ルカの福音書(47)弟子たちのプライド9:46~50

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

弟子たちが抱えていた問題について学ぶ。

ルカの福音書 47回

弟子たちのプライド

ルカ9:46~50

1.はじめに

(1)文脈の確認

  ①イエスのガリラヤ地方での奉仕(ルカ4:14~9:50)

  ②ルカ9:1~50は、そのクライマックスである。

  ③エルサレムへの旅(ルカ9:51~19:10)へのブリッジである。

  ④ルカ9:1~50の中心テーマは、弟子訓練である。

    *教会時代への準備が始まる。

(2)ルカ9:1~50の内容

  ①12人の派遣(1~6節)

  ②挿入句的エピソード(ヘロデの心理状態)(7~9節)

  ③12人の帰還(10~17節)

  ④ペテロの信仰告白(18~27節)

  ⑤イエスの変貌(28~36節)

  ⑥悪霊につかれた少年の癒し(37~43節a)

  ⑦受難の予告(43b~45節)

    *群衆は驚嘆したが、最終的には、彼らはイエスを拒否する。

    *それがイエスの十字架の死につながる。

    *弟子たちにはそれが理解できなかった。

  ⑧弟子たちのプライド(46~48節)

  ⑨弟子たちの不寛容(49~50節)

2.アウトライン

(1)弟子たちのプライド(46~48節)

(2)弟子たちの不寛容(49~50節)

3.結論

(1)イエスの謙遜と弟子たちのプライド

(2)他の弟子たちに対する態度

弟子たちが抱えていた問題について学ぶ。

Ⅰ.弟子たちのプライド(46~48節)

1.46節

Luk 9:46
さて、弟子たちの間で、だれが一番偉いかという議論が持ち上がった。

(1)イエスは、受難のしもべとしての役割について弟子たちに教えた。

  ①彼らには、その意味が理解できなかった。

  ②もし理解できていれば、弟子にとってそれが何を意味するか分かったはず。

(2)彼らは、「だれが一番偉いか」という議論を始めた。

  ①彼らは、イエスが地上の王国の王であると考えていた。

  ②そこで、神の国での序列が気になった。

  ③弟子たちの間で、誰が最高位に着くかを議論した。

    *イエスの変貌を目撃したのは、ペテロ、ヨハネ、ヤコブの3人である。

(3)主イエスのしもべが最も陥りやすい罪は、自らの栄誉を求めることである。

  ①弟子たちは、霊的に未成熟な状態にあった。

  ②神の国における偉大さとは何か、全く理解できていなかった。

  ③自分の栄光を求めて聖書を読んでも、神の御心は見えてこない。

2.47~48節

Luk 9:47
しかし、イエスは彼らの心にある考えを知り、一人の子どもの手を取って、自分のそばに立たせ、

Luk 9:48

彼らに言われた。「だれでも、このような子どもを、わたしの名のゆえに受け入れる人は、わたしを受け入れるのです。また、だれでもわたしを受け入れる人は、わたしを遣わされた方を受け入れるのです。あなたがた皆の中で一番小さい者が、一番偉いのです。」

(1)イエスは、子どもを用いて霊的教訓をたびたび語られた。

  ①マタ10:42の例

Mat 10:42
まことに、あなたがたに言います。わたしの弟子だからということで、この小さい者たちの一人に一杯の冷たい水でも飲ませる人は、決して報いを失うことがありません。」

