Q344 ロマ書7章の解釈について教えて下さい。

  • 2023.05.26
  • スピーカー 中川健一
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

344 ロマ書7章の解釈について

Q:ロマ7:14~25で、パウロは、内面的な葛藤に苦しんでいます。彼は、「私には、自分のしていることが分かりません。自分がしたいと願うことはせずに、むしろ自分が憎んでいることを行っているからです」と書いています。
これは、彼が信者になる前の体験ですか、信者になってからの体験ですか。

A :はじめに

これは、クリスチャン生活に大きな影響を及ぼす重要な質問です。結論から先に申し上げますと、ロマ書7章は信者になってからの体験です。その理由を3つ申しあげます。

1 番目に、文脈上の理由があります。

(1)ロマ書は、①1~8章が教理、②9~11章がイスラエルの救い、③12~16章が適用。

(2)教理の部分は、①1~5章が義認、②6~8章前半が聖化、③8章後半が栄化。

(3)ロマ7:14~25は、文脈上、聖化の部分に含まれています。

(4)未信者のときの霊的状態は、義認の個所(1~5章)ですでに説明されています。

2 番目に、文法上の理由があります。

(1)パウロは、「私」という一人称を多用しています。

  ①彼は、自分の体験から教訓を教えようとしています。

(2)この個所の動詞は、すべて現在形です。

  ①信者になったパウロが、今経験していることです。

3 番目に、神学的理由があります。

(1)パウロは、信者の中には2つの性質が宿っていることを教えています。

  ①新しい性質と古い性質が常に戦っています。

  ②ガラ5:17~18でも同じことが教えられています。

(2)未信者には、このような内的葛藤はありません。

(3)律法を行うことによって聖化を達成しようとすると、霊的に窒息します。

  ①私はこの状態をロマ書7章クリスチャンと呼んでいます。

(4)ロマ書8章に入ると、パウロは「恵みによる聖化の可能性」について論じています。

  ①聖霊に導かれて歩む人は、ロマ書8章クリスチャンです。

ロマ書7章に書かれているのは、信者になった人が経験する霊的葛藤です。

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第二(2)計画延期に関する弁明―計画の延期―1:12~2:4

2

コリント人への手紙第二(1)あいさつ ―苦しみの中で受ける慰め―1:1~11

3

ヨハネの福音書(12)父と子は同等ヨハ5:19~29

4

Q404 「5つのソラ」とはどういう意味ですか(後半)

5

イスラエル旅2023#070中川牧師とめぐる旅:【マサダ】マサダから学ぶ霊的教訓

6

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.