ルカの福音書(100)ヴィア・ドロローサ ―苦しみの道-23:26~32

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

ヴィア・ドロローサでの出来事について学ぶ。

ルカの福音書 100回

ヴィア・ドロローサ

―苦しみの道-

23 :26~32

1.文脈の確認

(1)イエスの受難(22~23章)

  ①宗教的指導者たちの陰謀(22:1~6)

  ②過越の食事の準備(22:7~13)

  ③二階の大広間での出来事(22:14~38)

  ④イエスの逮捕(22:39~53)

  ⑤イエスの裁判(22:54~23:25)

  ⑥イエスの死(23:26~49)

(2)イエスの死(23:26~49)

  ①ヴィア・ドロローサ(23:26~32)

  ②十字架上のイエス(22:33~49)

(3)ヴィア・ドロローサの意味

  ①ラテン語で「苦しみの道」という意味である。

  ②イエスがゴルゴタの丘に向かった際の経路である。

  ③この伝承は、十字軍時代に定着した。

  ④伝統的に14留(ステーション)ある。

2.アウトライン

(1)クレネ人シモン(26節)

(2)嘆き悲しむ女たち(27~31節)

(3)2人の犯罪人(32節)

3.結論:クレネ人シモン

ヴィア・ドロローサでの出来事について学ぶ。

Ⅰ.クレネ人シモン(26節)

1.26節

Luk 23:26

彼らはイエスを引いて行く途中、田舎から出て来たシモンというクレネ人を捕まえ、この人に十字架を負わせてイエスの後から運ばせた。

(1)このときのイエスの肉体的状態

  ①ピラトがイエスを鞭で打った。

  ②鞭で打たれたイエスの肉体は、悲惨な状態に陥った。

  ③特に、出血多量で危険な状態になった。

  ④罪人は、十字架(横木)を負って刑場まで行進する。

  ⑤イエスにとっては、その行程はまさに「苦しみの道」となった。

(2)十字架刑は、長時間苦しめながら死に至らせる見せしめの刑である。

  ①もしイエスが刑場に向かう途中で死ねば、その目的は半分しか達成されない。

  ②第5ステーションから上り坂に入る。

  ③ローマ兵たちは、イエスの代わりに十字架を負う人物を探した。

  ④それによって、イエスは一時的に楽になるが、最後に十字架刑が待っている。

(3)イエスの代わりに十字架を負わされたのは、クレネ人シモンである。

  ①ローマは、支配下にある民をいつでも徴用することができた。

  ②クレネは、北アフリカにあった町である。

  ③シモンは、過越の祭りを祝うために都に来ていた巡礼者のユダヤ人である。

  ④彼は、十字架を負ってイエスの後を歩いた。

Ⅱ.嘆き悲しむ女たち(27~31節)

1.27~28節

Luk 23:27

民衆や、イエスのことを嘆き悲しむ女たちが大きな一群をなして、イエスの後について行った。

Luk 23:28

イエスは彼女たちの方を振り向いて言われた。「エルサレムの娘たち、わたしのために泣いてはいけません。むしろ自分自身と、自分の子どもたちのために泣きなさい。

(1)ルカだけが、この逸話を記録している。

  ①エルサレムの崩壊は、ルカの大きな関心事である。

(2)「民衆」とは、イエスの教えを聞き、イエスを支持していた人たちであろう。

  ①ルカは、特に嘆き悲しむ女たち取り上げている。

    *女性に焦点を合わせるのは、ルカの福音書の特徴である。

  ②嘆き悲しむ女たちとは誰か。

    *当時は、葬送の列に「泣き女」が同行する習慣があった。

    *刑場まで同行し、十字架にかかる前に鎮痛剤を与えた。

    *ユダヤ人たちは、愛国主義の受刑者に敬意を表した。

    *ローマもこのような行為を許していた。

    *しかし、死後の弔いは禁じられていた。

    *これまでの例では、イエスは泣き女たちの活動を喜んではいなかった。

  ③この女たちは、イエスの受難によって心を痛めている信仰のある女たちである。

    *彼女たちは、純粋に心を痛め、悲しみの中にあった。

(3)イエスは、嘆き悲しむ女たちに声をかけた。

  ①イエスは、肉体的な苦痛の中でも奉仕を続けた。

  ②「エルサレムの娘たち」と呼びかけた。

    *彼女たちは、ガリラヤの女たちではなく、エルサレムの住民であった。

  ③イエスのことよりは、自分と自分の子どもたちのために嘆き悲しむべきである。

2.29~30節

Luk 23:29

なぜなら人々が、『不妊の女、子を産んだことのない胎、飲ませたことのない乳房は幸いだ』と言う日が来るのですから。

Luk 23:30

そのとき、人々は山々に向かって『私たちの上に崩れ落ちよ』と言い、丘に向かって『私たちをおおえ』と言い始めます。

(1)この時代、不妊は不運なこと、子を持つのは幸運なことと考えられていた。

  ①将来、逆転現象が起こるようになる。

  ②イエスのことばは、エルサレム崩壊の預言である。

(2)イエスの勧告の背景には、ホセ10:8の預言がある。

Hos 10:8
イスラエルの罪である/アベンの高き所は滅ぼし尽くされる。/茨とあざみが/彼らの祭壇の上に生い茂る。/彼らは山々に向かって/「私たちをおおえ」と言い、/丘に向かって/「私たちの上に崩れ落ちよ」と言う。

