ルカの福音書(39)嵐を静めるイエス8:22~25

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

試練を通した信仰の成長について学ぶ。

ルカの福音書 39回

嵐を静めるイエス

ルカ8:22~25

1.はじめに

(1)文脈の確認

  ①イエスは、第2回ガリラヤ伝道を行われた。

  ②イエスは、たとえを用いて教えられた(ルカ独特)。

  ③ルカは、土壌のたとえを重視した。

    *イエスのことばに耳を傾けよ。

    *それを行え。

  ④この箇所では、イエスのことばに対する弟子たちの信仰が試される。

  ⑤ルカはイエスの権威を証明する出来事を記した(4:31~6:16)。

  ⑥再び、イエスの権威を証明する出来事を紹介する(8:22~56)。

(3)ルカ8:22~56の内容(イエスの権威の証明)

  ①嵐を静めるイエス(22~25節)

  ②悪霊を追い出すイエス(26~39節)

  ③病と死に打ち勝つイエス(40~56節)

2.アウトライン

(1)イエスのことば(22節)

(2)弟子たちの信仰の後退(23~24節a)

(3)イエスの権威(24b~25節a)

(4)弟子たちの信仰の成長(25節b)

3.結論

(1)詩107:23~30

(2)使27:13~14、25、34

(3)ヤコ1:6

試練を通した信仰の成長について学ぶ。

Ⅰ.イエスのことば(22節)

1.22節

Luk 8:22

ある日のことであった。イエスは弟子たちと一緒に舟に乗り、「湖の向こう岸へ渡ろう」と言われたので、弟子たちは舟を出した。

(1)イエスは、「湖の向こう岸に渡ろう」と2度言われた。

  ①舟に乗る前に、言われた(マタ8:18、マコ4:35)。

  ②舟に乗ってから言われた(ルカ8:22)。

(2)向こう岸とは、ガリラヤ湖の東岸である。

  ①そこは、ゲラサ人の地である(ルカ8:26)。

  ②イエスは、向こう岸に渡る理由は明らかにしていない。

(3)ここでのポイントは、イエスのことばの信頼性である。

  ①2つのたとえは、神のことばを聞き、それを行うことの重要性を教えていた。

  ②イエスは、「向こう岸に渡ろう」ということばを少なくとも2回は口にした。

  ③弟子たちには、安全に向こう岸に着けるという保証が与えられた。

  ④弟子たちの責務は、そのことばを信じて行動することである。

Ⅱ.弟子たちの信仰の後退(23~24節a)

1.23節

Luk 8:23

舟で渡っている間に、イエスは眠り始められた。ところが突風が湖に吹きおろして来たので、彼らは水をかぶって危険になった。

(1)突風が吹く前に、イエスは舟の中で眠り始めた。

  ①イエスの人間性を証明している。

  ②イエスの平安な状態と、荒れ狂う湖が対比される。

(2)ガリラヤ湖には、突風が吹く地理的条件がある。

  ①海抜下200メールにあるガリラヤ湖は、すり鉢状になっている。

  ②西側に渓谷があり、風が吹き抜けるための通路となっている。

  ③突風が吹けば、湖面の気圧は下がる。

  ④高波で、小舟は水をかぶって非常に危険な状態になる。

(3)漁師たちでさえも、死の恐怖を覚えた。

  ①「風」ということばが、3度繰り返される(23、24、25節)。

  ②弟子たちの信仰が試された。

(4)この突風の背後に、悪魔の企みを見ることができる。

  ①湖のそばに悪霊が住み着いている。

  ②イエスは、ゲラサ人の地に行って、悪霊につかれた人を解放しようとしている。

  ③悪魔は、自然現象を用いて、イエスと弟子たちを殺そうとした。

2.24節a

Luk 8:24a
そこで弟子たちは近寄ってイエスを起こし、「先生、先生、私たちは死んでしまいます」と言った。

(1)ここでの弟子たちの心の状態は、岩地の土壌である。

  ①芽を出すが、試練のときには枯れてしまう。

  ②彼らは、イエスを起こした。

  ③信仰があれば、起こす必要はなかった。

(2)「先生、先生、私たちは死んでしまいます」と言った。

  ①漁師たちは、カペナウムからさほど離れていない場所で漁をした。

  ②これほど沖に出て、突風に遭うのは初めてである。

  ③「先生、先生」と2回繰り返すのは、状況の緊急性を示したものである。

  ④彼らの信仰は、一時的に枯れてしまった。

Ⅲ.イエスの権威(24b~25節a)

