ルカの福音書(95)二階の大広間での出来事(1)22:14~23

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

二階の大広間での出来事について学ぶ。

ルカの福音書 95回

二階の大広間での出来事(1)

22:14~23

1.文脈の確認

(1)イエスの受難(22~23章)

  ①宗教的指導者たちの陰謀(22:1~6)

  ②過越の食事の準備(22:7~13)

  ③二階の大広間での出来事(22:14~38)

  ④イエスの逮捕(22:39~53)

  ⑤イエスの裁判(22:54~23:25)

  ⑥イエスの死(23:26~49)

(2)二階の大広間での出来事(22:14~38)

  ①過越の食事(14~18節)

  ②新しい契約(19~20節)

  ③裏切りの予告(21~23節)

  ④弟子たちへの教え(24~30節)

  ⑤ペテロのつまずきの予告(31~34節)

  ⑥迫害に対する備え(35~38節)

(3)注目すべき点

  ①共観福音書の中では、ルカの記述が最も詳しい。

  ②それよりも詳しいのは、ヨハネの福音書である(13~17章)。

2.アウトライン

(1)過越の食事(14~18節)

(2)新しい契約(19~20節)

(3)裏切り者の予告(21~23節)

3.結論

(1)イエスの公生涯

(2)神の国での過越の食事

(3)最後の晩餐の意味

二階の大広間での出来事について学ぶ。

Ⅰ.過越の食事(14~18節)

1.14節

Luk 22:14その時刻が来て、イエスは席に着かれ、使徒たちも一緒に座った。

(1)イエスは、状況を完全に支配しておられる。

  ①「その時刻」とは、イエスが過越の食事をすると決めていた時刻である。

  ②木曜日の日没後(午後6時過ぎ)に食事が始まる。

  ③使徒たちもいっしょに席に着いた。

    *ギリシア語で「アナピプトウ」。英語で「recline」。横になる。

    *当時は、コの字型の低いテーブルで食事をした。

    *日常の食事は、座って食べていた。

(2)過越の食事の手順(セデル)は、中間時代に始まったとされている。

  ①それが今日まで継続している。式文はハガダー。

  ②イエスと弟子たちは、ユダヤ人たちが今も行っている手順で過越の食事をした。

(3)ここでは、「使徒たち」ということばが使われている。

  ①二階の大広間での出来事は、教会設立の土台となるものである。

  ②使徒たちは、教会の指導者となる。

  ③エペ2:20

Eph 2:20 使徒たちや預言者たちという土台の上に建てられていて、キリスト・イエスご自身がその要の石です。

2.15節

Luk 22:15

イエスは彼らに言われた。「わたしは、苦しみを受ける前に、あなたがたと一緒にこの過越の食事をすることを、切に願っていました。

(1)「切に願っていました」

  ①使徒たちといっしょに過越の食事をすること

  ②食事の席で、重要な教えを語る必要があった。

  ③この食事によって、イエスは、新しい出エジプトをもたらされる。

3.16節

Luk 22:16

あなたがたに言います。過越が神の国において成就するまで、わたしが過越の食事をすることは、決してありません。」

(1)「わたしが過越の食事をすることは、決してありません」

  ①強い否定形である。

  ②「過越が神の国において成就するまで」

  ③「過越の成就」とは、霊的解放と安息の成就である。

  ④旧約聖書の預言どおり、究極的解放は、メシア的王国で成就する。

  ⑤イエスはメシア的王国において、過越の食事をされる。

(2)これは、メシア的王国が設立される前に食される最後の過越の食事である。

  ①また、新しい契約が締結される食事でもある。

  ②贖いの血によって新しい契約が締結される。

3.17~18節

Luk 22:17

そしてイエスは杯を取り、感謝の祈りをささげてから言われた。「これを取り、互いの間で分けて飲みなさい。

Luk 22:18

あなたがたに言います。今から神の国が来る時まで、わたしがぶどうの実からできた物を飲むことは、決してありません。」

(1)過越の食事には4つの杯がある。

  ①感謝の杯

  ②裁きの杯

  ③贖いの杯

  ④賛美の杯

    *①と②は食事の前に飲む。

    *福音書には①と③だけが出てくる。

(2)17節の杯は、①感謝の杯である。

  ①「杯」は単数形である。ひとつの杯を回し飲みした。

(3)18節で、イエスは同じことをくり返された。

  ①メシア的王国が地上に設立される。

  ②そうなるまでは、過越の食事をしない。

  ③過越の食事で飲むぶどう酒は、自然発酵したものである。

  ④酵母を加えて発酵を促進したものは「コシェル」ではない。

  ⑤ヨハ19:30の「酸いぶどう酒」は、それに当たらない。

Ⅱ.新しい契約(19~20節)