  ①嘆き悲しむべき理由は、彼らに悲惨なことが起こるからである。

3.31節

Luk 23:31

生木にこのようなことが行われるなら、枯れ木には、いったい何が起こるでしょうか。」

(1)これは格言である。

  ①生木とは、イエスのことである。

    *聖なるイエスがこのような仕打ちを受けている。

  ②枯れ木とは、罪人たちのことである。

    *ましてや、罪人がさらに激しい苦難に遭わないはずがない。

(2)この格言の背景は、エゼ20:46~47である。

Eze 20:46 「人の子よ。顔を右の方に向け、南に向かって語りかけ、ネゲブの野の森に向かって預言し、

Eze 20:47
ネゲブの森に言え。『【主】のことばを聞け。【神】である主はこう言われる。見よ、わたしはおまえのうちに火をつける。その火はおまえのうちの、すべての生木とすべての枯れ木を焼き尽くす。その燃える炎は消されず、南から北まで地の面すべてが焼かれる。

(3)これは、エルサレム崩壊までの期間を生かすようにという勧めである。

  ①個人的にも国家的にも、40年間の悔い改めの期間が残されている。

Ⅲ.2人の犯罪人(32節)

1.32節

Luk 23:32

ほかにも二人の犯罪人が、イエスとともに死刑にされるために引かれて行った。

(1)この節は、ヴィア・ドロローサとゴルゴタの丘をつなぐ架け橋になっている。

  ①2人の犯罪人の姿が、次回の場面で詳細に描かれる。

(2)この節は、イエスの辱めを表現している。

  ①イザ53:12

Isa 53:12
それゆえ、/わたしは多くの人を彼に分け与え、/彼は強者たちを戦勝品として分かち取る。/彼が自分のいのちを死に明け渡し、/背いた者たちとともに数えられたからである。/彼は多くの人の罪を負い、/背いた者たちのために、とりなしをする。」

結論 :クレネ人シモン

1.クレネは、現在の北アフリカのリビアに位置する。

(1)北アフリカで栄えていた5つの町(ペンタポリス)の1つである。

(2)ギリシア・ローマ時代を通じて、ヘレニストのユダヤ人の共同体があった。

(3)最盛期には、10万人の人口を擁した。

(4)紀元115年にユダヤ人の反乱が起こり、町は衰退した。

(5)そして、5世紀には廃墟となった。

2.シモンは、ユダヤ人の一般的な名前である。

(1)彼は、巡礼祭でエルサレムに来ていたユダヤ人である。

(2)「ニゲルと呼ばれるシメオン」(使13:1)とは別人であろう。

(3)シモンに関する情報は少ない。

3.マコ15:21の情報

Mar 15:21

兵士たちは、通りかかったクレネ人シモンという人に、イエスの十字架を無理やり背負わせた。彼はアレクサンドロとルフォスの父で、田舎から来ていた。

(1)マルコだけが、「アレクサンドロとルフォスの父」と書いている。

(2)マルコの福音書は、ローマ世界の異邦人のために書かれた。

(3)マルコの福音書の読者には、アレクサンドロとルフォスはよく知られていた。

4.ロマ16:13の情報

Rom 16:13

主にあって選ばれた人ルフォスによろしく。また彼と私の母によろしく。

(1)ルフォスとその母の名が登場する。

  ①「選ばれた人」とは、重責を担っている人、よく知られた人の意味。

  ②その母は、パウロにとっても母のような人。

  ③シモンの一家は、信者になり、クレネからローマに移住した。

  ④ローマの教会は、シモン一家のようなユダヤ人信者たちによって設立された。

  ⑤この事実は、私たちにとっても励ましとなる。

5.ルカ9:23の情報

Luk 9:23

イエスは皆に言われた。「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負って、わたしに従って来なさい。

(1)クレネ人シモンは、理想的な弟子の型である。

(2)それゆえルカは、このエピソードを取り上げたのである。

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第一(21)御霊の賜物(1)―御霊による信仰告白―12:1~3

2

コリント人への手紙第一(20)聖餐式11:17~34

3

Q391 女のかぶり物

4

イスラエル旅2023#057中川牧師とめぐる旅:【ベテ・シャン】 放蕩息子が住んだ町

5

コリント人への手紙第一(19)女のかぶり物11:2~16

6

Q390 パワースポットは存在しますか。

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.