Loading...

メシアの生涯(33)—ペテロの姑の癒し—

  • 2012.10.22
  • ルカ4章:38〜41
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

イエスの権威に対する応答について学びます。

「ペテロの姑の癒し」

§043 マコ1:29~34、マタ8:14~17、ルカ4:38~41

1.はじめに

  (1)カペナウムを拠点とした伝道が始まった。

①戦略的な選択

②預言の成就

③イエスの権威は、悪霊の追い出しによって示された。

    (2)A.T.ロバートソンの調和表

ペテロの姑の癒し(§43)

2.アウトライン(交差対句法。キアスモス)

    (1)悪霊の追い出し(4:31~37の復習)

    (2)病の癒し(4:38~39)

    (3)病の癒し(4:40)

    (4)悪霊の追い出し(4:41)

  3.メッセージのゴール

    (1)ペテロの人物像

    (2)クリスチャンの奉仕

このメッセージは、イエスの権威に対する応答について学ぼうとするものである。

Ⅰ.悪霊の追い出し(4:31~37。前回はマコ1:21~28を取り上げた)

  
1.権威ある教え

    (1)律法学者のようではない。

      ①父なる神から、直接権威を受けていた。

  2.悪霊が真っ先に反応した。

    (1)イエスの名前を知っていた。

      ①イエスを「神の聖者」と呼んだ。

      ②イエスが悪霊集団にとって危険な人物であることを知っていた。

  3.イエスは悪霊を追い出した。

    (1)イエスは、悪霊の証言を認めなかった。

      ①悪霊は嘘つきである。

    (2)ことばで命じただけで、悪霊は出て行った。

      ①ユダヤ人の悪霊追い出しの方法とは異なる。

      ②これもまた、人々の驚きに理由であった。

    (3)悪霊の追い出しは、完璧であった。

      ①直ちに悪霊が出て行った。

      ②その人には何の傷も、後遺症もなかった。

      ③医者ルカは、こう記している。

      「するとその悪霊は人々の真ん中で、その人を投げ倒して出て行ったが、その人

は別に何の害も受けなかった」(ルカ4:35b)

Ⅱ.病の癒し(4:38~39)

  
1.38節

  「イエスは立ち上がって会堂を出て、シモンの家に入られた。すると、シモンのしゅうと

めが、ひどい熱で苦しんでいた。人々は彼女のためにイエスにお願いした」

  (1)会堂からシモンの家へ

    ①「立ち上がって」とは、説教者の席から立ってという意味であろう。

    ②会堂での礼拝を終えると、帰宅して食卓に着くのが当時の習慣である。

    ③会堂からシモンの家までは、徒歩で1~2分の距離である。

    「ある安息日に、食事をしようとして、パリサイ派のある指導者の家に入られた

とき、みんながじっとイエスを見つめていた」(ルカ14:1)

  (2)会堂だけでなく、シモンの家にも問題は存在していた。

    ①シモンの姑が病気であった。

    ②ルカだけが、「ひどい熱で苦しんでいた」と記している。

      *医学用語である。

      *恐らく慢性的熱病であろう。

  (3)人々の間に、イエスに対する信仰が芽生えていた。

    ①悪霊の追い出しを目撃した。

    ②「人々は彼女のためにイエスにお願いした」

  2.39節

  「イエスがその枕もとに来て、熱をしかりつけられると、熱がひき、彼女はすぐに立ち上

がって彼らをもてなし始めた」

  (1)訳語の比較

    「その枕もとに来て」(新改訳)

    「枕もとに立って」(新共同訳)

    「その傍らに立ちて」(文語訳)

    「So he bent over her」(NIV)

    ①床に「床」を敷き、そこに寝るのが当時のスタイルである。

    ②イエスは、慈悲深い医師の姿勢で臨んだ。

  (2)癒しの方法

    ①「熱をしかりつけられると」

    
②悪霊の場合と同様に、ことばによる癒しである。

    ③人でなく、病に命じている箇所は、ここだけである。

  (3)ことばの権威

    ①直ちに熱が引いた。

      ②「彼女はすぐに立ち上がって彼らをもてなし始めた」

      ③癒しは直ちに起こり、なんの後遺症も、疲れも残さなかった。

Ⅲ.病の癒し(4:40)

