メシアの生涯(67)—イエスの母と兄弟たち—

  • 2013.07.08
  • マタイ12章:46〜50、マルコ3章:31〜35、ルカ8章:19〜21
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

このメッセージは、人生の分岐点について学ぼうとするものである。

関連テーマ

テーマを全て見る

関連キーワード

キーワードを全て見る

「イエスの母と兄弟たち」

§063 マコ3:31~35、マタ12:46~50、ルカ8:19~21

1.はじめに

  (1)文脈の確認

    ①A.T.ロバートソンの調和表は、ここでルカの福音書の順番から外れる。

    ②ルカが最も正確に、イエスの生涯を時間順に記録している。

    ③ルカが記した順番に注目する必要がある。

      *ベルゼブル論争が行われた。

      *ユダヤ人たちは公にイエスのメシア性を拒否した。

      *この出来事は、イエスの公生涯の分岐点となった。

      *これ以降、イエスの奉仕の方法が変化した。

      *イエスは、大衆伝道から弟子訓練に方向転換した。

      *イエスの奇跡は、弟子訓練のためのものとなった。

      *イエスの教えは、たとえ話が中心となった。

    ④この箇所の出来事は、イエスのたとえ話の間に入るべきものである。

      *マタ13章には、たとえ話が多数出て来る。

    (2)きょうの箇所は短い箇所であるが、非常に重要な箇所である。

①イエスの公生涯の方向性が変化した。

②その変化は、私たち異邦人にとって重要な意味を持つ。

    (3)A.T.ロバートソンの調和表

      「キリストを連れ戻しに来た母と兄弟たち」(§63)

      マコ3:31~35、マタ12:46~50、ルカ8:19~21

2.アウトライン

  (1)母と兄弟たちの訪問(46節)

  (2)取り次ぐ人々(47節)

  (3)イエスの回答:否定的な内容(48節)

  (4)イエスの回答:肯定的な内容(49~50節)

  3.結論:

    (1)異邦人の救い

    (2)ユダヤ人個人の救い

    (3)ユダヤ民族の救い

このメッセージは、神による人類救済計画の流れを学ぶためのものである。

Ⅰ.母と兄弟たちの訪問(46節)

「イエスがまだ群衆に話しておられるときに、イエスの母と兄弟たちが、イエスに何か話そうとして、外に立っていた」 (46節)

  1.イエスの家族がやって来た。

    (1)母マリア

      ①カトリックの教理

        *無原罪の御宿り

*聖母の被昇天

*永遠の処女

      ②これらの教理は、聖書的ではない。

    (2)兄弟たち

      ①マリアが生んだ子どもたち

      ②イエスにとっては、異父兄弟である。

  2.どういう目的でやって来たのか。

    (1)マコ3:21からのヒント

    「イエスの身内の者たちが聞いて、イエスを連れ戻しに出て来た。『気が狂ったのだ』

と言う人たちがいたからである」 (マコ3:21)

(2)ヨハ7:5からのヒント

「兄弟たちもイエスを信じていなかったのである」 (ヨハ7:5)

(3)当時の状況

  ①ベルゼブル論争によって、イエスと悪霊の関わりの噂が流れた。

  ②たとえ話の多用によって、イエスが正気かどうか、疑われた。

③イエスの家族たちは、イエスのことを心配した。

*気が狂ったのだろうか。

*休息が必要なのだろうか。

Ⅱ.取り次ぐ人々(47節)

「すると、だれかが言った。『ご覧なさい。あなたのお母さんと兄弟たちが、あなたに話そうとして外に立っています』」 (47節)

  1.イエスの母と兄弟たちは、イエスに近づけなかった。

    (1)大ぜいの人が、イエスを囲んで座っていた(マルコの情報)。

①彼らは外に立っていて、人をやり、イエスを呼ばせた。

      ②マタイではひとりの人が、マルコでは大ぜいの人が、イエスに呼びかけた。

  2.ユダヤ的文脈の中では、この取り次ぎは当然のことである。

    (1)モーセの律法では、両親を敬うことは重要な命令である。

      ①ユダヤ教の教えでも、両親を敬うことは最も重要な命令であるとされた。

      ②それゆえ、取り次いだ人たちは、当然のことをしているのである。

    (2)紀元1世紀のユダヤ人社会における家族関係を理解することが、重要である。

      ①その前提のもとに、イエスのことばを聞くと、その革命性がよく分かる。

Ⅲ.イエスの回答:否定的な内容(48節)