1.19節

Luk 22:19

それからパンを取り、感謝の祈りをささげた後これを裂き、弟子たちに与えて言われた。「これは、あなたがたのために与えられる、わたしのからだです。わたしを覚えて、これを行いなさい。」

(1)イエスが弟子たちに与えたパンは、アフィコーメンと呼ばれる。

  ①3つの種なしパンの中央のものを半分に割り、それを布で包み隠す。

  ②食事の途中、子どもたちがそれを探し、見つけるとご褒美がもらえる。

  ③アフィコーメンは、食後のデザートとして食べられる。

(2)聖餐式の目的は、イエスの御業を記念することである。

  ①ユダヤ教のラビたちは、アフィコーメンの儀式を神学的に説明できない。

  ②メシアニックジューたちは、その意味を深く理解している。

2.20節

Luk 22:20

食事の後、杯も同じようにして言われた。「この杯は、あなたがたのために流される、わたしの血による、新しい契約です。

(1)①と②の杯は食前に、③と④の杯は食後に飲んだ。

  ①これは、第3の杯(贖いの杯)である。

  ②贖いの杯は、過越の子羊の流された血を象徴している。

  ③この杯は、神の子羊イエスの血を象徴するものとなった。

(2)「わたしの血による、新しい契約です」

  ①ぶどう酒は、イエスの血潮の象徴である。

  ②イエスの血潮は、新しい契約のしるしである。

  ③イエスの血潮は、罪の赦しのために流されるものである。

Ⅲ.裏切りの予告(21~23節)

1.21節

Luk 22:21

しかし見なさい。わたしを裏切る者の手が、わたしとともに食卓の上にあります。

(1)ルカは、マタイとマルコとは異なり、裏切りの予告を契約締結後に置いている。

  ①イエスの自己犠牲の愛と、ユダの利己的な心の対比がある。

  ②この予告によって、弟子たちは驚いた。

  ③親しい人物が、イエスを裏切るのである。

2.22節

Luk 22:22

人の子は、定められたとおり去って行きます。しかし、人の子を裏切るその人はわざわいです。」

(1)十字架の預言が語られる。

  ①イエスは「人の子」、つまりメシアである。

  ②イエスは「去って行く」、つまり殺される。

  ③十字架の死は「定められたとおり」、つまり神の御心どおりである。

(2)裏切り者に、呪いが宣告される。

  ①ユダヤ人の指導者たちの上に呪いが宣告された。

  ②エルサレムの上に呪いが宣告された。

(3)ここでは、神の主権と人間の責務が両立している。

3.23節

Luk 22:23

そこで弟子たちは、自分たちのうちのだれが、そんなことをしようとしているのかと、互いに議論をし始めた。

(1)弟子たちは仰天して、犯人捜しの議論を始めた。

  ①ユダもその議論に参加していた。

  ②ユダには、悔い改めのチャンスが残されていた。

  ③ユダは、過越の食事をともにした後で、イエスを裏切るのである。

結論

1.イエスの公生涯

(1)新約時代の教会には、2つの聖礼典が与えられている。

  ①洗礼式

  ②聖餐式

(2)イエスの公生涯は、洗礼式とともに始まった。

  ①分離ときよめの象徴である。

(3)イエスの公生涯は、聖餐式とともに終わった。

  ①信者の交わりと一体化の象徴である。

2.神の国での過越の食事

(1)イエスは、メシア的王国で過越の食事をすると約束された。

(2)メシア的王国の始まりを告げる宴会において、食される。

(3)弟子たちは、メシア的王国がすぐにでも来ると期待した。

  ①使1:6

Act 1:6

そこで使徒たちは、一緒に集まったとき、イエスに尋ねた。「主よ。イスラエルのために国を再興してくださるのは、この時なのですか。」

3.最後の晩餐の意味

(1)これは、愛する弟子たちとの別れの食事であった。

(2)これは、愛する弟子たちに最後の説教をする場であった(ヨハ13~17章)。

(3)これは、より偉大な出エジプト(解放)が始まるきっかけとなる食事であった。

(4)これは、神が私たちとの交わりを願っておられることを示す食事であった。

(5)聖餐式において私たちは、イエスの死を記念し、イエスの再臨を告白する。

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第一(25)御霊の賜物(5)―異言よりも預言―14:1~25

2

コリント人への手紙第一(24)御霊の賜物(4)―愛の優位性―13:1~13

3

使徒の働き(6)―聖霊降臨―

4

イスラエル旅2023#061中川牧師とめぐる旅:【エイン・フェシュカ】死海に魚がいる?!

5

Q395 神学編 解釈学のゴールとは。

6

ヨハネの福音書(10)第2のしるしヨハ4:43~54

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.