性の主張をあざけった。

  ①キリストなのだから、自分を救い、おれたちを救えと言った。

2.40~41節

Luk 23:40

すると、もう一人が彼をたしなめて言った。「おまえは神を恐れないのか。おまえも同じ刑罰を受けているではないか。

Luk 23:41

おれたちは、自分のしたことの報いを受けているのだから当たり前だ。だがこの方は、悪いことを何もしていない。」

(1)もう一人の犯罪人は、イエスを信じた。

  ①心の変化を体験した。

  ②悪口を言う仲間をたしなめ、神を恐れよと忠告した。

  ③自分たちは当然の報いを受けていることを認めた。

  ④この方(イエス)は、悪いことを何もしていないと言った。

2.42節

Luk 23:42

そして言った。「イエス様。あなたが御国に入られるときには、私を思い出してください。」

(1)彼は、イエスに信頼した。

  ①間もなく死のうとしているイエスが、いつか御国の位に着くと信じた。

  ②「御国」とは、キリストが地上に設立する王国である。

  ③彼は、イエスの説教を聞いていたのである。

  ④この宗教的・社会的部外者は、イエスの死、復活、昇天、再臨を信じた。

  ⑤「私を思い出してください」とは、救ってくださいという意味である。

3.43節

Luk 23:43

イエスは彼に言われた。「まことに、あなたに言います。あなたは今日、わたしとともにパラダイスにいます。」

(1)イエスは、彼の願いに答えた。

Ⅲ.父への自己犠牲の祈り(44~49節)

1.44~45節

Luk 23:44

さて、時はすでに十二時ごろであった。全地が暗くなり、午後三時まで続いた。

Luk 23:45 太陽は光を失っていた。すると神殿の幕が真ん中から裂けた。

(1)全地が暗くなり、午後3時まで続いた。

  ①この暗闇は、神の裁きの象徴である。

  ②御子イエスは、父との断絶を経験していた。

(2)神殿の幕が真ん中から裂けた。

  ①誰でもイエスを通して神の臨在に近づけるようになった。

2.46節

Luk 23:46

イエスは大声で叫ばれた。「父よ、わたしの霊をあなたの御手にゆだねます。」こう言って、息を引き取られた。

(1)「父よ」という呼びかけ

  ①イエスは、大声で叫ばれた。状況を支配している。

  ②父との関係が回復した。

(2)イエスは、自分のいのちを罪の贖いのささげ物として献げた。

  ①イエスの死は、自発的なものであった。

  ②イエスの祈りは、多くのユダヤ人が就寝前に献げる祈りである。

  ③イエスの父への信頼を表明している。

3.47節

Luk 23:47

百人隊長はこの出来事を見て、神をほめたたえ、「本当にこの方は正しい人であった」と言った。

(1)百人隊長は、イエスが無罪であることを証言した。

  ①「本当にこの方は正しい人であった」

  ②彼は、神をほめたたえた。

(2)この百人隊長に関する伝承

  ①彼の名前は、「ロンギナス」である。

  ②後にイエスを信じる忠実な信者となった。

  ③伝道し、最後は殉教の死を遂げた。

4.48~49節

Luk 23:48

また、この光景を見に集まっていた群衆もみな、これらの出来事を見て、悲しみのあまり胸をたたきながら帰って行った。

Luk 23:49

しかし、イエスの知人たちや、ガリラヤからイエスについて来ていた女たちはみな、離れたところに立ち、これらのことを見ていた。

(1)群衆は、この悲劇的出来事を見て、悲しみながら帰って行った。

  ①中には、イエスに好意的な人たちもいた。

(2)イエスについて来ていた者たちは、離れたところで、これらのことを見ていた。

  ①イエスの復活物語への橋渡し的情報である。

結論

1.イエスの祈り

Luk 23:34

そのとき、イエスはこう言われた。「父よ、彼らをお赦しください。彼らは、自分が何をしているのかが分かっていないのです。」彼らはイエスの衣を分けるために、くじを引いた。

(1)通常は、このタイミングで人は自分の罪を告白する。

  ①しかしイエスは、罪の告白を必要としなかった。

(2)それゆえ、罪人たちのために祈ることができた。

  ①これは、ルカ19:10と合致する。

Luk 19:10 人の子は、失われた者を捜して救うために来たのです。」

(3)この祈りには、弟子訓練の側面もある。

  ①ステパノは、この祈りを祈った。

Act 7:60

そして、ひざまずいて大声で叫んだ。「主よ、この罪を彼らに負わせないでください。」こう言って、彼は眠りについた。

2.イエスの約束

Luk 23:43

イエスは彼に言われた。「まことに、あなたに言います。あなたは今日、わたしとともにパラダイスにいます。」

(1)彼は、予想していた以上の祝福を受けた。

  ①「今日」。長く待つ必要はない。すぐに祝福が与えられる。

  ②「わたしとともに」。素晴らしいお方が同行してくださる。

    *イエスがともにいてくださることが、救いの本質である。

  ③「パラダイスにいます」。最高の場所が約束された。

    *「アブラハムのふところ」

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第一(21)御霊の賜物(1)―御霊による信仰告白―12:1~3

2

コリント人への手紙第一(20)聖餐式11:17~34

3

イスラエル旅2023#058中川牧師とめぐる旅:【クムラン】死海写本発掘の地

4

Q392 神学編 解釈学とは

5

イスラエル旅2023#057中川牧師とめぐる旅:【ベテ・シャン】 放蕩息子が住んだ町

6

Q391 女のかぶり物

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.