「しかし、イエスはそう言っている人に答えて言われた。『わたしの母とはだれですか。また、わたしの兄弟たちとはだれですか』」

   1.イエスは、血のつながりを根拠としてイエスに近づくことを、否定された。

    (1)マリアが他の人にない特権を持っているという考え方は、否定される。

  2.パリサイ人たちは、ユダヤ人として誕生したなら、神の国に入れると教えていた。

    (1)イエスのこのことばは、アブラハムの子孫であるという誇りを粉砕する。

  3.イエスの母と兄弟たちは、イスラエルという国全体の象徴である。

    (1)公生涯のこの段階で、イエスはイスラエルとの特別な関係を断ち切られた。

      ①形式的信仰が否定された(マタ12:43~45)。

        *イスラエルの後の状態は、以前よりも悪くなる。

      ②血のつながりが否定された(マタ12:46~50)。

Ⅳ.イエスの回答:肯定的な内容(49~50節)

「それから、イエスは手を弟子たちのほうに差し伸べて言われた。『見なさい。わたしの母、わたしの兄弟たちです。天におられるわたしの父のみこころを行う者はだれでも、わたしの兄弟、姉妹、また母なのです』」 (49~50節)

  1.弟子たちに向けたことば

    (1)彼らは、イエスをメシアと信じた人たちである。

      ①イエスを信じることは、父なる神の御心を行うことである。

    (2)「天におられるわたしの父」

       ①「天におられる私たちの父」ではない。

      ②イエスと天の父の特別な関係を示す言葉である。

      ③三位一体の父と子の関係

  2.イエスは、信仰によってイエスに近づくことを肯定された。

    (1)ユダヤ人たちの運命

      ①アブラハム契約のゆえに、彼らが神の民であることは変わらない。

      ②しかし、不信仰な状態では、神の民としての祝福を受けることができない。

      ③さらに、神の民であるがゆえに、矯正的裁きを受けることになる。

        *裁きは、彼らを信仰に立ち返らせるための訓練である。

    (2)異邦人の運命

      ①異邦人は、アブラハムの子孫ではない。

②また、イエスと血のつながりはない。

③さらに、種々の契約とは無縁である。

④しかし、信仰によって「神の家族」の一員とされるようになる。

    (3)イエスのこのことばには、異邦人伝道への展望がある。

結論

  はじめに:イエスのことばには、ホセア書の背景がある。

    (1)ホセ1:2

    「【主】がホセアに語り始められたとき、【主】はホセアに仰せられた。『行って、姦

淫の女をめとり、姦淫の子らを引き取れ。この国は【主】を見捨てて、はなはだしい

淫行にふけっているからだ』」

  ①【主】が預言者に、不思議な行為をするように命じることがある。

    *それは実際の行為であると同時に、象徴的な意味を持つ。

  ②この命令もそれと同じで、実際の行為であり、かつ象徴的な意味を持つ。

      ③「姦淫の女」とは、娼婦のことである。

        *この時点で、ホセアの妻になる女性は、すでに娼婦となっている。

      ④「姦淫の子ら」とは、その娼婦の子どもたちである。

        *避妊や中絶の知識が希薄な時代である。

        *年若い娼婦が、複数の子どもを持つことは珍しくなかった。

        *ホセアの妻の場合は、2人以上の子どもを持っていた。

        *ホセアは彼らを養子に迎えた。

      ⑤象徴的な意味

        *ホセアは、神を象徴している。

        *姦淫の女は、イスラエルの民(北王国)を象徴している。

        *姦淫とは、偶像礼拝のことである。

    (2)ホセ1:3

「そこで彼は行って、ディブライムの娘ゴメルをめとった。彼女はみごもって、彼に

男の子を産んだ」

  ①娼婦の名前

    *ゴメル(完成、完ぺき、という意味)

