Q330 1日は夜から始まるのですか。

  • 2022.12.13
  • スピーカー 中川健一
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

330 1日は夜から始まるのか

Q:ユダヤ人にとって、1日は夜から始まると聞きました。どうしてそうなるのですか。

A:はじめに

私たち異邦人は、1日は午前0時から始まる、あるいは、夜明けとともに始まると考えています。しかし、聖書的にはそうではありません。この質問について、いつものように3つ申し上げます。

1番目に、1日が夕から始まるという考え方は、創造の順番に基づくものです。

(1)天地創造の第1日目の記述は、闇の存在から始まっています。

(2)次に、光が造られました。この光はシャカイナグローリーです。

(3)「夕があり、朝があった」(創1:5)という記述は、創造の順番に従ったものです。

2番目に、この考え方は、ユダヤ人たちの習慣となりました。

(1)安息日は、金曜日の日没から始まり、土曜日の日没で終わります。

(2)イエス時代のユダヤ人たちも、この習慣を実行していました。

(3)アリマタヤのヨセフは、金曜日の日没前に、急いでイエスの遺体を自分の墓に葬

りました(ヨハ19:42)。

(4)福音書の記録は、イエスの死と復活が歴史的事実であることを示しています。

3番目に、この考え方は、今もユダヤ人たちの間で生きています。

(1)イスラエルでは、金曜日の午後になると、町の様子が一変します。

(2)安息日は、金曜日の日没から始まります。

(3)異邦人である私たちは、この考え方に束縛される必要はありません。

(4)多くの異邦人諸国は、グレゴリオ暦を採用しています。

(5)ただし、ユダヤ的考え方を知ることは、聖書理解のための助けとなります。

(6)この考え方には、適用があります。

「私たちの人生も、闇から始まり、光に向かいます」

参考になる聖句

 「神は光を昼と名づけ、闇を夜と名づけられた。夕があり、朝があった。第一日」(創1:5)。

 私たちの人生も、闇から始まり、光に向かいます。

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第一(21)御霊の賜物(1)―御霊による信仰告白―12:1~3

2

コリント人への手紙第一(20)聖餐式11:17~34

3

イスラエル旅2023#058中川牧師とめぐる旅:【クムラン】死海写本発掘の地

4

Q392 神学編 解釈学とは

5

イスラエル旅2023#057中川牧師とめぐる旅:【ベテ・シャン】 放蕩息子が住んだ町

6

Q391 女のかぶり物

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.