ルカの福音書(97)イエスの逮捕22:39~53

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

患難への備えについて学ぶ。

ルカの福音書 97回

イエスの逮捕

22:39~53

1.文脈の確認

(1)イエスの受難(22~23章)

  ①宗教的指導者たちの陰謀(22:1~6)

  ②過越の食事の準備(22:7~13)

  ③二階の大広間での出来事(22:14~38)

  ④イエスの逮捕(22:39~53)

  ⑤イエスの裁判(22:54~23:25)

  ⑥イエスの死(23:26~49)

(2)イエスの逮捕(22:39~53)

  ①ゲツセマネの園での祈り(39~46節)

  ②ユダの裏切り(47~53節)

(3)注目すべき点

  ①このセクションの主要テーマは、患難への備えである。

  ②イエスは、祈りによって患難への備えを終える。

  ③弟子たちは、患難への備えをしなかった。

  ④イエスの逮捕は、両者の備えの違いを浮き彫りにする。

  ⑤ヨハ16:33

Joh 16:33
これらのことをあなたがたに話したのは、あなたがたがわたしにあって平安を得るためです。世にあっては苦難があります。しかし、勇気を出しなさい。わたしはすでに世に勝ちました。」

2.アウトライン

(1)ゲツセマネの園での祈り(39~46節)

(2)ユダの裏切り(47~53節)

3.結論

(1)イエスの苦悶

(2)ペテロの失敗

患難への備えについて学ぶ。

Ⅰ.ゲツセマネの園での祈り(39~46節)

1.39~40節

Luk 22:39

それからイエスは出て行き、いつものようにオリーブ山に行かれた。弟子たちもイエスに従った。

Luk 22:40

いつもの場所に来ると、イエスは彼らに、「誘惑に陥らないように祈っていなさい」と言われた。

(1)イエスと弟子たちは、オリーブ山に着いた。

  ①「ゲツセマネの園」が省略されている。(読者の関心をそらさないためか)。

  ②時間は、木曜日の夜10時~11時頃(すでに金曜日)であろう(遅い時間帯)。

  ③イエスは、十字架を目前に控えて、必死の祈りをされる。

  ④この祈りは、史上最大の霊的戦いの内容を明らかにしている。

  ⑤イエスの苦悶を理解せずに、十字架の意味を味わうことは不可能である。

(2)「いつものようにオリーブ山に行かれた」

  ①イエスが着いた場所は、ゲツセマネの園である。

  ②ゲツセマネの園は、オリーブ山の西側、城壁に隣接した位置にある。

  ③ユダに対して隠すものは何もない(イエスが状況を支配している)。

  ④ゲツセマネとは、「オリーブの絞り場」という意味である。

  ⑤オリーブ油は、聖霊の象徴である。

  ⑥メシアは砕かれ、信じる者に聖霊を与える。

(3)「誘惑に陥らないように祈っていなさい」

  ①この内容は、ルカだけが書いているものである。

  ②これは、イエスのためではなく、自分自身のために祈れという命令である。

  ③ここでの「誘惑」(ペイラスモス)とは、信仰のテストである。

  ④イエスが逮捕されたときに、イエスと父への信仰を放棄するかどうか。

  ⑤これは、弟子たち全員への指示である。

2.41~42節

Luk 22:41

そして、ご自分は弟子たちから離れて、石を投げて届くほどのところに行き、ひざまずいて祈られた。

Luk 22:42

「父よ、みこころなら、この杯をわたしから取り去ってください。しかし、わたしの願いではなく、みこころがなりますように。」

(1)イエスは、弟子たちを残して、一人で園の奥に入って行った。

  ①ペテロとヤコブとヨハネの3人が途中まで同行したことは、書かれていない

(2)「ひざまずいて祈られた」(祈り始めた)

  ①この姿勢は、神への従順を示している。

  ②「ひれ伏した」(マタ26:39、マコ14:35)

(3)「父よ、みこころなら、この杯をわたしから取り去ってください」

  ①「この杯」とは、神の怒りの杯である。

  ②人間としてのイエスは、「この杯」が取り去られることを願った。

  ③神の計画を無視して、自分の願いが成るように求めよというのが、誘惑である。

(4)「しかし、わたしの願いではなく、みこころがなりますように」

  ①イエスは、父の御心を優先させた。

  ②この祈りによって、イエスは誘惑に勝利された。

  ③ルカの福音書を通して、イエスは父の御心を成就してこられた。

  ④いかに死ぬかは、いかに生きてきたかによって決まる。

  ⑤この祈りは、私たちの祈りの模範である。

3.43~44節

Luk 22:43〔すると、御使いが天から現れて、イエスを力づけた。

Luk 22:44

イエスは苦しみもだえて、いよいよ切に祈られた。汗が血のしずくのように地に落ちた。〕

(1)この部分も、ルカだけの記録である。

  ①天使(単数形)がイエスを力づけた。

    *「荒野の誘惑」では、誘惑が終わってから天使たちがイエスに仕えた。

  ②弟子たちは眠りこけていたが、イエスは孤独ではなかった。

    *私たちも、孤独ではない。

  ③「汗が血のしずくのように地に落ちた」

    *激しい動揺により、発汗細胞が傷つき、血液が汗に混じる状態。

    *神の怒りを予感した結果起こる動揺。

4.45~46節

Luk 22:45

イエスが祈り終わって立ち上がり、弟子たちのところに行ってご覧になると、彼らは悲しみの果てに眠り込んでいた。

Luk 22:46

そこで、彼らに言われた。「どうして眠っているのか。誘惑に陥らないように、起きて祈っていなさい。」

(1)ルカは、イエスが3度弟子たちのところに行ったことは省略している。

  ①強調点は、弟子たちの失敗よりも、イエスの祈りにある。

(2)「どうして眠っているのか」

  ①こんな大切な時に、どうして眠っていられるのか。

(3)「誘惑に陥らないように、起きて祈っていなさい」

  ①信仰のテストに合格するためには、祈りの準備が必要である。

Ⅱ.ユダの裏切り(47~53節)

