ルカの福音書(52)良きサマリア人のたとえ10:25~37

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

隣人との関係について学ぶ。

ルカの福音書 52回

良きサマリア人のたとえ

ルカ10:25~37

1.はじめに

(1)文脈の確認

  ①イエスのガリラヤ地方での奉仕(ルカ4:14~9:50)

  ②ルカ9:51からエルサレムへの旅が始まった(ルカ9:51~19:27)。

    *ルカは、弟子たちに語られたイエスの教えに関心がある。

    *エルサレムへの旅という枠組みの中に、種々の教えを配置している。

(2)直近の文脈

  ①2番目のミッションは、70人の派遣である(ルカだけの情報)。

  ②ルカの強調点は、70人の宣教活動そのものではなく、イエスの教えである。

  ③派遣された70人が帰還した。

  ④イエスは、弟子としての生活に関する教えを語る。

(3)ルカ10:25~11:13は1つのブロックである。

  ①ルカ独特の記録になっている。

  ②キーワードは「関係」である。

    *隣人との関係-良きサマリア人のたとえ(10:25~37)

    *イエスとの関係-マルタとマリア(10:38~42)

    *父なる神との関係-主の祈り(11:1~13)

2.アウトライン

(1)律法の専門家とイエスの対話(25~29節)

(2)良きサマリア人のたとえ(30~37節)

3.結論

(1)行いのない信仰

(2)隣人愛の実践

(3)「良きサマリア人のたとえ」が持つエネルギー

隣人との関係について学ぶ。

Ⅰ.律法の専門家とイエスの対話(25~29節)

1.25節

Luk 10:25

さて、ある律法の専門家が立ち上がり、イエスを試みようとして言った。「先生。何をしたら、永遠のいのちを受け継ぐことができるでしょうか。」

(1)ある律法の専門家が、イエスに質問した。

  ①彼は、律法学者である。

  ②動機は、イエスを試みることであった。可能なら罠にかけたいと思った。

  ③彼は、知識はあるが、傲慢で霊的真理が見えていない人である。

  ④この質問が、良きサマリア人のたとえが語られる機会となった。

(2)「先生。何をしたら、永遠のいのちを受け継ぐことができるでしょうか」

  ①彼は、イエスを教師、あるいは、ラビと見た。

  ②彼は、イエスを預言者以下、メシア以下の存在と見た。

  ③彼の質問は、当時のユダヤ教の考え方を反映したものである。

  ④「何をしたら」に強調点がある。

  ⑤「永遠のいのち」とは、メシア的王国への入国を含む霊的救いである。

  ⑥この質問の前提自体が間違っている。

    *わざによる救いが想定されている。

2.26節

Luk 10:26
イエスは彼に言われた。「律法には何と書いてありますか。あなたはどう読んでいますか。」

(1)イエスは、権威があると両者が認めている律法に関心を向けさせた。

  ①律法とは、モーセの律法のことである。

  ②律法を知り、それを正しく解釈することは、律法学者の仕事である。

(2)この質問によって、イエスと律法学者の立場が逆転した。

  ①イエスが律法学者を試す立場に立った。

3.27~28節

Luk 10:27

すると彼は答えた。「『あなたは心を尽くし、いのちを尽くし、力を尽くし、知性を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい』、また『あなたの隣人を自分自身のように愛しなさい』とあります。」

Luk 10:28
イエスは言われた。「あなたの答えは正しい。それを実行しなさい。そうすれば、いのちを得ます。」

(1)律法学者は、正しく答えた。

  ①申11:13

Deu 11:13
もしわたしが今日あなたがたに命じる命令、すなわち、あなたがたの神、【主】を愛し、心を尽くし、いのちを尽くして仕えよという命令に、あなたがたが確かに聞き従うなら、

