ルカの福音書(88)ぶどう園の農夫のたとえ話 -神の国の延期-20:9~18

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

ぶどう園の農夫のたとえ話について学ぶ。

ルカの福音書 88回

ぶどう園の農夫のたとえ話 -神の国の延期-

20 :9~18

1.はじめに

(1)エルサレムでの奉仕が始まった(19:28~21:38)。

  ①勝利の入城(19:28~44)

  ②諸々の教え(19:45~21:4)

  ③神殿崩壊の予告(21:5~36)

  ④まとめ(21:37~38)

(2)諸々の教え(19:45~21:4)

  ①宮きよめ(19:45~46)

  ②イエスの教えの要約(19:47~48)

  ③権威に関する論争(20:1~8)

  ④ぶどう園の農夫のたとえ話(20:9~18)

  ⑤カエサルへの納税に関する質問(20:19~26)

  ⑥復活に関する質問(20:27~40)

  ⑦ダビデの子に関する質問(20:41~44)

  ⑧律法学者の偽善(20:45~47)

  ⑨やもめの献金(21:1~4)

2.アウトライン

(1)農夫たちへの委託(9節)

(2)3人のしもべたちの派遣(10~12節)

(3)愛する息子の派遣(13~15節a)

(4)適用(15b~18節)

3. 結論

(1)「彼をぶどう園の外に放り出して、殺してしまった」(15節)

(2)「ぶどう園をほかの人たちに与えるでしょう」(16節)

(3)「石」(18節)

ぶどう園の農夫のたとえ話について学ぶ。

Ⅰ.農夫たちへの委託(9節)

1.9節

Luk 20:9

また、イエスは人々に対してこのようなたとえを話し始められた。「ある人がぶどう園を造り、それを農夫たちに貸して、長い旅に出た。

(1)イエスは、このたとえ話を、イエスの教えに好意的な人々に語られた。

  ①神のことばに積極的に応答するなら、より深い霊的真理を知るようになる。

  ②イエスを信じない者には、このたとえ話は意味不明であろう。

  ③このたとえ話の要点

    *宗教的指導者たちは、権威を誤用している。

    *イエスは預言者よりも権威を持ったお方、神の子である。

    *イエスは、殺される。

    *イエスの弟子には、忠実な管理者としての責務がある。

(2)当時の主人と農夫の関係

  ①ローマ帝国の郊外の地(田舎)は、そのほとんどが地主の所有地であった。

  ②地主は都市生活をし、畑は農夫に委ね、その収穫で裕福な生活をしていた。

    *奴隷を使って、農業を営むこともあった。

    *畑を貸す場合の相手は、小作農(自由人)であった。

  ③寛大な地主は人々から尊敬されたが、そのような地主は稀であった。

  ④このたとえ話に登場する地主は、非常に寛大である。

    *こういう地主は、下層階級からは尊敬され、貴族階級からは軽蔑された。

  ⑤地主は、苦労してぶどう畑を開墾した(マタ21:33)。

(3)このたとえ話の背景には、イザ5:1~2がある。

Isa 5:1
「さあ、わたしは歌おう。/わが愛する者のために。/そのぶどう畑についての、わが愛の歌を。/わが愛する者は、よく肥えた山腹に/ぶどう畑を持っていた。

Isa 5:2
彼はそこを掘り起こして、石を除き、/そこに良いぶどうを植え、/その中にやぐらを立て、/その中にぶどうの踏み場まで掘り、/ぶどうがなるのを心待ちにしていた。/ところが、酸いぶどうができてしまった。

(4)このたとえ話に出てくる用語の意味

  ①主人は、父なる神。

  ②ぶどう園は、イスラエル。

  ③農夫は、イスラエルの指導者たち。

  ④収穫の時は、御国の開始。

  ⑤収穫は、神が神の民に期待する霊的実。

  ⑥しもべたちは、預言者たち。

  ⑦愛する息子は、イエス。

Ⅱ.3人のしもべたちの派遣(10~12節)