1.47~48節

Luk 22:47

イエスがまだ話をしておられるうちに、見よ、群衆がやって来た。十二人の一人で、ユダという者が先頭に立っていた。ユダはイエスに口づけしようとして近づいた。

Luk 22:48

しかし、イエスは彼に言われた。「ユダ、あなたは口づけで人の子を裏切るのか。」

(1)イエスを逮捕しようとする者たちが、ゲツセマネの園にやって来た。

  ①木曜日(金曜日になっている)の真夜中過ぎで、夜明けまではまだ時間がある。

  ②ここから、イエスの逮捕、裁判、十字架刑へと進んで行く。

(2)イエスの祈りとユダの裏切りが、密接に関連付けられている。

  ①逮捕される前に、イエスが祈り終わる必要があった。

  ②ユダが群衆を先導して来た。

(3)ユダの偽善

  ①「ユダという者」という表現は、イエスとユダの間に距離を置くためのもの。

  ②ユダは、イエスに口づけしようとした。

  ③口づけは、友情のしるし、ラビへの敬意のしるしである。

  ④「ユダ、あなたは口づけで人の子を裏切るのか」

    *口づけ、人の子、裏切り

2.49~50節

Luk 22:49

イエスの周りにいた者たちは、事の成り行きを見て、「主よ、剣で切りつけましょうか」と言った。

Luk 22:50

そして、そのうちの一人が大祭司のしもべに切りかかり、右の耳を切り落とした。

(1)「主よ、剣で切りつけましょうか」

  ①これは、許可を求めているのではなく、行動を起こすという宣言である。

  ②イエスは、祈りによって、父の御心に従う決心ができていた。

  ③弟子たちは、祈りによる準備ができていなかったので、自分の計画を実行した。

(2)大祭司のしもべに切りかかったのがペテロであることは、伏せられている。

  ①ユダの罪の深さに比べれば、ペテロの失敗は軽微なものである。

  ②大祭司のしもべの右の耳を切り落とした。

    *ルカとヨハネが、これを記録している。

3.51節

Luk 22:51

するとイエスは、「やめなさい。そこまでにしなさい」と言われた。そして、耳にさわって彼を癒やされた。

(1)「耳にさわって彼を癒やされた」

  ①敵に対するイエスの愛

  ②ペテロに対する守り

4.52~53節

Luk 22:52

それからイエスは、押しかけて来た祭司長たち、宮の守衛長たち、長老たちに言われた。「まるで強盗にでも向かうように、剣や棒を持って出て来たのですか。

Luk 22:53

わたしが毎日、宮で一緒にいる間、あなたがたはわたしに手をかけませんでした。しかし、今はあなたがたの時、暗闇の力です。」

(1)イエスを逮捕するために押しかけて来たのは、イスラエルの指導者たちである。

  ①イエスは、彼らの偽善を指摘する。

  ②彼らは、イエスが宮で教えていたときは、イエスに手をかけなかった。

    *民衆を恐れたからである。

  ③しかし、暗闇の今、彼らはイエスを捕えようとしている。

(2)「今はあなたがたの時、暗闇の力です」

  ①今は、悪魔が働く時である。

  ②悪魔の子である彼らも、働く。

  ③神は、一時的に悪魔の時を許可された。

結論

1.イエスの苦悶

(1)イエスは、杯を取りのけてくださいと祈られた。

  ①「杯」とは、十字架の死のことではない。

  ②イエスは、十字架で死ぬために来られた。

    *ルカ19:10、ヨハ12:27、ヘブ10:5~9、ピリ2:8

(2)「杯」とは、罪に対する神の怒りのことである。

  ①聖書が聖書を解釈する。

    *詩11:6、75:8、イザ51:17、エレ25:15、黙14:10

  ②神の怒りの杯を飲む者は、霊的に死んでいる不信者である。

    *彼らは、神から切り離された者たちである。

  ③メシアの肉体的死は預言されていたが、霊的死の預言はない。

  ④イエスは、霊的死(父との分離)について知って、驚かれたのであろう。

  ⑤私たち人間には、父と子の分離がどういう意味をもつのか理解できない。

  ⑥霊的死を通過することで、イエスは私たちのために完璧な大祭司となられた。

2.ペテロの失敗

(1)4つの失敗

  ①内省すべきときに、傲慢になった。

  ②聞くべきときに、語り続けた。

  ③祈るべきときに、眠っていた。

  ④降伏すべきときに、戦った。

(2)アダムとイエスの対比

  ①アダムは父に背いて、死をもたらした。

  ②イエス(最後のアダム)は、父への従順を学び、いのちをもたらした。

  ③私たちの手本は、最初のアダムではなく、最後のアダムである。

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第一(26)御霊の賜物(6)―正しい賜物の行使―14:26~40

2

イスラエル旅2023#062中川牧師とめぐる旅:【エイン・フェシュカ】千年王国の予兆

3

コリント人への手紙第一(25)御霊の賜物(5)―異言よりも預言―14:1~25

4

コリント人への手紙第一(20)聖餐式11:17~34

5

Q397 イスラエルはジェノサイド国家ですか。

6

Q396 神学編 字義どおりの解釈とは。

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.