      ②父の名前

        *ディブライム(いちじくの菓子、という意味)

        *この時代、「いちじくの菓子」という言葉には、性的な意味があった。

      ③「ディブライムの娘ゴメル」

        *完ぺきな性欲の満たし、という意味になる。

        *彼女の相手になる人は、満足するということ。

        *偶像にとっては、イスラエルの民ほど好都合な民はない。

    (3)ゴメルがホセアに生んだ子どもたち

      ①男の子 イズレエル

        *イズレエルの谷を象徴する名前

      ②女の子 ロ・ルハマ

        *「恵みはない」という意味

        *イスラエルの民は、契約の民としての祝福を受けることができなくなる。

      ③男の子 ロ・アミ

      「主は仰せられた。『その子をロ・アミと名づけよ。あなたがたはわたしの民で

はなく、わたしはあなたがたの神ではないからだ』」(1:9)

  *「私の民ではない」という意味

        *神との関係が断絶した。

    *イエスが血の関係を否定された時、ホセ1:9の預言が成就した。

  *イスラエルの民は、「ロ・アミ」とされた。

    (4)しかし、将来の回復が預言されている。

    「イスラエル人の数は、海の砂のようになり、量ることも数えることもできなくなる。

彼らは、『あなたがたはわたしの民ではない』と言われた所で、『あなたがたは生ける

神の子らだ』と言われるようになる」(ホセ1:10)

  ①断絶と回復が、ホセア書のテーマである。

②終わりの時代に、ホセ1:10が成就する。

  1.異邦人の救い

    (1)私たちは、契約の民でなかったが、信仰と恵みによって神の子とされた。

    (2)ロマ9:24~26

    「神は、このあわれみの器として、私たちを、ユダヤ人の中からだけでなく、異邦人

の中からも召してくださったのです。それは、ホセアの書でも言っておられるとおり

です。『わたしは、わが民でない者をわが民と呼び、愛さなかった者を愛する者と呼

ぶ。「あなたがたは、わたしの民ではない」と、わたしが言ったその場所で、彼らは、

生ける神の子どもと呼ばれる』」

  2.ユダヤ人個人の救い

    (1)ユダヤ人の中からもイエスをメシアと信じる者が起こされた。

    (2)1ペテ2:9~10

    「しかし、あなたがたは、選ばれた種族、王である祭司、聖なる国民、神の所有とさ

れた民です。それは、あなたがたを、やみの中から、ご自分の驚くべき光の中に招い

てくださった方のすばらしいみわざを、あなたがたが宣べ伝えるためなのです。あな

たがたは、以前は神の民ではなかったのに、今は神の民であり、以前はあわれみを受

けない者であったのに、今はあわれみを受けた者です」

  3.ユダヤ民族の救い

    (1)現在のユダヤ人伝道は、個人としての救いをもたらすものである。

    (2)ユダヤ民族の救いは、終末時代に成就する。

    (3)ゼカ13:9

    「わたしは、その三分の一を火の中に入れ、銀を練るように彼らを練り、金をためす

ように彼らをためす。彼らはわたしの名を呼び、わたしは彼らに答える。わたしは『こ

れはわたしの民』と言い、彼らは『【主】は私の神』と言う」

  まとめ

    (1)ユダヤ人が、全人類を救うために、神の民として召された。

    (2)しかし彼らは、不信仰のゆえに、「ロ・アミ」となった。

    (3)信仰によって、異邦人が「神の民」とされるようになった。

    (4)と同時に、ユダヤ人個人も、信仰によって「神の民」とされる。

    (5)ユダヤ民族全体が「神の民」となるのは、大患難時代の終わりの時点である。

週間アクセスランキング

1

ガラテヤ人への手紙(4)ー神から啓示された福音(2)ー

2

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

3

中川牧師の書斎から#009「ウェブ時代のイスラム教」

4

ガラテヤ人への手紙(3) ー 神から啓示された福音(1) ー

5

60分でわかる旧約聖書(26)エゼキエル書

6

60分でわかる旧約聖書(18)ヨブ記

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.