  
1.40節

  「日が暮れると、いろいろな病気で弱っている者をかかえた人たちがみな、その病人をみ

もとに連れて来た。イエスは、ひとりひとりに手を置いて、いやされた」

    
(1)日が暮れると、安息日が終わる。

      ①安息日に病人を運ぶことは、律法違反である。

      ②安息日に病人を癒すのも、律法違反である。

      ③イエスは、このようなパリサイ的律法に反して癒しを行うようになる。

    (2)悪霊の追い出しと、熱病の癒しの噂が、町全体に伝わっていた。

      ①いろいろな病気の人たちが、イエスのもとに連れて来られた。

    (3)癒しの方法

      ①イエスは、ひとりひとりを大切に扱われた。

      ②手を置いて癒すのは、旧約聖書にはないが、新約聖書ではよくある。

Ⅳ.悪霊の追い出し(4:41)

  
1.41節

  「また、悪霊どもも、『あなたこそ神の子です』と大声で叫びながら、多くの人から出て

行った。イエスは、悪霊どもをしかって、ものを言うのをお許しにならなかった。彼らは

イエスがキリストであることを知っていたからである」

  
(1)ルカは、病と悪霊付きとを区別している。

  (2)悪霊どもの知識の進展

    ①「神の聖者」

    ②「神の子」=「キリスト(メシア)」

    ③知っていることと、その権威に服従することとは、別物である。

  (3)イエスは、悪霊の証言を認めない。

結論:

  1.ペテロの人物像

    (1)マコ1:29の情報では、4人の名前が出て来る。

    「イエスは会堂を出るとすぐに、ヤコブとヨハネを連れて、シモンとアンデレの

    家に入られた」(マコ1:29)

      ①ルカでは、シモンの名前だけである(他の3人の名はまだ紹介されていない)。

    (2)シモンには妻がいた。

①妻の父は亡くなったので、妻の母を自分の家に引き取ったのであろう。

「私たちには、ほかの使徒、主の兄弟たち、ケパなどと違って、信者である妻

を連れて歩く権利がないのでしょうか」(1コリ9:5)

    (3)シモンには、家があり、職業があり、家族がいた。

      ①召命を受けた時、彼はカペナウムのユダヤ人共同体に根を張った大人であった。

      ②ルカの福音書では、6:14でペテロという名に変わっている。

  2.クリスチャンの奉仕

    (1)イエスから受けた恵みが、奉仕の土台である。

    (2)並行記事の比較

    「イエスがその枕もとに来て、熱をしかりつけられると、熱がひき、彼女はすぐに立

ち上がって彼らをもてなし始めた」(ルカ4:39)

    「イエスは、彼女に近寄り、その手を取って起こされた。すると熱がひき、彼女は彼

らをもてなした」(マコ1:31)

「イエスが手にさわられると、熱がひき、彼女は起きてイエスをもてなした」(マタ8:

15

(3)メシア像

①ルカは、完ぺきな人間としてのメシア像を描いた。

②マルコは、しもべとしてのメシア像を描いた。

③マタイは、王としてのメシア像を描いた。

    (4)ルカは、女性の癒しを記録している。

      ①悪霊憑きは男、熱病の病人は女である。

      ②シモンの姑は、すぐに立ちあがって、彼らをもてなし始めた。

        *奴隷がいない家では、大人の女性が、客をもてなす役目を果たした。

      ③もてなしとは、奉仕(ディアコネオウ)である。

      「女たちどころに起きて彼らに事(つか)ふ」(文語訳)

      ④ルカは、奉仕する女性たちを多く描いている。

    (5)闇と光の対比

      ①悪霊

      ②病

      ③パリサイ的律法

      ④そして、絶望

      ⑤イエスは、希望である。

        *信仰、希望、愛、そして、喜びである。

    (6)神の恵みの後には、感謝と奉仕が続くべきである。

      ①姑の癒しは、ペテロの召命への序曲となっている。

週間アクセスランキング

1

使徒の働き(75)―マケドニアとアカヤ再訪―

2

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

3

使徒の働き(74)―エペソでの騒動―

4

「イエスとアブラハム契約」中川洋

5

60分でわかる旧約聖書(24)エレミヤ書

6

60分でわかる旧約聖書(23)イザヤ書

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.