Q334 動物も携挙されますか。

  • 2023.01.10
  • スピーカー 中川健一
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

334 動物も携挙されるか

Q:携挙が起こると、信者は天に引き上げられるそうですが、犬などの動物はどうなるのでしょうか。ノアの方舟のように、神を信じる者と動物だけが救われるのではないかと、私は考えています。

A:はじめに

携挙に関する質問が続いています。正しい聖書の読み方とは、書かれていることは字義通りに解釈すること、書かれていないことは分からないと言うことです。これを前提に、いつものように3つ申し上げます。

1番目に、携挙が起こると、信者は天に引き上げられます。

(1)携挙される理由は、地上を襲う艱難から信者を守るためです。

(2)1テサ5:9の約束に注目しましょう。

「神は、私たちが御怒りを受けるようにではなく、主イエス・キリストによる救いを得るように定めてくださったからです」(1テサ5:9)

(3)「御怒り」とは、患難期のことです。

(4)信者の罪は赦されていますので、もはや裁かれる必要はありません。

2番目に、信者は、一切の所有物を地上に残したままで天に引き上げられます。

(1)信者は、自分自身が助かるだけで、地上の所有物を持って行くことはできません。

(2)家も、貯金も、どんな宝も、地上に残されます。

(3)犬や猫を代表とするペット類は、人間の所有物ですから、地上に残されます。

(4)動物も天に引き上げられるという預言は、聖書にはありません。

3番目に、地上に残されたペットの面倒を誰が見るかは、想像するしかありません。

(1)書かれていないことは、分かりません。

(2)可能性について、最悪から最善に向かって考えてみましょう。

  ①ペットの生活は、成り行き任せになる。

  ②ペットは家から解放され、なんとか自力で生きられるようになる。

  ③神は天使を送り、ペットの生活を守られる。

  ④神は超自然的に、ペットのために食物と水を用意される。

(3)啓示されていないことは、神が愛であることを前提に考えるのが良いと思います。

携挙後のペットの生活に関しては、神に委ねるのが良いと思います。

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第一(13)結婚に関する教え(2)―7:17~24結婚に関する基本原則―

2

コリント人への手紙第一(12)結婚に関する教え(1)―既婚者への助言―7:1~16

3

コリント人への手紙第一(11)教会内の無秩序―性的汚れ―6:12~20

4

Q382 飲酒は罪ですか。

5

イスラエル旅2023#047中川牧師とめぐる旅:【コラジン】不信仰な町

6

イスラエル旅2023#050中川牧師とめぐる旅:【ピリポ・カイサリア】ペテロの信仰告白の地

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.