    *「この小さい者たち」とは、苦難に遭うイエスの弟子たちである。

    *イエスの弟子たちに対する愛の行為は、必ず神から報いを受ける。

  ②ルカ9:47~48では、子どもを用いて弟子たちへの教訓が語られる。

    *「一人の子ども」とは、悪霊から解放された子どもの可能性がある。

    *マコ9:36

Mar 9:36 それから、イエスは一人の子どもの手を取って、彼らの真ん中に立たせ、腕に抱いて彼らに言われた。

    *イエスは、その子どもの手を取り、腕に抱かれた。

(2)マタ18:4の教え

Mat 18:4 ですから、だれでもこの子どものように自分を低くする人が、天の御国で一番偉いのです。

  ①イエスの弟子は、子どもような謙遜さを身に付けるべきである。

  ②ルカは、この部分は省いている。

(3)ルカが記した霊的教訓

  ①イエスの弟子は、取るに足りないような者のために奉仕をすべきである。

  ②取るに足りない者の代表が、子どもである。

  ③ユダヤやギリシア・ローマ社会では、子どもは最も軽視された存在であった。

  ④子どもの世話をするのは、その家の婦人か、しもべの一人であった。

  ⑤子どもを、イエスの名のゆえに受け入れる人は、イエスを受け入れる人である。

    *受け入れるとは、敬意を表すること(リスペクトすること)である。

    *客として迎え入れることである。

    *通常は、社会的地位が同格の者か、上位の者を客として招く。

    *イエスは、社会的階層のピラミッドを逆転された。

    *お返しができない人に奉仕をすることが、偉大さの指標である。

  ⑥子どもを受け入れる人は、イエスを受け入れる人である。

  ⑦イエスを受け入れる人は、イエスを遣わした父なる神を受け入れる人である。

  ⑧一番小さい者が、一番偉い。

(4)イエスの教えの結論

  ①自分のために地位を求めるよりも、地位のない人たちに仕えるべきである。

  ②貧しい人に仕える者は、イエスと父なる神に仕えているのである。

  ③そういう人こそ、神の国で偉大な者とされる。

Ⅱ.弟子たちの不寛容(49~50節)

1.49節

Luk 9:49

さて、ヨハネが言った。「先生。あなたの名によって悪霊を追い出している人を見たので、やめさせようとしました。その人が私たちについて来なかったからです。」

(1)ヨハネの問題は、妬みと不寛容である。

  ①イエスの名によって悪霊を追い出している人を見たので、やめさせようした。

  ②理由は、「その人が私たちについて来なかったからです」。

  ③弟子たちは、悪霊につかれた子どもを癒すことができなかった。

  ④悪霊を追い出している人を見て、妬みの感情を持った。

  ⑤この問題は、教理の正統性に関するものではない。

  ⑥仲間意識、縄張り意識が、ここでの問題である。

(2)12弟子は、イエスの他の弟子たちに対抗心を抱いた。

  ①この人は、イエスの弟子集団の一番外側にいた人であろう。

  ②12弟子は、彼を排除したいと思った。

  ③しかしイエスは、彼を弟子集団の中に含めたいと思った。

  ④12弟子は、既得権益を守るために境界線を引いた。

2.50節

Luk 9:50
しかし、イエスは彼に言われた。「やめさせてはいけません。あなたがたに反対しない人は、あなたがたの味方です。」

(1)イエスは、格言的な教えを口にされた。

  ①マタ12:30は、これとは逆の真理を教えていた。

Mat 12:30 わたしに味方しない者はわたしに敵対し、わたしとともに集めない者は散らしているのです。

  ②ルカ9:50は、反対しない人は味方であることを教えている。

結論

1.イエスの謙遜と弟子たちのプライド

(1)イエスは、父なる神に従順に歩むという意志を表明された。

  ①十字架への道は、イエスの謙遜な姿勢を示している。

  ②イエスは、死に至るまで忠実に父なる神に従われた。

(2)弟子たちは、神の国での地位を求めた。

  ①弟子たちは、自分を大いなる者にしようとした。

  ②これは、すべての信者が体験する誘惑である。

(3)ピリ2:6~9

Php 2:6
キリストは、神の御姿であられるのに、/神としてのあり方を捨てられないとは考えず、

Php 2:7
ご自分を空しくして、しもべの姿をとり、/人間と同じようになられました。/人としての姿をもって現れ、

Php 2:8
自らを低くして、死にまで、/それも十字架の死にまで従われました。

Php 2:9
それゆえ神は、この方を高く上げて、/すべての名にまさる名を与えられました。

2.他の弟子たちに対する態度

(1)自分たちと交流のない他の信者を排除してはならない。

  ①彼らもまた、信仰によって救われた神の家族である。

  ②他の信者が祝福を受けていても、それを妬んではならない。

  ③その人とともに喜ぶべきである。

(2)仲間内で、一番になることを競い合ってはならない。

  ①神の国での価値観は、この世の価値観とは異なる。

(3)霊的成長とは何か。

  ①自分は無力であることを悟り、神にのみ信頼する。

  ②自分よりも他の人のほうが偉いと認める。

  ③自分たちこそ一番だと言い始めるのは、堕落が始まっている証拠である。

週間アクセスランキング

1

ルカの福音書(50)70人の派遣10:1~12

2

ルカの福音書(49)弟子となるための犠牲9:57~62

3

Q319ノアの箱舟が発見されたというのは本当ですか。

4

ルカの福音書(48)エルサレムへの旅の始まり9:51~56

5

ヨハネの黙示録(13)—144,000人のユダヤ人—

6

60分でわかる旧約聖書(15)エズラ記

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.