  ②レビ19:18

Lev 19:18
あなたは復讐してはならない。あなたの民の人々に恨みを抱いてはならない。あなたの隣人を自分自身のように愛しなさい。わたしは【主】である。

(2)イエスは、律法学者の答えが正しいことを認めた。

  ①その答えには、一つ問題があった。

    *律法を完ぺきに守った人は一人もいないという問題である。

  ②イエスは「それを実行しなさい。そうすれば、いのちを得ます」と付け加えた。

    *これは、わざによる救いを教えたものではない。

    *むしろ、わざによる救いが不可能であることを教えたものである。

    *一点でも失敗すれば、律法全体に違反したことになる。

    *また、継続して律法を守り続けることは不可能である。

4.29節

Luk 10:29
しかし彼は、自分が正しいことを示そうとしてイエスに言った。「では、私の隣人とはだれですか。」

(1)律法学者が示すべき反応とは何か。

  ①自分の無力を認める。

  ②何をすべきかをイエスに尋ねる。

(2)しかし彼は、自分を正当化しようとして、律法の命令を狭めようとした。

  ①隣人とは、近くにいる人たちである。

  ②しかし彼は、隣人の範囲を限定しようとした。

  ③ユダヤ人たちは、隣人の定義を狭くしていた。

    *隣人とは、同胞のユダヤ人や、同じ宗教共同体に属する者である。

    *異邦人、特にサマリア人は排除される。

  ④隣人の聖書的定義を採用すれば、今日の人種問題はただちに解決される。

(3)イエスは、誤解を正すために、良きサマリア人のたとえを語られた。

  ①良きサマリア人のたとえは、隣人愛について教えている。

  ②次に続くマルタとマリアのエピソードは、神への愛を教えている。

Ⅱ.良きサマリア人のたとえ(30~37節)

1.30節

Luk 10:30

イエスは答えられた。「ある人が、エルサレムからエリコへ下って行ったが、強盗に襲われた。強盗たちはその人の着ている物をはぎ取り、殴りつけ、半殺しにしたまま立ち去った。