1.10節

Luk 20:10収穫の時になったので、彼は農夫たちのところに一人のしもべを遣わした。ぶどう園の収穫の一部を納めさせるためであった。ところが農夫たちは、そのしもべを打ちたたき、何も持たせないで帰らせた。

(1)収穫の時の小作料の徴収

  ①小作農は、収穫の時に主人に対して、あらかじめ決められているものを支払う。

  ②収穫量であったり、率であったりした(最低25%以上)。

  ③力があるのは小作農ではなく、主人の方である。

  ④問題のある小作農に対応するために、私兵集団を擁していた主人もいた。

(2)農夫の反抗

  ①ここでは、農夫たちは、力のある者のように振る舞っている。

  ②これは、寛大な主人に対する反抗である。

  ③農夫たちは、主人が遣わしたしもべを苦しめた。

(3)最初のしもべは、捕囚期前の預言者たちである。

  ①農夫たちは、最初のしもべを打ちたたき、何も持たせないで帰らせた。

2.11節

Luk 20:11そこで別のしもべを遣わしたが、彼らはそのしもべも打ちたたき、辱めたうえで、何も持たせないで帰らせた。

(2)次のしもべは、捕囚期後の預言者たちである。

  ①「辱めたうえで」ということばが追加されている。

3.12節

Luk 20:12

彼はさらに三人目のしもべを遣わしたが、彼らはこのしもべにも傷を負わせて追い出した。

(1)3人目のしもべは、バプテスマのヨハネとイエスの弟子たちである。

  ①農夫たちは、このしもべにも傷を負わせて追い出した。

Ⅲ.愛する息子の派遣(13~15節a)

1.13節

Luk 20:13

ぶどう園の主人は言った。『どうしようか。そうだ、私の愛する息子を送ろう。この子なら、きっと敬ってくれるだろう。』

(1)ルカは、この部分を主人の独白として紹介する。

  ①この文学形式は、内容伝達に「情感」を加えることができる。

  ②「私の愛する息子」とは、イエスのことである。

  ③神は、そのひとり子をこの世に遣わされた。

  ④神は、イスラエルの指導者たちがイエスを受け入れることを期待された。

2.14~15節a

Luk 20:14

ところが、農夫たちはその息子を見ると、互いに議論して『あれは跡取りだ。あれを殺してしまおう。そうすれば、相続財産は自分たちのものになる』と言った。

Luk 20:15a そして、彼をぶどう園の外に放り出して、殺してしまった。

(1)農夫たちは、その息子が跡取りであることを認識したうえで、殺した。

  ①彼らは、主人の財産を自分のものにしようとした。

  ②民衆は神の所有物であり、神から指導者たちに委ねられていた。

  ③指導者たちは、民衆を自分の所有物にしようとした。

  ④これは、管理者としては最悪の姿である。

  ⑤彼らは、息子をぶどう園の外に放り出し、殺した。

(2)指導者たちは、イエスが神の子であることを知っていた。

  ①しかし、彼らはそれを公に認めなかった。

Ⅳ.適用(15b~18節)