1.24節b

Luk 8:24b
 イエスは起き上がり、風と荒波を叱りつけられた。すると静まり、凪になった。

(1)イエスの権威が示された。

  ①風と荒波を叱りつけると、ただちに凪になった。

  ②通常は、突風が去っても、しばらくの間、海は荒れる。

  ③この奇跡は、イエスの神性を証明している。

  ④被造世界は、イエスのことばに従う。

2.25節a

Luk 8:25a
イエスは彼らに対して、「あなたがたの信仰はどこにあるのですか」と言われた。

(1)イエスは、質問によって弟子たちを叱責された。

  ①マコ4:40では、より厳しいことばが発せられている。

Mar 4:40 イエスは彼らに言われた。「どうして怖がるのですか。まだ信仰がないのですか。」

  ②ルカは、優しいことばを使っている。

Ⅳ.弟子たちの信仰の成長(25節b)

1.25節b

Luk 8:25b

 弟子たちは驚き恐れて互いに言った。「お命じになると、風や水までが従うとは、いったいこの方はどういう方なのだろうか。」

(1)弟子たちの自問自答は、彼らのイエス理解が不十分であったことを示している。

  ①彼らは、イエスがメシアであることを信じた。

  ②当時のユダヤ人は、メシアは人であり、政治的解放者であると理解していた。

  ③弟子たちの認識も、それと同じである。

(2)彼らは、イエスが神にしかできない奇跡を行うのを目撃した。

  ①「いったいこの方はどういう方なのだろうか」

  ②当然の結論は、「イエスは神が人となられたお方である」というものである。

結論

1.詩107:23~30

Psa 107:23
船に乗って海に出る者/大海で商いする者

Psa 107:24
彼らは見た。【主】のみわざを/深い海で その奇しいみわざを。

Psa 107:25
主が命じて/激しい暴風を起こされると/風が波を高くした。

Psa 107:26
彼らは天に上り 深みに下り/そのたましいは みじめにも溶け去った。

Psa 107:27
彼らは酔った人のようによろめき/知恵はことごとく呑み込まれた。

Psa 107:28
この苦しみのときに 彼らが【主】に向かって叫ぶと/主は彼らを苦悩から導き出された。

Psa 107:29
主が嵐を鎮められると/波は穏やかになった。

Psa 107:30
波が凪いだので彼らは喜んだ。/主は彼らをその望む港に導かれた。

(1)船乗りたちは、暴風の中に神の御手を見た。

(2)知恵が尽きた彼らは、神に向かって叫んだ。

(3)神は、彼らを危険から救い出し、目的の港に導かれた。

(4)イエスの弟子たちは、詩篇107篇を思い出すべきであった。

2.使27:13~14、25、34

Act 27:13
さて、穏やかな南風が吹いて来たので、人々は思いどおりになったと考え、錨を上げて、クレタの海岸に沿って航行した。

Act 27:14
ところが、間もなくユーラクロンという暴風が陸から吹き降ろして来た。

Act 27:25
ですから、皆さん、元気を出しなさい。私は神を信じています。私に語られたことは、そのとおりになるのです。

Act 27:34
ですから、食事をするよう勧めます。これで、あなたがたは助かります。頭から髪の毛一本失われることはありません。」

(1)パウロは、ローマに行くという約束を主から得ていた。

Act 23:11

その夜、主がパウロのそばに立って、「勇気を出しなさい。あなたは、エルサレムでわたしのことを証ししたように、ローマでも証しをしなければならない」と言われた。

(2)パウロは難船の危機に直面したが、主のことばを信じ続けた。

3.ヤコ1:6

Jas 1:6
ただし、少しも疑わずに、信じて求めなさい。疑う人は、風に吹かれて揺れ動く、海の大波のようです。

(1)弟子たちの経験の普遍化は、いのちの危険を感じるような体験である。

(2)私たちは、こちらの岸(地上)からあちらの岸(天上)に向かって航海している。

(3)突風が襲ってくる。

  ①職場での体験

  ②家族の病気

  ③予期せぬ悲劇

  ④人間関係の破壊

  ⑤致命的な病

(4)イエスを信じる者は、必ず向こう岸に着ける。

週間アクセスランキング

1

パートⅡ.旧約時代12章 ダビデ

2

ルカの福音書(43)12人の帰還9:7~17

3

ルカの福音書(42)12人の派遣9:1~6

4

Q312どういう場合に離婚は許されるのか。

5

Q311アモス書8章11節についておしえてください。

6

創世記(10)—レメクとセツ—

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.