(1)実話か創作した話かは、分らない。

  ①たとえ話は、実際に起こり得る内容を取り上げ、霊的教訓を教えるものである。

(2)「ある人」の人種は、ユダヤ人であることが想定されている。

  ①エルサレムからエリコまでは、30㎞弱の下り道である。

  ②その間、約1,000m下る。

  ③曲がりくねった道で、強盗たちが出没する危険地帯となっていた。

  ④当時は、着物は高価な品であったので、はぎ取られた。

  ⑤旅人は抵抗したと思われる。半殺しになったまま放置された。

2.31節

Luk 10:31
たまたま祭司が一人、その道を下って来たが、彼を見ると反対側を通り過ぎて行った。

(1)そこに偶然、一人の祭司がやって来た。

  ①恐らくエリコの住民であろう。エリコは、祭司とレビ人の町と言われていた。

  ②彼は、エルサレムでの奉仕を終えたばかりである。

  ③彼は、瀕死の人を見ると、反対側を通り過ぎて行った。

  ④ルカは、その理由を書いていない。

  ⑤いずれにしても、この祭司は、隣人愛の実践に失敗した。

3.32節

Luk 10:32
同じようにレビ人も、その場所に来て彼を見ると、反対側を通り過ぎて行った。

(1)次に、レビ人が通りかかった。

  ①レビ人は、祭司を援助する役割を担っていた。

  ②彼も、祭司と同じように行動した。

  ③ルカは、その理由を書いていないが、想像はできる。

    *強盗が近くにいるかもしれないという恐れ

    *儀式的な汚れを受けるかもしれないという恐れ

    *面倒なことに巻き込まれるかもしれないという恐れ

4.33~35節

Luk 10:33
ところが、旅をしていた一人のサマリア人は、その人のところに来ると、見てかわいそうに思った。

Luk 10:34
そして近寄って、傷にオリーブ油とぶどう酒を注いで包帯をし、自分の家畜に乗せて宿屋に連れて行って介抱した。

Luk 10:35

次の日、彼はデナリ二枚を取り出し、宿屋の主人に渡して言った。『介抱してあげてください。もっと費用がかかったら、私が帰りに払います。』

(1)サマリア人は、3人の中で最も援助の手を差し伸べる可能性が低い人である。

  ①にもかかわらず、彼は傷ついた旅人を助けた。

  ②「サマリア人」ということばが、文頭に置かれている。

  ③「選りに選ってサマリア人が」というニュアンスがある。

(2)「かわいそうに思った」

  ①あわれみの心が、人種的偏見に打ち勝った。

  ②サマリア人のあわれみの心が、祭司とレビ人の同胞愛の欠如と対比されている。

  ③医者ルカの記述

    *オリーブ油は、痛みを和らげた。

    *ぶどう酒は、傷口を消毒した。

    *包帯をした。

(3)サマリア人は、愛を実行した。

  ①傷ついた旅人をロバに乗せて宿屋に連れて行った。

    *ベタニヤとエリコの間に、2つの宿屋の遺跡がある。

  ②そこで一泊し、翌日、宿の主人にデナリ2枚を支払って、看護を依頼した。

  ③デナリ2枚は、たいそうな額である。

    *当時は、一日の生活費は12分の1デナリとされていた。

  ④もっと費用がかかったら、その分も支払うことを約束した。

5.36節

Luk 10:36
この三人の中でだれが、強盗に襲われた人の隣人になったと思いますか。」

(1)これが、このたとえ話の適用である。

  ①イエスは、「では、私の隣人とはだれですか」という問いをさかさまにした。

  ②「誰が強盗に襲われた人の隣人になったか」と問われた。

  ③答えは単純明快である。

6.37節

Luk 10:37

彼は言った。「その人にあわれみ深い行いをした人です。」するとイエスは言われた。「あなたも行って、同じようにしなさい。」

(1)律法学者は、正しく回答した。

  ①しかし彼は、「サマリア人」ということばを口にすることを拒否した。

(2)イエスは、サマリア人のように行動しなさいと命じた。

  ①ことばで信仰を告白するだけでは不十分である。

  ②行動したときに、隣人愛を実践したことになる。

  ③この命令自体が、100%実行することは不可能である。

  ④この律法学者がどう応答したかは、書かれていない。

結論

1.行いのない信仰

(1)祭司

  ①人を助けるのが仕事である。

  ②日々聖書に親しみ、律法の要求を良く理解している。

  ③先ほどまで、礼拝と霊的体験の中心であるエルサレムにいた。

  ④彼の信仰は、行動につながらなかった。

(2)レビ人

  ①祭司を援助するのが仕事である。

  ②彼の信仰もまた、行動につながらなかった。

(3)ヤコ2:14

Jas 2:14

私の兄弟たち。だれかが自分には信仰があると言っても、その人に行いがないなら、何の役に立つでしょうか。そのような信仰がその人を救うことができるでしょうか。

2.隣人愛の実践

(1)イエスとサマリア人の対比は、鮮明である。

  ①しかし、これはこのたとえ話の中心ではない。

  ②イエスは、隣人愛とはどのようなものであるかを教えた。

(2)愛は感情ではなく、行動である。

  ①予定を変更する。

  ②お金を使う。

  ③評判を危険にさらす。

  ④これらのことを見知らぬ人のためにする(人間だという理由だけで)。

3
.「良きサマリア人のたとえ」が持つエネルギー

(1)良きサマリア人病院(Good Samaritan Hospital)

(2)サマリタンズ・パース

  ①1970年、アメリカでボブ・ピアスによって設立された緊急援助支援団体。

  ②1979年、フランクリン・グラハムが代表者に就任。

  ③日本では、東日本大震災直後から活動が始まった。

(3)「あわれみの心」

  ①人種の壁、階級間の争い、偏見などを乗り越える力である。

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第一(21)御霊の賜物(1)―御霊による信仰告白―12:1~3

2

コリント人への手紙第一(20)聖餐式11:17~34

3

Q391 女のかぶり物

4

イスラエル旅2023#057中川牧師とめぐる旅:【ベテ・シャン】 放蕩息子が住んだ町

5

コリント人への手紙第一(19)女のかぶり物11:2~16

6

Q390 パワースポットは存在しますか。

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.