Q318「裸であったが、恥ずかしいとは思わなかった」とは、どういう意味ですか。

  • 2022.09.20
  • スピーカー 中川健一
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

318 「裸であったが、恥ずかしいとは思わなかった」とは、どういう意味ですか。

Q:創世記2章25節にこうあります。「そのとき、人とその妻はふたりとも裸であったが、恥ずかしいとは思わなかった」。この意味が分かりません。教えてください。

A:はじめに

この質問に関して、いつものように3つ申し上げます。

1番目に、「裸」ということばが積極的な意味で使われているのは、ここだけです。

(1)これは、アダムとエバが堕落する前の状況です。

(2)彼らは、神の前で、またお互いの前で、裸でした。

(3)恥の感情がないのは、彼らが「無垢の状態」にあったからです。

(4)彼らは、何も隠す必要がなく、お互いの関係に平安を覚えていました。

2番目に、堕落以降、「裸」ということばは否定的な意味で使われるようになります。

(1)「裸」は、恥と罪責の象徴です。

(2)「裸」は、辱め、貧しさ、誕生時の状態などの象徴です。

(3)堕落以降、人は自分を直視できなくなりました。

3
番目に、アダムとエバは、恥と罪責を隠すために、衣服を作りました。

(1)彼らは、いちじくの葉をつづり合わせて、腰の覆いを作りました。

(2)創造以降初めて、恥の感覚を持ったからです。

(3)これは、「業による救い」の初めての例です。

(4)神は、彼らのために皮の衣を作って、彼らに着せられました。

(5)皮の衣は、血の犠牲によって作られたものです。

(6)皮の衣は、キリストの血の犠牲によって作られる義の衣を象徴しています。

参考になる聖句

「神である【主】は、アダムとその妻のために、皮の衣を作って彼らに着せられた」(創3:21)

「裸」は、恥と罪責の象徴です。

週間アクセスランキング

1

ルカの福音書(58)パリサイ人たちの敵意11:37~54

2

ルカの福音書(59)恐れなき信仰告白12:1~12

3

ルカの福音書(5)マリアの賛歌1:46~56

4

60分でわかる旧約聖書(23)イザヤ書

5

ルカの福音書(57)ヨナのしるし11:27~36

6

ルカの福音書(2)ヨハネ誕生の告知1:5~25

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.