1.15b~16節

Luk 20:15b  こうなったら、ぶどう園の主人は彼らをどうするでしょうか。

Luk 20:16

主人はやって来て農夫たちを殺し、ぶどう園をほかの人たちに与えるでしょう。」/これを聞いた人たちは、「そんなことが起こってはなりません」と言った。

(1)イエスの質問は、聴衆(指導者たち)に考えさせるためのものである。

  ①主人はその農夫たちをどうするだろうかというのは、当然の質問である。

  ②ルカの記録では、イエス自身が答えている。

  ③主人は農夫たちを殺し、ぶどう園をほかの人に与えるでしょう。

(2)人々は、「そんなことが起こってはなりません」と言った。

  ①彼らは、イスラエルという国の消滅を予感した。

  ②彼らは、ユダヤ教の終わりを予感した。

2.17~18節

Luk 20:17

イエスは彼らを見つめて言われた。「では、/『家を建てる者たちが捨てた石、/それが要の石となった』/と書いてあるのは、どういうことなのですか。

Luk 20:18

だれでもこの石の上に落ちれば、粉々に砕かれ、またこの石が人の上に落ちれば、その人を押しつぶします。」

(1)イエスは、彼らを見つめて言われた。

  ①イエスの教えの厳しさが表現されている。

(2)イエスは、人々の拒否反応に答えるために、詩118:22を引用された。

Psa 118:22 家を建てる者たちが捨てた石/それが要の石となった。

  ①人々が最も評価しないものが、最も大切なものとなる。

  ②メシアは拒否されるが、最後には重要な役割を果たすようになる。

(3)この石は、裁きの手段ともなる。

  ①初臨のメシアにつまずく者は、不信仰のゆえに粉々に砕かれる。

    *これは、紀元70年のエルサレム崩壊の預言である。

  ②再臨のメシアは、諸国を裁くために来られる。

    *ダニエル書2章の預言どおりである。

結論

1

.「彼をぶどう園の外に放り出して、殺してしまった」(15節)

(1)イエスが門の外で苦しみを受けることの預言である。

(2)ヘブ13:11~12

Heb 13:11

動物の血は、罪のきよめのささげ物として、大祭司によって聖所の中に持って行かれますが、からだは宿営の外で焼かれるのです。

Heb 13:12

それでイエスも、ご自分の血によって民を聖なるものとするために、門の外で苦しみを受けられました。

  ①贖罪の日に、罪のきよめのささげ物が献げられる。

  ②血は、罪を清める供え物である。

  ③しかし、からだは宿営の外(汚れた地)で焼かれる。

  ④イエスの犠牲もこれと同じである。

    *イエスは、門の外(汚れた地)で苦しまれた。

    *イエスの血は、私たちの罪を清める。

  ⑤それゆえ、イエスが苦しまれたように門の外で苦しみを受けようではないか。

2.「ぶどう園をほかの人たちに与えるでしょう」(16節)

(1)この聖句は、置換神学の根拠とされることが多い。

  ①神の国は、ユダヤ人から取り去られ教会に与えられる。

(2)文脈を考慮した正しい解釈とは何か。

  ①神の国は、イエス時代の指導者たちから取り去られる。

  ②神の国は、将来の世代(大患難時代)の信仰ある指導者たちに与えられる。

    *マタ21:43では、「神の国の実を結ぶ民に与えられます」となっている。

    *ここでの「民」(エスノス)は、将来の世代の意味である。

3 「石」(18節)

(1)「だれでもこの石の上に落ちれば」

①初臨のメシアにつまずく者は、滅びる。

  ②イザ8:13~15

    *イスラエルにとっては、イエスは妨げの石、つまずきの岩となる。

    *多くの者がつまずき、倒れて打ち砕かれ、罠にかかって捕らえられる。

(2)「この石が人の上に落ちれば」

  ①再臨のメシアは、諸国を裁く。

  ②ダニ2:35、44

    *バビロンの王ネブカドネツァルは、巨大な像の夢を見た。

    *像は世界の王国の変遷を示している。

    *最後に、1つの石が人手によらずに切り出され、像を打ち砕いた。

    *その石は、大きな山となって全地に満ちた。

    *その石は、世界の王国を滅ぼす神の国(メシア的王国)である。

    *神の国は永遠に立ち続ける。

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第二(1)あいさつ ―苦しみの中で受ける慰め―1:1~11

2

コリント人への手紙第一(32)結びのことば16:13~24

3

イスラエル旅2023#069中川牧師とめぐる旅:【マサダ】ユダヤ人の歴史の回顧

4

Q403 「5つのソラ」とはどういう意味ですか。(前半)

5

ヨハネの福音書(12)父と子は同等ヨハ5:19~29

6

コリント人への手紙第一 1回あいさつ ―聖化について考える―1:1~3

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.